Pioneer S-X6 スピーカーの修理 - その2(完結編)

4月20日のPioneer S-X6 スピーカーの修理 - その1からずいぶん時間がたっちゃいましたが、やっと続きがアップできます。

DSCN4147.JPG
実はね、前記事アップのほぼ1週間前の4月14日にゾンアマでポチットしたスピーカーエッジ交換部品なんですが、待てど暮らせど全く届かなかったんですよ。当初は4月27日から5月5日の間に到着ってことになってたんですが(中国深圳から発送なので時間がかかる)、発送状況を確認したら28日時点でも深圳でとまってるんで出品者に連絡したら、「税関の安全審査を通過できずに返品されてた。再発送したのでもう少し待ってほしい。賠償として15%返金する」と言うので仕方なく待つことにしたんです。ところが5月10日になっても届かないので再連絡したら、「日本には到着したのだが通関でとまっていていつ配送できるかわからないので全額返金する」って言うんですわ。「もう、ええわ!」ってことでキャンセルして翌日には返金処理してもらいました。
仕方がないので違うメーカーの製品を探したのですが、ほとんどが中国からの発送になるので同じことになりかねないなぁと思い、値段は倍ほどするのですが『ノースウエスト トレーディング』という国内のスピーカーパーツ、スピーカーエッジ販売サイトから同等品を購入したんです。それでね、昨日ノースウエストさんから左のやつが届いたんですが、キャンセルで全額返金したはずの中国メーカーの製品(右側)も同時に届いたんですよ。どういうこと?と思って出品者に連絡したら、「発送手続きがすべて済んでいるのでキャンセル処理ができなかった。全額返金済みだけど製品は返却不要なので使ってください」とのこと。要するに、思い切り遅れちゃったんでタダでお譲りしますってことみたいです。え~~~、二つあってもしゃ~ないんだけど、なんだかなぁ~。^^;

DSCN4148.JPG
中国メーカーの方は耐久性に勝るゴム製で製品のみの発送であるのに対して、国内メーカーの方は耐久性は劣るものの品質はゴムより勝るウレタン製で、且つ交換マニュアル、専用糊、筆までついてます。あ~、1,300円の値差なら最初から国内製にすればよかったなぁと反省しきりです。

DSCN4149.JPG
前回自ら壊して補修したところもきれいに接着されていたので、再度いろんなところのバリ等を注意しながら紙やすりでごしごしとこすって清掃。

DSCN4150.JPG
とりあえずウレタンエッジを仮付けしてみました。うん、サイズはぴったり!^^)

DSCN4151.JPG
スピーカーフレーム側にこびりついたボンドかすがなかなか取れないのよねぇ。 すべて取らずとも接着できるとは思うのですが、できる限りは落とそうと紙やすりでゴシゴシゴシゴシ・・・、疲れる。^^;

DSCN4152.JPG
さて、エッジをつけていきましょう! 付属の筆を使って専用糊をエッジ内側表面にヌリヌリ。この部分がコーンの裏側につくことになります。

DSCN4153.JPG
注意しながらエッジをコーンの下に潜り込ませて、表と裏から指で圧着させて空間が無いようにぐるっと一周押さえこみます。

DSCN4154.JPG
コーンの上に重しとして懐かしの50円硬貨を4つおいて、均等にコーンからエッジに圧がかかるようにします。重すぎも軽すぎも偏りもよくありませんので、適当なものを対角線上に置くのが良いようです(マニュアルには書いてませんでしたが、ネットで調べたらコレをやってる人が多かったので)。

DSCN4155.JPG
専用糊が固まるのを待つ間に、ガスケット側の固着してるボンドかすも取り除きます。地道で且つ細かいかすで汚くなる作業なので洗面所でやりました。嫁はん見たら怒りそうですが、作業終了時には「やる前よりきれいに!」で証拠隠滅。でへへへへ…。^^;

DSCN4157.JPG
ついでにサランネット(いや素材が違うからグリルネットかな)も中性洗剤と歯ブラシできれいにして天日に当てて乾燥させます。

DSCN4158.JPG
エッジ内側とコーンの接着部は1時間ほどで固まりましたので、今度はエッジ外側とスピーカーフレーム側の接着です。まずはフレーム側に専用糊をツゥ~っと出して、筆で平たく伸ばします。これを全周ちまちまと少しずつ行います。

DSCN4159.JPG
最後は手で全周を注意深く押さえて、浮きがないことを確認します。

DSCN4160.JPG
とりあえず30分ほど放置して、その間にエッジ内側とコーン裏側の接着状況を再確認。なんとなくうまいことついてるみたいです。

DSCN4161.JPG
次はガスケットをスピーカーフレームとエッジ外側部を挟むように上から接着します。同様に専用糊を筆でヌリヌリ。

DSCN4162.JPG
糊をツゥ~っと一気に出して、筆で均等に伸ばしていった方が早くて効率もよさそうですね。^^;

DSCN4163.JPG
ガスケットをビシッと取り付けてズレがないことを慎重に確認します。

DSCN4164.JPG
あとはスピーカーをひっくり返してガスケット、エッジ外側部、スピーカーフレームを自重で押さえこむことで接着を確実にするために一晩放置プレイです。


明けて本日。はい、一晩しっかり接着剤を乾かしたので状態を確認しました。良い感じです。(^^♪

DSCN4167.JPG
修理が完了したスピーカーをボックスに戻します。端子のプラスマイナスは形状が違うので間違いようがありません。

DSCN4168.JPG
いやいや、出来上がりましたよ!
片側のセンターキャップが少し凹んでるのはご愛敬ってことで…。^^;

以前にこのスピーカーで音を出したのは2006年のこと。その時点で「スピーカーはコーンがボロボロで音がたまにびびるぅ~(泣)」と書いてますので、ちゃんとした状態で鳴らせるのは20年以上ぶりかもしれません。

これから後はサウンドチェックの動画になります。旧式のコンデジ撮影なので音質が悪くて差があまりよく確認できません。また、ユーツベから著作権侵害の申し立てメールが届いてるので、もしかしたら閲覧できないかもしれません。(完璧にダメみたいです
まぁ、一言で言ってしまえば「全然違います!」。針がレコード盤に落ちるときの音が、パチッからボゥンになりました。少々時間こそかかりましたが、直してよかったです。^^)/
あっ、それから、最初に書いたように8インチのゴム製スピーカーエッジが一組余ってますので、ご入用の方は連絡くださいませ。


高音部は透き通ってて良いのですが、なにせ低音がほぼほぼありません。二つともサラウンドスピーカーですから仕方ないんですがね。^^;


上にも書きましたが、針がレコード盤に落ちるときの音から既に違います。低音から高音まで、なめらかで優しいパイオニアらしい音の復活です。


このおまけは、おーちゃんさんに聴いていただきたく!^^)/
昔(84年)、レンタルのアナログレコードからカセットにダビングした音源で、サウンド・イメージ・シリーズ2- off shore - に入ってた『イマージュ』っていう曲のはずです。松任谷正隆だったかなぁ・・・。^^;

DSCN4173.JPG
そんなわけで、ロフトの音楽鑑賞小部屋が復活しました。でもココ、むっちゃ暑いのよねぇ…。

長編記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


===5月24日追記===

最後三つのYouTube動画は楽曲を含んでいるために皆さんからは閲覧不可みたいです。ごめんちゃい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

らん太郎。
2020年05月24日 01:23
おつかれっす!

下3っつ
お住まいの地域では
著作権上の問題で権利所有者云々でって
動画が再生できなくて残念!

あ、監督のダンディな声はOKっす。
2020年05月24日 18:25
税関で色々とご迷惑をお掛けしました。
前世は中国人だっtのかもなんで(;^_^A

良かったですね、綺麗な音が再現できて。
何でも自分で直せるって素敵です。
余った部品は、また20年後にでも補修してみて下さい(^'^)
監督
2020年05月24日 21:47
>らん太郎。さん
もっともっとマイナーな曲でやればよかったかもですね。
『君は天然色』は選曲がダメだったみたいですね。^^;
オイラの声は著作権フリーっすから。(^^♪
監督
2020年05月24日 21:48
>りーにんさん
自分で直せると愛着わきます。^^)
20年後には手が震えて直せないかと…。^^;
ヴィーノ
2020年05月25日 19:33
キター!ついに完成ですね。いやぁほんとうに脱帽です。直せるものなんですね。
この勢いで次は何を直しますか。でも、そろそろお店の再開が見えてきたから、これが最後かな。(^_^)
2020年05月26日 07:40
最初から最後まで楽しくっておもしろい。
スピーカークラフトって設計から音質調整・色塗り、遊ぼうと想ったら一年間できますもんネ。
吸音材を少なくして もっと低音強調するとか ダクトに吸音材微妙につめて 低音を締めるとか。
ウチには製作記事無いですが、テレビ台として作ったのを一枚だけ記載しています。
実は今考えているの、ALTEC A-7スタイルでバックロードホーン。
頭ひねってるんですけど、どんな音になるか想像してるだけで楽しい。
どれくらい楽しいかと言うと、言うに言えないくらい楽しいです。
監督
2020年05月26日 11:55
>ヴィーノさん
はい、やっと完成しました。
次は・・・、内緒。^^)
緊急事態宣言は解除されましたが、東京都はバーに厳しいので(ナイトクラブと同じくくりなのは理解しがたいが)6月中旬ぐらいまでダメかもしれません。(T_T)
監督
2020年05月26日 11:58
>おーちゃんさん
いじるって楽しいっすね、何事も。(謎爆)
ALTECですって!?
そんなデカいもん、置くとこ無いっすよ。^^;