桂花ラーメン 立川ラーメンスクエア

久しぶりに立川ラーメンスクエアに行きました。

客先に行く途中、ちょうどお昼の時間だったので立川ラーメンスクエアに久しぶりに立ち寄りました。今年4月から出展しているという『桂花ラーメン』で太肉麺(ターローメン)という豚の角煮と味玉&きゃべつの入ったラーメンを頼みました。

画像

先ずはスープ。豚骨とチキンのダブルスープですが、コッテリ感は無く、結構サラッとしています。これに『マー油』という店独特のにんにく油を加えて仕上げています。最初はほどほどのコクと鶏がらの旨みが出ていて良いなと思いましたが、最後のほうは少し塩分が強すぎに感じました。全部は飲めません。

麺は太め固めのストレート麺で、かん水を控えているために小麦のうまさが際立ちます。これは美味いぞと思いましたが、少しにっちゃり感があり残念です。でも、ここまで小麦の味を感じる麺はなかなかないので、これはこれで良いのかもしれません。

トッピングですが、味玉は醤油が強すぎて『しょっぱい』です。豚の角煮はトロトロに仕上がって美味しいのですが、やはりこちらも醤油味が強すぎます。キャベツは生を刻んだだけですのでシャリシャリしてグッドですが、一度湯通ししてからのせてくれればもっといいのになと思いました。あとは茎若布とメンマですが、こちらはごく普通でした。

総じて言うと『残念』でした。950円の感動は無いです。もう一度食べたいかと聞かれれば、首を縦には振らないと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック