原点回帰

人は皆、帰るべきところがある。

画像

9月からずぅ~っと低迷していた金曜日。 19日は、やっと久しぶりに金曜日らしい金曜日を迎えて遅くまで営業。
気を良くして、閉店後は荒木町のライブバーへ出向いて朝まで音楽談義。
始発で帰って寝て、気がついたら午後1時を過ぎていたので近場(さいたま市見沼区大和田町)の此方へ(実は目指した店が営業終了で、次から次へと走って三軒目)。
後でネットで見たら、『行列必至の店』だったそうな。(中華そば 蛍)

画像

いただいたのはコチラの『とりそば 塩』(750円也)です。
(デフォは秋刀魚節を主に鯖節、鰹節、煮干、根昆布等をブレンドした魚出汁と鳥ベースの動物スープとの合せ出汁の醤油ラーメン)
まずスープをいただくと、しっかりした鶏満載です。 丸鶏や鶏ガラ、香味野菜やハーブ等をじっくり時間をかけて炊き出した鶏白湯スープです。 油分は出来る限り取り除いているとのことですが、唇ヌルヌル系までは行かないものの、唇ツヤツヤ系のそれでした。 塩ダレは沖縄産の自然塩とのことでしたが、かなり控えめ。 旨みたっぷりの濁り鶏白湯が肝って感じのスープでした。
いやね、美味しいんですけどね、やっぱりオイラ的には端麗の塩らーめんを食べたいのであって、鶏油ギッチョン(とまでいきませんが)のスープが欲しかったわけではなく、これを好きな人には怒られるかもしれませんが、ちょっと違うなぁと思っちゃったわけです(まぁ、午後3時過ぎてもやってくれてる店にしては十分美味しいのですが)。
でもね、一歩引いて鶏白湯スープラーメンと捕らえればかなり美味しい店であることは間違いなく、オイラが来る店を間違えただけであることはぬぐえないわけでして、そんなことを考えながら美味しくいただきました。
総合的(一般的に)に80点越えは確かなのかもしれませんが、オイラ的には72点。
美味しいんですが、求めてた『塩』ではなかったので、ごめんなさいの配点です。
ごちそうさまでした~。^^)/

画像

空模様が怪しかったのでトットと自宅へ戻りましたが、自宅間際でパラパラ、目前でバラバラバラ、玄関内に入れたとたんにドシャーっと降り出して雷もドッカーン、バリバリ! タッチの差でずぶぬれを免れました。^^;


画像

明けて日曜日。 天気予報はまずまずだったので少し遠出をしようと昨晩は早めに寝たにもかかわらず起きたら午前12時目の前(いつもの習慣で体内時計がねぇ・・・)。 あ~あっちゅう感じでベッドを出るも、このまま一日が終わってはイカンちゅうことで出かけました。
ここのところ近場の塩らーめんを探索しつつ、それなりに美味しい店に出向いてそれなりに美味しいラーメンを食していましたが今ひとつの満足感を越えることはなく。 そんなときには原点回帰でしょ!ってことでコチラにお邪魔しました。

画像

ひさしぶりの『横浜タンメン(塩)』(800円也)でございます(ここんとこ此方でも塩らーめんばっかだった)。
初めてこれを食したのは既に5年前。 5年前から100円上がってますが、そんなことは全く気にならない最高のスープです! 塩分を控えている人には少し塩ダレがきつく感じるかもしれませんが、実際は丸い塩ダレであり、出汁の強みがそれを増幅させてそう感じるのであると私は思います。
いやね、出汁もさながら、具材のそれぞれがしっかりと美味しいんですよ。 小さな豚バラの一切れまでもが、しっかりと味わいを主張してくるんですから。 こころしてじっくりと味わいながら食すべきと思っております。

迷ったときは原点回帰。
わが身の感覚をリセットすべきですね。

いえね、誰にも必ず当てはまる味わいではないと思うんですが、ここは出汁の強さ、塩味の強さ(実は丸さ)、具材個々の味わい、全てがまとめて奏でるハーモニーが私には絶妙にマッチしてると信じてやまないのです。
ごちそうさまでした~。^^)♪

んなわけで、やっぱりラーメンブログっす。^^;
本当は店連休の週末だったので紅葉の那須にスポスタで出かけたかったのですが、姪っ子が「おじちゃん、那須借りても良い?」って数週間前に聞かれたので、「お~、好きに使え!」って言っちゃったのでした。^^;

この記事へのコメント

2018年10月22日 22:58
金曜日の低迷の原因はなんでしょうかねぇ。天候の影響でしょうか。これからのパーティーシーズンで取り返したいですね~。
2018年10月23日 12:56
>ヴィーノさん
9月は確かに天気が悪かったですね。
秋本番を迎えて少しでも盛り返せればよいのですが、10月も中盤まではスローペースでしたので不安が…。^^;
2018年10月23日 21:38
どこぞのチームスローガンかと思ったら、違た(^_^;)
見た目は最初のラーメン屋さんの方が若干美味しく見えるん
ですが、そうじゃないんですね。
マスター兼ラーメン評論家が言うのだから、間違いない
はずですね。
帰宅後の大雨、してやったりの気分になりますよね(^'^)

2018年10月23日 21:53
監督さん、こんばんは♪

私もりーにん班長と同じく、どこぞのチームのスローガンかと(・ω・)
ラーメン食べたいと思いつつもなかなか行けてない私。
なんせ、少食になってしまって一人前食べられないのですよ。
ダンナと行けば、残すのももったいないからリリーフしてもらえるのですが。←ダンナが肥るだけ…という話も(爆)
ハーフサイズのある店なら行けるんだけども、無いトコも多々…。
2018年10月24日 07:02
うん、スローガン3連発コメント
わがドラゴンズの
スローガンをおおきに(^-^)/

この原点回帰のお店には
絶対に行きたいと思ってます

監督に会えるかも\(^o^)/
2018年10月24日 12:33
>りーにんさん
あ~、そういえばドラゴンズの二年連続スローガンでしたね。
ラーメンは、鶏白湯が好きな人だったら最初の方が「美味しい!」っていうかもです。
いや~、ギリで間に合いました。^^;

>ぶたまりさん
やっぱ、そこいくのねぇ。^^)
ハーフがある店、少ないですよね。残すの、申し訳なく思っちゃいますもんねぇ。

>らん太郎。さん
Doragons愛!ですもんね。^^)
ってか執念なかったんちゃうかなぁ、今年のタイガース。^^;
もし店で偶然にも会えたら、それはほとんど赤い糸の世界かも。
2018年10月25日 07:53
そォ、原点回帰は大切…母艦がある幸せ。
サイモン&ガーファンクルの旧譜が"リマスター盤"とか出てもお布施のように買う私。
頼むから"ブックエンド 50周年記念盤"出しておくれやす…ッと願ってもでってこない辛さ。
原点回帰探求すら思うままにならない私。
2018年10月25日 15:24
>おーちゃんさん
あ~、もう50年なんですねぇ、ブックエンド。
ミセス・ロビンソン、懐かしかぁ。^^)