最近飲んだ、お・しゃ・け♪

止められまへんなぁ~♪

今週は連休明けの三日勤務でしたが、どえれぇ~忙しくて、今日はほぼ一日家でPCに向かって仕事をしていました
そんわけで華面ライダー麺王は出動しなかったので、最近飲んだおしゃけの話で・・・。
(忙しいとか言いつつ飲んでるんかい!? ← はい、飲んでます)

画像

右手のボトルは最後の一杯でした。フォンセカ・ギマラエンスの1960年ものヴィンテージポートワインです。
私が生まれた翌年に摘まれたブドウでできたポートワインですので、思い入れ一入です。味わいのコメントは、感無量以外のなにものでもなく、ただただ今まで残ってくれていたことに感謝しながらいただきました。

左手のボトルは良く見ると誰もが知っているFour Rosesですが、違うのは『40th』の文字。フォア・ローゼスのマスターズ・ディスティーラー、ジム・ラトリッジ氏の40周年を記念して造られた、世界で1442本限定のシングルヴァレルバーボンです。ストレートでゆっくりと温めながらいただきましたが、今まで飲んだどのフォア・ローゼスよりも丸~く且つフォア・ローゼス独特の華やかさと軽いクセを感じました。ダイレクトな味ではなく精神的なそれかもしれませんが、やはりこれらのSomething differentって人を敏感にさせるんですね。

二杯とも、すごく美味しかったです♪


画像

長野県は南佐久郡、黒澤酒造が海外向けに造ったと思われる生酛(きもと)造りの無ろ過生原酒。蓋を押さえる紙封印には、数ヶ国語で無ろか生原酒であることが書かれています。メインのラベルにも、Kimoto KUROSAWA Tokubetsu-Jun-maiと書かれています。世界の黒澤は、映画監督だけではないんですねぇ(笑)
味わいは生酛らしく重たいですが、やっぱり最近の生酛ですね。昔の生酛は、こんなに優しくなかったと思います。まぁ仕方が無いのでしょうが、昔から日本酒が、特にただ辛いだけのさらさらではなくドシッとした米をしっかり感じる酒が好きな人たちにとっては寂しいものを感じます。でも、生酛造りを造りつづけてくれるだけでも感謝しなければなりません。コクの中に酸味と甘みもしっかりあって、苦味で〆る少し重たい、昔を思い起こさせてくれる旨い酒でした。
はっちゃん、ありがとう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年05月11日 10:21
フォアローゼズ、いいですねぇ。
バーボンの甘い香りが好きでよく飲みますが、
いつもボトル1000円台前半の安酒ばかり。
こんな上等なバーボンも飲んでみたいなぁ。
なんか大人っぽくてかっこいいっす。 
2014年05月11日 10:47
1枚目の画像、いい感じですね(^'^)

私の町工場にも黒澤っていう名前の者がおり、いつも監督って
呼んでます。
あれっ、ここの主も監督さんやった(^_^;)
2014年05月12日 12:58
>ヴィーノさん
Four Rosesは昔良く飲みました。
黒・白・ゴールドがありませんでしたっけ!?
いつも白ばっかりだった記憶ですが、たまにはこんな記念物も良いかなと♪

>りーにんさん
暗~い店なんですよ、ココ。
カップル御用達かな!?(オイラ一人でしたが<爆>)
ちなみにオイラの本名、黒澤ではありません(笑)