NotePCの改造 - 内部ストレージ換装編

Day1ではRAMを増設することによりアクセスの高速化を目指しましたが、本編では内部ストレージをHDDからSSDに換装することでさらなる高速化(特にWindows起動時間)を目指します。

Day2: 内部ストレージ換装(HDD→SSD)

え~っとですね、HDDは構造上衝撃に弱く消費電力が比較的大きいものの、1ドライブで保存できる容量が大きいため要領単価が安いというメリットがあります。これに比してSSDは要領単価は高いものの衝撃に強く、発熱、消費電力が少なく、なによりも読み書きの速度が非常に速いというメリットがあります。 デスクトップタワーPCがご臨終のためNotePCにシステムを変更したのですが遅い、重い、固まる、でストレス溜まりまくるのを解消するにはメモリー増設だけではなく、ストレージのアクセス速度向上が必須と言うわけです。

0 SSDとケースを購入.JPG
そんな言い訳を建て前にゾンアマでルンルンとポチしたのはコチラ、左がクルーシャル製のSSD本体『CT240BX500SSD1』で、右が作業時に必要になるSalcarのUSB3.0対応2.5インチHDD/SSDケースです。 モデルナンバーからわかるようにSSDのサイズは240GBです。 NotePCに搭載のHDDは500GBあるのですが、実際に使用している領域は100GBぐらいしかないので節約のためにSSDは500GB(7~8,000円程度)ではなく240GB(4~4,500円程度)としました。

0a SSDをケースに入れてPCに接続.JPG
先ずはSSD本体をケースに入れてケーブルを接続後、USB3.0端子につなぎます。 私のNotePCにはUSB端子が3か所ありますが2か所はUSB2.0なので、端子部分が青色のUSB3.0へ間違えずにつなぎます。 2.0と3.0では伝送速度が全然違うので、この後の作業時間に大きく影響しちゃいますからね。

1 SSD挿した時 認識せず.png
PCフォルダを開いても、この段階ではSSDを認識してくれません。

2 ディスク管理画面 フォーマット前.png
なので、管理画面、ディスクの管理と開いていくと、初期化されていないディスクを確認できますので初期化作業を行います。

3 フォーマット後 ボリュームFとしてSSDを認識.png
初期化が完了するとPCフォルダでボリュームFとしてSSDが認識されるようになります。

4 EaseUS TodoでHDDからSSDにクローンを作成.png
次にEaseUS Todoという無料のバックアップアプリを用いてHDDからSSDへクローンを作成します。EaseUSのHPはコチラ

5 クローン作製に36分かかる.JPG
この作業はHDDの使用領域(HDDの物理的保持要領ではなく)がどれぐらいあるかにもよりますが、私の場合は100GBほど使用していましたので36分を要しました。

6 黄色矢印下を開ける.JPG
SSDのクローン化が済んだら先ずはシャットダウンして全ての周辺機器と電源、バッテリーを外して(黄色矢印上をずらして)放電後に黄色矢印の下部分を開きます。

7 メモリー横にHDD発見.JPG
メモリー増設時に開けたのと同じところですが、メモリーベイの左側に内部ストレージベイがありHDDが見えます。

8 HDDを外す.JPG
シンプルにネジ一つで固定してありますので、それを外してHDDケース両サイドについている固定ネジを外してHDD本体をケースから取り外します。

8 SSDに入れ替える.JPG
HDDを外したケースにSSDを取り付けて同じように両サイドのネジで固定します。

9 ドライブベイに挿す.JPG
ケースをストレージベイに注意深く挿しこんでネジで固定します。 これによりSSDにSATAと電源コネクターが繋がれたことになります。

10 電源オンでBIOS起動 SSD認識.JPG
PC本体の外した蓋を再度取り付け、全ての周辺機器を取り付けて電源オン。 F2長押しでBIOSを立ち上げたらHDD Model NameのところにSSDの製品名を確認できました。

11 SSDのブートパ-ティションを正しく認識.png
問題なく換装できたようですのでBIOSから抜けてWindowsを起動。 コンピュータの管理画面でSSDのブートパーティションが正しく切られていることを確認して完成です。

もうね、Windowsの立ち上がりからブラウザの表示までもが比べ物にならないくらい早くなりました!^^)/

12 WinSat 4G_8G Comparison adding SSD test result 200512.png
WinSATで確認してみたら、DiskScoreが5.9から8.1へと飛躍してます! いやぁ、やって良かった!!


メモリ増設とSSDへの換装にかかった費用は税送料込みで8,536円。 新しいタワーPCを購入したら10倍はかかりますので、非常に安く満足感を得ることが出来ました。

実は外したHDDを壊れたタワーPCに移植すれば、タワーも復活するんじゃね?なんて思ってますが、それはそのうちということで…。^^;
えっと、真似するときは自己責任でお願いしますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らん太郎。
2020年05月13日 02:09
こういうのやると
出来た! ってその後に
絶対ねじの1個や2個普通に残っちゃったりするのよねぇ

今度なんかあったらお願いします

とものもと
コタン
味一
こまつや
大れん
なんだっけ、居酒屋チビ太の隣の…

いずれかで手を打ちます。
ヴィーノ
2020年05月13日 07:00
さすがもとプロ!うちのPCの具合が悪くなったら、四ツ谷に担いでいきますので、よろしくお願いします(笑)。
SSDとHDって体感的にはどのくらい違うものですか? スポスタとスーパーカブとか、ウサギとカメとか? SSD未体験なもので。(^-^;
監督
2020年05月13日 09:44
>らん太郎。さん
メモリー増設に比べるとクローンの作成や設定の確認等が面倒くさいですよね。
とものもとか麺処ゆきちでお願いします!^^)
監督
2020年05月13日 09:52
>ヴィーノさん
ざっくり3~4倍速くなってる気がしますので、カローラとポルシェぐらいですかね?^^;
特にシャットダウン後の立ち上がりは、HDD時2分以上に対してSSD20秒ちょいぐらいです!
りーにん
2020年05月13日 11:54
私もリーダーに同じ。
ネジを余らす自信有り(^-^;
こういう事が出来る監督さん、凄いですね。
監督
2020年05月13日 12:40
>りーにんさん
私の場合、時としてネジが足りなくなります。外した時に小さなケース等に入れれば良いのでしょうが、作業机のそばに雑然と置いておくので、意図せず肘等で触ってしまったときに落としちゃうんですよね。机の下はブラックホールなので…。^^;
2020年05月14日 08:02
取り敢えず手持ちのパソコンは全部元気。
でもSSDに換装するのは魅力的。
以前と比べるとSSDも安なってるし、付け替えるも佳いかなァ。
ただ今後 ネットワークオーディオ化するかを考えると、SSDは容量不足が気になってしまいます。
えっ、悩んでるのが楽しいンやろ…ッて?
いやホントにネ。
監督
2020年05月14日 23:15
>おーちゃんさん
メモリー増設よりも格段に効果ありますよ!
禁断の木の実、って感じ。(^^♪
2020年05月15日 09:08
この作業、相当回数こなしたので、懐かしい。(笑)
当時はHDD搭載の安い型番のものを買って直後にSSDに装換ってのが標準でした。
てか、SSD安くなりましたよね。
そういえば今使ってる家のデスクトップ、SSD+HDDの構成だったのですが、なんとブートがHDDという状態で納品され、闘いましたね。(`Д´)
監督
2020年05月15日 10:04
>トリバンさん
その構成でブートがHDDって、ポルシェ買ったのに80Km/hでリミッターが効いちゃう的な?^^;
SSD、昔は髙かったですもんねぇ。