25年以上前のローテーター再利用

浦和在住時にルーフタワーに組んで使っていたローテータ―を川口に引っ越す際に外してそのまま21年間雨ざらしで放置してあったものを修理してみたのは既報の通りですが、タワーを上げる経済的余裕がない(そこに手を付けるとザックリ数十万円はかかる)ので修理した満足感だけで終わっちゃってました。

しかし、せっかく修理したんだから使ってみたくなるのが人の性。出来るだけお金をかけずにあるもの利用で、この古いローテーターを活かしてみることにしました。

ローテータ― ポール式.gif
タワーを購入せずに、マストの中間にローテータ―を設置する『ポール式』を採用します。搭載する指向性アンテナは、那須にあげてはみたものの地形的に開けている方角が30度ぐらいしかなく、本来の指向性アンテナの意味をなしていなかったそれらを外してきて使います。この方法であれば新しい投資は1万円もかからず、あとはそれを一人で行うための知恵と体力のみです。これぞアマチュア精神!

1211マストクランプ 8800yen.jpg
ポール式で施工を進めるには、ローテータ―上下に写真のマストクランプと言われるものを設置します。私の手元にあるローテータ―は(株)エモテーターの製品ですが、当該企業は随分前に倒産していて、その技術は現在八重洲無線(株)に引き継がれています。会社は倒産してしまいましたが在庫製品はいまだに流通していて当該マストクランプも購入可能なのですが、当時2千円前後だったそれはプレミアムがついて現在8,800円もします!これ、上下分で2個必要なんで、たかがこんなものに17,600円も払えません。何とかならんかなと試行錯誤しました。

GC-038B.jpg
前述のようにエモトの技術は八重洲に引き継がれていて同様の製品が八重洲からも製造販売されています。これ、新品で2,300円とプレミア物であるエモト純正品の四分の1で購入できます。「よっしゃ!」と思ったのですが、そうは問屋が卸さないのは世の常でして・・・。

103LB外観図.png
これ、ネットで苦労して探してきた私のと同等品の取説外観図なんですが、赤矢印で示したクランプを取り付ける穴2つの中心幅が81.2mmです。且つ、エモト製品は35mm以下のパイプにも対応できるようにクランプに工夫した加工がされています。現在我が家についているサイドベースは32mmポール用のものなので(マスプロでは32mm径以上の製品は無い)この仕組みは大変助かるのですが・・・。

450ADC外観図.png
八重洲から出ているローテータ―用のマストクランプ穴幅は84mmと、エモトのそれより2.8mm大きいのです! 且つ、35mm以下のパイプを使用可能なクランプの工夫も撤廃されていて38mmパイプ以上でしか使えないんです。技術を引き継いだくせになぜ同じ寸法と方式を採用しないのか。使い廻しされたくないという商業魂胆が見え見えです。はい、そのままポン付けでは使えないのです、残念ながら。

ローテータ―クランプ接続部.JPG
だがしかし、ここで諦めたら男が廃るので意を決して八重洲製品を購入し、ドリルでゴリゴリ、やすりでガリガリ、ゴリゴリ、ガリガリ、ゴリゴリ、ガリガリ、ベランダで汗だくになりながらクランプの穴すべて計8か所を1.4mmずつ削り落としました。

ローテータ―全景.JPG
差し込んで確認しながらの作業途中写真なのでボルトが一本斜めってますが、苦労のかいあってローテータ―本体の上下にマストクランプを設置することができました。

ローテータ―クランプ下部.JPG
前出の35mm以下パイプに対応しない件も、10mm厚の硬質ゴム板を購入してきてクランプ内部に接着固定することで解決することができました。

ここまで準備が出来れば、あとは現在上がっているGPを下ろしてマスト中間にローテータ―を取り付けて、トップにアンテナとプリアンプを設置すればおしまい・・・・・・、って簡単にはいかないんです。一番下部の1.8mパイプを外して中間2.5mパイプをサイドベースに通したまま下ろして、グランドプレーンアンテナを外してからトップの1.6mパイプも外してローテーターを取り付けて、新設の38mm径1.5mパイプをローテーター上部クランプに差し込んでからステー線の張り具合を上げたり下げたりして確認の後にアンテナ周りを設置して、最後にすべてを下から押し上げて(ムチャクチャ重たい)最初に取り外した1.8mパイプを最下部に挟み込んで取り付ける。しかもステー線は新たな位置でしっかり張ってターンバックルで締めこむ。これ、一人でやるのは至難の業でした。マジ、2度とやりたくない・・・。^^;

DSCN4762.JPG
完成です!



那須から持ってきた簡易指向性アンテナは安物のそれなので、以前まで上がっていたグランドプレーに比しても1.7dBしか利得がアップしていません。1.7dBという数字は電圧比で1.2倍、電力比で1.5倍ほどなので大きな成果こそ得られませんでしたが、今まではノイズに埋もれて聞くことができなかった局の信号が、わずかながらも会話の内容が判別できる程度に改善しました。本格的システムに比べたらオモチャみたいなレベルの施工ではありますが、限られた条件の中で最良を目指して行った改善なので、精神的には大きな満足を得ることができました。

しかし、梅雨前だというのに30度を越した炎天下で6時間の作業はマジにしんどかったです。熱中症にならないように水分をガバガバ取りましたが排泄物として出ることは全くなく、すべて毛穴から大気放出しちゃったようです。^^;





あのね、実は全て完成した後に不具合が発生したのですが、その件はまた次回ってことで・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヴィーノ
2021年06月13日 11:24
いやぁスゴイですねぇ。きっとアンテナが回るようになるとは思っていました
が、ここまでDIYでやっちゃうとは。ほんとうに尊敬します。続きも楽しみです。(^O^)/
2021年06月13日 17:12
無線業界も厳しいですね。
倒産しても引き継いでくれる会社があると助かりますね。
この先は分かりませんが・・・

加工して上手に仕上げる、匠の技ですな。
ホントや、ちゃんと回ってる(^'^)
次は回転レストランみたいな家に加工してみて下さい(^'^)
監督
2021年06月13日 23:01
>ヴィーノさん
まぁ好きだからこそってのがあるからだとは思いますが、なんとしても使いたくなって意地でも使ってやる!って思っちゃったのかもしれません。
いえいえ、尊敬などには決して値しませぬ。^^;
監督
2021年06月13日 23:03
>りーにんさん
なにせ限られた人たちの趣味なので、ユーザーが減ってくるとどうにもこうにもってことなんでしょうね。
海老一染之助・染太郎では無いので一回転しかしませんけどね。^^;
らん太郎。
2021年06月15日 00:45
赤信号の合間にスマホで見て

“ローター再利用”と読んでしまい

次の赤で止まるまで頭の中がピンク色になりました。
監督
2021年06月15日 08:24
>らん太郎。さん
爆笑っす!( ´艸`)