手すりと窓枠転落防止柵 191215

実母の退院予定日が決まったので、戻ってくる前にDIYしました。

DSCN3912.JPG
まずは玄関アプローチの手すり。
築20年の我が家ですが、基礎は水害予防のために道路から1m高で組んであります(20年前では珍しい高さ)。 玄関に向かって緩いスロープになっているので玄関前3段の階段差はそれほど高くありませんが、老人目線で見ると手すりがあったほうが良いのは確実です。 ネットで屋外用のⅠ型手すりを購入して、それを斜めに配置することにしました。 適切な設置高を調べてマスキングテープで位置決めして、ドリルで壁に下穴をあけてインパクトドライバーで木ねじを打ち込んで固定です。

DSCN3913.JPG
こんな感じで一丁あがり!^^)

DSCN3915.JPG
本当は斜め立ち上げ前に導入用の横棒手すりがあれば完璧なのですが、ちょうど雨どい枠の下になってしまうので使いずらいし、そこまでしなくても大丈夫と思って簡略の斜め手すりのみです。^^;

DSCN3916.JPG
次はお手洗い。 こんなとこの写真で恐縮ですが、いちおう私の記録も兼ねているのでお付き合いくださいませ。^^;
完璧なのはL型の手すりなのですが、ちょうど設置基準の高さにトイレットペーパーホルダーが設置されちゃってるんですよね。 まぁ手すりがないのであれば、この位置が最善ではあるのですが・・・。

DSCN3917.JPG
仕方がないので長さの違うI型を二本購入してホルダーを挟んで設置しました。 いちおうこれでも設置基準の位置はキープできてます。 手に負担をかけずに立ち上がるには、縦のI型利用が良いそうです。 横棒に手をかけて立ち上がろうとすると、体重移動ではなく手の力で立ち上がろうとしてしまうため負担がかかって良くないとか。 んじゃなんで横棒いるの? 縦だけで難しいときに両方つかむんだそうです。 こんなことは調べなきゃさっぱり分からんです。^^;
えっと、玄関前の外壁は頑丈素材で厚みもあったので木ねじのみでしっかり固定できましたが、ここの壁は石膏ボードが下地のためにアンカーを打ち込んでから木ねじを締め込みました。

DSCN3918.JPG
またまた雑然とした部屋の写真で恐縮ですが、ここが実母の部屋であり、襖の空いている窓から転落した事故現場であります。^^;
窓は床面から40cmあたりに敷居があり、普通の成人であればここから外へ転落なんて考えられないのですが、老人だとふらついた際に柱に手をついて支えることができなければ容易に外へ転落してしまうことも考えられる構造です。

top_mado_tenraku.jpg
ネットで調べるとこんな感じの転落防止ガードがたくさん売っているのですが、どれも窓枠内側に固定するタイプであり、窓枠内に襖が設置されている我が家の造りでは施工ができません。 ステンレスの丸棒にサイドガイドをつけてそれを窓枠柱に打ち付けるDIYも考えましたが、どうにも和室の襖が入った窓に金属の丸棒や角棒はねぇ・・・。

DSCN3919.JPG
そんなわけで、悩んだ末に木材使用で行くことにしました。 1x3のSPF素材で、ウッドデッキ等に使われたりする定尺ものです。 杉は表面がケバケバで危ない、桐は軽いゆえに長尺だと弱い、ヒノキは高いし木目が結構気になる・・・、結局ホワイトウッドとSPFの現物を何度も比較した末にSPFに決めました。 ちょっと色合いが柱材と違うところが気にはなりますが金属パイプよりは確実にマシなので良しとします。 月日がたっても色合いが手脂等で馴染んでこなければ、なんか塗り塗りしましょう。^^)

あっ、ちなみに一階の床面は新築時からすべてバリアフリー、風呂場にも手すりは最初からついてます。
そんなわけで、DIYで日曜日は終了~(^^♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

らん太郎。
2019年12月17日 21:09
マメで器用で
頼りになるわぁ

自分だったら
絶対業者(*^^*)
2019年12月17日 22:17
事故後の素早い対応で、お母様も安心できるで
しょうね。
玄関の階段、私達から見れば普通ですが、
年配者や子供には少しキツイかなと思います。
綺麗にできていて羨ましいです。

トイレにカレンダー、どこの家でもありますよね。
便座に座って、今日の六曜とか見て行動するんで
しょうね(^'^)
監督
2019年12月18日 11:31
>らん太郎。さん
いやいや、ケチでやりたがりぃなだけですわ。^^;
監督
2019年12月18日 11:32
>りーにんさん
もうね、自分目線は完全に捨てて実母目線で考えることにしましたですわ。^^;
カレンダー、私は無くてもよいのですが、どうにも家内と実母が好きらしく。^^)
2019年12月19日 08:00
やっぱり器用のカマタリ、監督さん。
家の柱に釘や木ねじ打ち込むノ勇気いりますやろけど、案外一回やったら割り切りが出来るのかも。
実はボクも構想ありまして、来年はDIYの年にしようと思ってます。
それを実行する前に消費税廃止なってたら佳いなぁ…ッと、実現しなさそうな事を考えてたりなんかして。
監督
2019年12月19日 14:15
>おーちゃんさん
DIYは気合と愛です。^^)/