筑波軒(茨城県筑西市)~益子町

2週間ぶりのラーツーでおまっ。 今日の店はディープでっせ、旦那!^^)

画像

自宅から国道4号線に出て北上。50号を右折して結城市方面へ。50号をバイパスに折れずに旧道へ。案内板に従って下館駅方面へ右折。駅前から徒歩3分の、駅に向かって一方通行になっている細い路地に面したコチラが今日のターゲットです。

画像

その名も『筑波軒』のコチラは、気にしないと通り過ぎてしまうようなラーメン屋さんっぽくない、しかも超レトロな店構えの一軒です。

画像

勇気を出して店内に入ると、中もこれまた強烈な昭和レトロ。
80歳近い店主がマシンガントーク(笑)で出迎えてくれます。ようしゃべりまっせ、この親父さん。^^;

画像

頂いたのはコチラの『大盛わんたんめん(600円)』です。
メニューはシンプルに中華そば(450円)、大盛中華そば(550円)、わんたん(550円)、わんたんめん(500円)、大盛わんたんめん(600円)の5種類のみ。 前調べで普通盛りは少なく女性向けということだったので大盛わんたんめんをチョイス。 大盛わんたんめんで600円は安いですねぇ。
見た目はしょっぱそうなスープですが味わいはさにあらず。 鶏出汁に節、そこに返しの醤油ダレという感じのまぁまぁな味。 麺は茹で上げ前のそれは縮れて良い感じでしたが、茹で過ぎなのか少しくたっとした歯触り。 コロコロの鶏チャーシューは醤油で煮詰めた感じのしょっぱめで、メンマはコリコリでこちらも少ししょっぱめ。 わんたんはチュルチュルだけどこれまたクタッとした感じで総合的に茹で過ぎ感ありありの田舎飯タイプ。 わんたんの餡は少なめで、味よりも舌触りを味わうタイプでしょうか。 まぁ安いからしゃ~ないっちゅうこともあります。 小さめのナルトと三角に切った海苔、薬味のネギが愛嬌です。 それなりに美味いっすよ♪^^)

下館ラーメンの定義は、①鶏チャーシューを使ってる、②濃いめの醤油味である、だそうです。
ラーメンデータベースでまぁまぁの点を取っている店もあったのですが、先ずはコチラの元祖的な店を選んでみました。 RDBの点数は50点台後半、オイラの評価も強いて言えば61点とぎりぎりの合格点ですが、評価云々を語ることが意味のないことに感じる、よくぞまぁ今世に残してくれました!的な、マジ昭和レトロなお店でした。

ボロですが不潔感はありませんし、一杯一杯別鍋で丼を暖める丁寧な作り方です。 返しの醤油ダレは半世紀以上使っていると思われる甕に入っていますし、それをすくいあげる柄杓もこれまた数十年は使っている感じなので、気にする方はちょっと無理系なお店かもしれません。
親父さんは少し足に不自由が出ているかなりの高齢ですが、その知識とバイタリティっちゃ~すごいものがあります。 どっから来たんだい?に始まり、川口だったらこのルート、いやあのルート。 おっ、ハーレーかい? エンジンは云々かんぬん、ロッドでパコパコするんだよね、なんでチェーンにしないかね。 最近のスマホはさぁ、なんだねアレがどうのでコレがどうのでCPUを使い切ってないよね、とか…。 茨城訛りでひたすらしゃべります。
帰り際に外で走り支度をしていたら店から出てきて、またあ~だこ~だ言って、大手でバイバイしてくれました。
いつまでも地元で愛される名店(迷店!?)であってほしいものです。^^)

画像

昼食後は少し時間があったので国道294号を北上して益子方面へ。 この焼き物街はいつ来ても良い雰囲気ですが、こちらへ向かったのには違う目的がありました。

画像

目的地コチラ、益子市街にある『岡田酒店』さんです。
地酒のラインアップが豊富で、車で来た際には良く寄って数本買って帰ったものでした。 今回はスポでしたがサイドバックに簡易なショルダーバックを常に入れているので、それに入れてしょって帰ろうという魂胆でした。 何は無くとも鳳凰美田と思っていたのですが・・・・・・、なんと「配達中、すぐ戻ります」の張り紙が。^^;
一服しながら15分ほど待ちましたが戻ってこないので、陽射しが陰ってから帰るのを避けるために諦めて帰路につきました。(ToT)

画像

帰宅後、ちょっとした買い物をケーヨーD2で済ませたあと、やっぱり日本酒気分が抜けなかったので近くのスーパーで購入のこちらは静岡の『臥龍梅』。 昔、行きつけの飲み屋でよく飲んだ酒です。 久々の日本酒は旨かったです。^^)

画像

コチラはおまけの一枚。 土曜日の深夜、夕食後に撮りためたビデオを観ながらチビチビ飲んだウイスキー。 ジャパニーズウイスキーはそうそう飲まないのですが、さすがに響の17年物は美味いですね(^^♪

昨日日曜日の走行距離、下路ばっかりの200Kmピッタリ。
寒いけど楽しい休日でした。

この記事へのコメント

2017年01月23日 13:49
益子の街並みって綺麗で良いですね。年に一度、Moto-GP観戦の行き帰りに(あれ二回か…。)通るだけですけど…。
朝早く、夕方遅いので素通りだけど、改めて行って、待ち歩きもよいかもしれませんね…。
ヴィーノ
2017年01月23日 21:36
うわあ臥龍梅だ!先日静岡で2人の酒好きに、いま一番美味しい静岡の酒は?と聞いたら、2人とも臥龍梅と答えました。僕も飲んでみたいと思っていたところです。静岡って、意外と酒処なんですよ。(^O^)/
2017年01月23日 21:51
特別ココでなくても佳いンだけれど、ココで食べたいって店ありますもんネ。
ディープパープルの替え歌書こうと思ったけれど、思いつかなかったのはここだけの話。
2017年01月24日 01:13
筑波軒、“北の国から”に出て来そうなラーメン屋だぁねぇ

でも、恒例のひとり親方がやられてるラーメン屋さんって
お値段、昔のままですよね

自分のブログで大昔に書いた我が町の
“こまつや”がまさに狭くて古くて安い、んで美味い

今日の記事を読んでちょっと思い出しました
2017年01月24日 13:33
>高速有鉛さん
はい、綺麗です。
かわいいジョノカと街歩き、良いかもです(^^♪

>ヴィーノさん
静岡はガッツリ酒処ですよね。
水がきれいなので米が旨い=良い酒ができる、って感じでしょうか。
私の中では、静岡と言えばコレと磯自慢、開運、そして國香です!^^)

>おーちゃんさん
ディープな店でディープパープル! 良いですねぇ♪
先ずはココって店、ありますよね。^^)

>らん太郎。さん
今どきワンコインでお釣りがくる店って、そうそう無いですよね。
『こまつや』さん、気になります。
近いうちに突撃か?^^)
AKI
2017年01月24日 23:56
席数多いラーメン屋さんですね。あのピンクの椅子は凄いレトロですね。
大盛ワンタン麺600円すか!
2017年01月25日 01:18
席数多いですが、老齢の親父さん一人でやってます。
椅子はレトロ通り越して一部壊れてます。(^^;
安いですが、味はそれなりです。
雰囲気を楽しむ店ですかね。(^ω^)
2017年01月25日 23:10
こういう昔ながらのお店好きです(^'^)
そんでもって安い!っていいですやん。
今のお店は、店主とお客さんが会話するって少ない
ですよね。 
チームひとりで行った時、色々話してくれるのも
嬉しいですよね。
嫌う人もいるけど、私は嬉しい(^'^)
2017年01月26日 01:01
>りーにんさん
良いっしょ(^^♪
オイラも時々話してくれるのは嬉しい派ですが、けっこうなマシンガンはチト疲れるかも。^^;