シャトー・マルゴー 1988

シャトー・マルゴー 1988。いわずと知れたフランスはボルドー、メドック地区で「ワインの女王」の名を持つ赤です。

昨日は銀婚式記念日でした。
画像

う~ん、惜しい! 1年違いの1988年ヴィンテージです(苦笑)。
私たち夫婦の結婚式は1987年12月7日。本来は1987ヴィンテージを開けたいところでしたが入手出来なかったので、1年違いになっちゃいますが4週間ほどの差なので「まっ、いっかぁ~」てことで開けちゃいました。

画像

この手のオールド・ヴィンテージ・グラン・ヴァンを家で開けることは、もう当面無いでしょうねぇ。メドック格付け第一級はラフィット・ラトゥール・オーブリオン・ムートン、そしてこのマルゴーの5銘柄しかありませんし、それぞれ大変高価なワインですので、私のワインセラーにもこの一本しかありませんでしたから。

画像

実はこの一本、ずいぶん前に破格値で譲っていただいたのです。よく見ていただくとコルクが少し浮き出しているのがその理由でした。輸送中の温度管理が悪かったりするとこんな感じにコルクが浮き出してくるのだそうですが、このレベルであれば実際は問題ないはず。でも、気にする人は購入しないので、もし良かったら破格値で譲りますといわれて悩まず買わせていただきました。

画像

いざ抜栓してみると、コルクの浮き出ていた部分はほんのわずかに1~2mmほど。コルクにカビも何も無く、まったく問題ないレベルでした。
味ですか? そりゃ~もう、サイコー♪
香りは25年のときを経ても気品にあふれ上品な花のよう。果実の甘み・酸味・苦味・タンニンのすべてが一体となって丸く尖りが無く、いつまでも飲み続けていたいそれでありました。

家内との25年に感謝しつつ、家族でゆっくりと楽しみながら空けちゃいました♪

画像

おまけといっては何ですが、ゴディヴァのグランプラス(30粒入り)です!
上品な質感のギフトボックスに入った、宝石箱みたいなチョコレート詰め合わせ。30粒と入っても15個は小さな板状のそれですが、上段の15個は贅沢の限りをつくした選りすぐりの15粒です。

画像

こりゃ、家族での争奪戦必至の予感ですが(笑)、私は上段を遠慮して、残りの5人で上段は3粒ずつ分けてもらいましょうかね。


しかし、25年っちゃ~早いもんなんですね。
年取る訳だ(苦笑)。

この記事へのコメント

2012年12月08日 17:39
マルゴ~~~ 
声もでませ~~~ん。
   
銀婚式、おめでとうございます。 
2012年12月08日 17:54
おめでとうございます!!
いいなぁ、感謝の気持ちを忘れないでいる監督
見習いたいです

大学ノートといえば
マルゴノート  知らない??
きょうじゅ
2012年12月08日 21:42
おめでとうございます!
我が家は10年でしたが、25年も持つのか不安です…。
監督を見習ってがんばります。
いやあ、ほんとにおめでとうございますです。
2012年12月08日 22:05
銀婚式、おめでとうございました。
ん~ん、ええなぁ~。
こういうの私んちでも、せなアカンなぁ。似合わんけど^^;

マルゴと言えば、マルゴみかん(三重の五ヶ所みかん)しか
浮かんできません^^; 情けない(;_;)
2012年12月08日 22:53
銀婚式 おめでとうございますぅ~~~
2012年12月09日 10:36
>ヴィーノさん
マジに、

背泳ぎするぐらい美味しかったです。やっぱりマルゴーはスゴイ!
あろがとうございます。

>ひばり組らん太郎。さん
ありがっとうございます。
マルゴノート、フランス製ですか?

>きょうじゅさん
ありがとうございます。
あら、10年でしたか!? うちも、昨日10年だったはずなのに、あっという間に25年になっちゃいましたよ(笑)

>りーにんさん
ありがとうございます。
ちびまる子ならオイラも知ってます(笑)

>ぴーちさん
ありがとうございますぅ~~~
2012年12月09日 19:20
>ステップタッチさん
ありがとうございま~す
Mayu
2012年12月09日 21:03
マ、マルゴー!
記念の年にふさわしいワインですねおめでとうございます
30周年もきっと、素晴らしい熟成ワインで乾杯でしょうね
2012年12月10日 14:08
>Mayuさん
はい、マルゴーっす!
30周年ですか?
まったく考えてないっす。
酒精強化あたりでごまかそうかと(笑)。
2012年12月12日 02:17
こんなの飲んだらまた奥さんとハネムーン行くようなもんじゃないですか!?今度おごってください,魯肉飯ずんどうで用意します。
2012年12月12日 12:35
>まりりんまんしょんさん
家内と再度のハネムーンという気持ちにはなりませんでしたが、もう一回結婚式を挙げても良いかな(誰とは言わず)なんて思うほどハッピー、美味しい、でした!