レストラン オゥ レギューム そしてシャトー カップ ド フォジエール

なんか、久しぶりにゆっくりと美味しいものを食べたかも。

昨晩は仕事の関係でフレンチレストランに行きました。『レストラン オゥ レギューム』です。店名は『野菜と共に』ということらしく、野菜がたっぷりのフレンチでした。

画像

レストランで写真をパシャパシャ撮るのは今ひとつ憚られるなぁと思う性格ゆえ(ほかの方のそれを否定する気はありません)、残念ながら私本人が食したものではありませんが、なにせ野菜が美味しいのです。その甘みといったら、今までの野菜の観念を超えています。いい素材をしっかり調理してあげると、ここまで素晴らしくなるんだなぁと感心することしきりでした。プリセット旬の付きだし、選べる前菜、選べるメイン、選べるデザートもしくはチーズにコーヒーがついて4,800円は、この味ならかなり満足の安さでした。お酒を飲めない方と一緒でしたが、私は遠慮なくワインを頂きました。一人ですのでボトルは無理ですから、ハウスグラスでシャルドネとムールヴェードルの赤、そしてデザート時には貴腐ワイン。ハウスワインは全てオーガニックでしたので、香り豊かで味もしっかりしていましたが、余韻は控え目のさっぱりしたものでした。このお店、ワインの持ち込みもOKです。一本につき一人500円というリーズナブルさ(ってかムッチャ安い)ですので、次回チャンスがあれば是非持ち込みたいです。

まっ、サクッと終わって二次会も無しで別れて家路につきましたので、飲兵衛の私には少し物足りない(笑)。というわけで、自宅に戻ってから、一人『家ワイン』。本日のワインは、シャトー・カプ・ド・フォジエール2006。コート・ド・カスティヨン、フランス・ボルドーです。

画像

香ばしい甘い香りと、濃厚ながら滑らかな味わいが広がります。メルロ85%、カベルネ・フラン10%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%のアッセンブラージュ。黒系果実主体の味ですが、メルロメインなので丸く優しい感じです。個人的にはもう少しパンチが欲しいなぁと思いつつ、この値段(税込み3,200円)でこの卓越したバランスなら文句無いのかもしれません。う~ん、でも3,000円オーバーを考えると、もう少し強い訴えかけがほしいなぁ・・・って贅沢?
エノテカ、ブドウ飲み比べ6本12,000円セットの一本でした。

この記事へのコメント

2010年01月10日 14:46
このワインは未飲ですが、
兄貴分の「シャトー・フォジェール」は大好きです。
おそらくこちらもボク好みだろうと想像します。
試してみたくなりました。
nao
2010年01月10日 14:47
美味しそう
近頃は懐石(しかも見てるだけ、たまにつまむ)ばかりなのでフレンチ&美味しいワインが恋しいです 
野菜のフレンチは身体の中がキレイになりそうですね
2010年01月11日 08:56
おかしいなあ、このレストラン、わんこそばはメニューにないのですか?
困ったなあ?
監督さんは、ひとり「家ワイン」のときは1本飲んじゃうんですか?
監督
2010年01月11日 12:12
>ヴィーノさん
はい!ヴィーノさんの好みだろうなと思いながら飲みました。私はラテン調『ど~だぁ~』っていう訴求力が強いニューワールド系が好きなので、いま少しって感じでしたけどね(笑)。

>naoさん
野菜をメインのように扱うお店ですが、もちろんメインには肉も魚もふんだんにあります。かならず野菜がしっかり調理されて添えられますけどね。いやぁ美味しかったですよ。もっと食べないと私の体はきれいにならないような気がしますが・・・(苦笑)。

>かわいさん
わんこフレンチっすか!?いやぁ、すごい光景になりそう
「家ワイン」ですが、一本飲んじゃうのは稀です。大体は3日に別れますね。味を少しでも守るために、『シュポシュポ』と瓶内の空気を抜く『ワインキーパー』を使ってます。
2010年01月11日 18:06
こんばんは~♪
先日お伺いした時には、この記事はUPされてなくて失礼しました。
毎年6月誕生月には上京して長い滞在をします。
このレストランの事を手帳に( ..)φメモメモしています。
お野菜が新鮮で私はランチに行ってきます!
食べ物の情報は嬉しいですね~サンキューでした
監督
2010年01月11日 19:03
>ミモザさん
ここは自信を持ってお勧め出来ます。ぜひ行って、美味しい料理を堪能されてくださいね!

この記事へのトラックバック

  • 自己紹介 フランスワイン紹介サイト

    Excerpt: フランスワインに特化した、フランスワイン通販のご紹介です。フランスワインといっても、産地によりたくさんの種類があります。これに、年代モノのヴィンテージを加えるとフランスワインだけでも、膨大な種類になっ.. Weblog: フランスワインを楽しみましょう racked: 2010-02-03 08:41