デュリュック・ド・ブラネール・デュクリュ2007

先週家で開けたワインがなかなか美味しかったんです♪

画像

デュリュック・ド・ブラネール・デュクリュ2007。フランスはボルドー、サンジュリアンの赤。ボルドー格付け第4級、シャトー・ブラネール・デュクリュのセカンドラベルです。
アッサンブラージュはCS60%、M20%、CF15%、PV5%。 ファーストラベルの2007ヴィンテージはPP90をマークとの事ですので期待が高まります。なめらかなタンニンと完熟した果実味がすばらしく、ボルドーらしいインクのニュアンスもあり、ヴァニラもあればチョコレートもあるような、次々と訴えてくる複雑味がありました。3,000円近傍の一本としては一段飛びぬけた感じの美味しさで、さすが格付けシャトーのセカンドだなぁと唸ります。美味しかった~♪


画像

こちらは家飲みではなく先週金曜日の退社後に外で飲んだ一本。先週、先々週と仕事がすごく忙しく、13日土曜日も家で仕事をこなすことを覚悟してオフィスを午後9時頃に出て南青山の『ワイン&ダイニング ウィッチ』で開けた一本です。
ラ・フォルトゥーナ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2004。イタリアはトスカーナの赤です。
サンジョベーゼ・グロッソ100%のワインで、まず来たのはチョコレートやコーヒーのニュアンス、タンニンは丸まってやわらかいがきれいな酸味がありました。時間がたつとどんどん果実味がまして美味しくなりましたが、最後5分の一あたりからタンニンがしっかり主張してくるようになりました。驚くべき変化です!(これは良い変化なのか悪い変化なのか!?) 既に10年ものですが、まだまだ寝かせておけるパワーをも感じました。

画像

一緒に頂いたオードブルの盛り合わせ。イチジクをスモークサーモンで巻いたもの(真ん中左手)がとても美味しかったです。シャンパーニュに合わせたかったですね。手前のボルチーニと牛タンの赤ワイン煮込みがむっちゃブルネッロ・ディ・モンタルチーノに合いました♪(あと二品も美味しかったのですが、なんだか忘れちゃいました


今週の家飲みは、お勉強スタイル。
コノスル・シングル・ヴィンヤード(一本1,500円ほど)の赤5本、白3本を買い込んで、晩酌時にティスティングしながら飲んでます。先ずは白3本を開けて、シャルドネ、ソーヴィニョンブラン、リースリングの特徴を鼻と舌と頭に叩き込んでます。ただただ美味しいって飲んでるだけじゃなく、なぜ美味しいのか、何を感じているのかを考えながら飲むのって難しいことなのね(今更ながらに苦笑)。 でも、だからワインは面白いんです♪

この記事へのコメント

AKI
2014年09月17日 22:08
うむむむぅ~。
お勉強しながら飲むですか。
ただ、美味しいとか、自分好みだとか、なんにも考えないで飲んでて恥ずかしいっす。
まずは基礎からお勉強してからじゃないと自分には無理っす。
でも美味しい料理とソレに合うワインで至福のひとときですよね。
2014年09月17日 23:59
いやいや、お忙しい中ワインレポありがとうございます!
今回も中々のラインナップで、参考になりました。
2014年09月18日 13:12
>AKIさん
美味しければそれで良いんです♪
違いが分かれば、もっと面白いんです!

>トムさん
デュリュックはグッドでしたよ~♪
コノスルのシングル・ヴィンヤード・シリーズもコスパ高いっすよ!
2014年09月18日 21:38
いいですねぇデュリュック。
セカンドとはいえ格付けシャトーを開けるのは嬉しいですよね。 
そうそう、おフランスではありませんが、
エノテカボックスのレ・ディフェーゼ飲みましたよ。
うわー美味しい! と思ったら、単品だと4,000円以上するんですね。
そりゃぁ旨いわけですね。 
2014年09月19日 19:35
>ヴィーノさん
良かったですよん、デュリュック♪
レ・ディフェーゼも良かったですねぇ。
4,000円でズイマだったら泣いちゃいますね(苦笑)