超久しぶりの国内出張 (なだ万のお弁当)

担当客先のロケーションと特性ゆえ、国内出張ではなくサンディエゴ出張の多い私ですが、久しぶりに日帰り国内出張(静岡県掛川市)に出かけました。電車で食べるお弁当も超久しぶり♪

飛び込みの客先問い合わせがあったものの、ビジネスにつながる可能性はかなり低そうだったので電話とメールで済ませようと思っていたのですが、先ずは来て説明してくれと、丁寧なるも強い語気での依頼であったため、仕方なく(おいおい、よろこんでぇ~って言えよ!)日帰り出張と相成りました。

現在の会社に転職した当時は一人で全ての客先をこなしていたので(今考えると恐ろしい)、相馬、日立、名古屋、岐阜、大阪、広島と年中飛び回っていたのですが、今は東京・千葉・神奈川の客先のみのため、国内出張は殆んどありません。でも、たまには良いですね、出張と呼べる距離の客先訪問。なにせ、つり革につかまらずに、席がちゃんとあるところがグッドです。久しぶりの新幹線ですから。
画像


出張・新幹線といえば、お弁当でしょうということで、エキュート品川をウロウロしていると、なだ万厨房を発見しました。いわずと知れた『なだ万』プロデュースのお弁当です。7~8種類のお弁当が並んでいましたが、みんな結構高いです。私の年代だと、お弁当=800円前後ってな感じなのですが、いちばんやすいものでも1,050円しちゃうんです。他の店のものにしようかとも考えましたが、下から2番目ランクの『桐』1,575円なりをスイカでチャリ~ンして購入しました。
画像

ちなみに月別の献立になっているようですが、この上の『葵』は2,100円、『藤』は3,150円! 季節のお弁当『はながすみ』は1,890円、『春彩菜弁当』は2,685円と、セレブっちゃってます。でもね、お店の人に聞いてみたら、高いものからうれてっちゃうそうです。おば様方が、お昼用に買っていかれるとのこと。もちろんお宅でお召し上がりです。なんだかなぁ~。

ほいでもって中身はこちら。『なだ万』謳うだけあって、美味しかったですよ♪
画像

ご飯は、銀シャリと五目御飯が半々で少しずつ(私には十分ですが、育ち盛りにはぜんぜんたらない量)。お弁当箱の3分の2を占めるおかず類は、たいへん充実しています。

口取; 切り昆布・つきこん・油揚げ煮、絹さや、松笠烏賊バター焼、ジャガ芋バター正油、帆立貝生姜煮、花びら百合根、厚焼玉子、源氏蒲鉾、花豆、赤パプリカ
中向; 赤魚祐庵焼、合鴨ロース、山桃ワイン煮
強肴; 鮭入り真丈ピリ辛揚げ
煮物; 六方里芋、筍、南瓜、茄子オランダ煮、桜花人参、蓮根田舎煮、インゲン

ねっ、21品もありますですよ!
これが、みんな美味いんだなぁ。お弁当用ですので味付けは少し強めですが、素材本来の味をしっかり残しているところが素晴らしいです。なかでも、ホタテの煮たやつとナスのオランダ煮(オランダ煮ってなに?)、ジャガバタ醤油味(ホクホクとしっとりがしっかり両立)が絶品でした♪

温かくなくても美味しく食せるように、調理を工夫しているんでしょうね。
いやぁ~、美味しかったです!!

・・・・・・っちゅうことで、国内出張に名を借りた、お弁当レポートでしたぁ~♪

この記事へのコメント

@KID
2008年03月18日 18:45
お疲れ様です!^^

お茶ですか・・・、新幹線でお弁当って言えばビールかなと!そ、仕事前に1缶。^_^;
監督
2008年03月19日 15:49
仕事前に1缶は喉手ものなのですが、さすがにはじめて合う客先の場合は超ダメダメでしょう。
帰りならバッチシなんですが、こんどはお弁当ないしねぇ。(夕飯食えなくなっちゃいまんがな)

この記事へのトラックバック