麺処 かつ善(川越市)& スポの整備

あ~ぁ、緊急事態宣言出ちゃった。 こりゃ、2月7日まで店は全面休業だな。
ま、国や都の要求に先駆けて独自全面営業自粛してたから、それが伸びるだけだけどね…。

そんなかんなで有り余る時間を使って、且つ密を避けるためにピーク時間を外してL.O.時間近辺を狙ってスポでラーツーしてきました。

DSC_0134.JPG
伺ったのは監督的2020年評価第1位の『麺処 かつ善』さんです。

DSC_0135.JPG
いただいたのは『淡麗塩そば』(770円)。 前回は味玉付きの870円でしたが今回はスタンダードのそれ。 でも、味玉が半分のってます。 ラッキーなことにサービスだそうです。昨年同様、むちゃくちゃ美味いです。 敢えてマイナスポイントをつけるとすれば、香味油が少し多いかなぁと思いますが、ここは個人の好みが大きく出るところなので絶対的なマイナス点ではないと思います。 かつ善さんは昨年評価1位なので、殿堂入りということで今年は点数付けしません。^^)/

平日で閉店時間間際だったこともあり、食事を終えて外の喫煙所で一服していたら大将が出てきたので少しお話をしました。 私的昨年評価第1位であったことをお伝えすると、恐縮しながらも大変喜んでいただけました。
バイクもクルマもお好きとのことで、なんか一気に近しくなった気がして私も嬉しかったです。


さてさてスポ整備の件ですが、最近アイドリング時にクシャミ(エアインテーク付近からプスッ、パスッ、パンッと音がして一瞬エンストしそうになる)をするようになっていたのと、走り出しの低回転時に息つきをして吹け上りが悪くなり、ひどい時にはエンストしそうになる場面がけっこうあったんです。 クシャミは以前からもエンジンが温まるまではたまにありましたが、吹け上りの不調やエンストはさすがになかったので、吸気系と点火系を見てみることにしました。

DSCN4423.JPG
インテークのハイフローエアフィルターをばらしたら、内部のネジが緩んでいるところが何か所かあり、部品の固定が緩くなっていたために二次エアの吸い込みがあったと思われます。 すべて締め直して元に戻したのですが症状が変わらなかったため、点火系を疑うことにしました。 んで、購入したのがコレ。 プラグのギャップゲージです(まぁ普通の人は持ってませんもんねぇ)。

DSCN4424.JPG
スポはエンジンむき出し且つ左側に点火口があるのでプラグの交換は非常に簡単です。 コードを外して車載工具のプラグレンチで緩めるだけです。

DSCN4425.JPG
スポーツスターに使われる純正プラグのギャップは0.96~1.09mmと指定されています。 これはリア側のプラグを測った時のショットですが、フロント側のギャップも1.05mm付近で規定内でした。 う~む、じゃぁなんで調子悪いの?ってことで、思いっきり素人考えではありましたが、フロントもリアも少しアース側を曲げて、共にギャップを0.95mmぐらいに狭めてみました。 全く根拠ありませんし、規定外のエリアに0.01mmほど入り込んでしまうのですが、「電極同士が近ければミスファイアは誘発しない」ってだけの考えで試してみようと思ったわけです。

DSCN4429.JPG
プラグはホールに戻す前にシリコングリースを塗って焼き付き防止を。

DSCN4430.JPG
止まるところまで手で回して最後はレンチで四分の一回転させておしまい。 トルクスが無いので、手ルクスです。

強い北風吹きすさぶ中、4号バイパス、16号バイパスで走ったり止まったり低速走行したりしましたが、問題は完璧に解消されました。
いやはやなんとも、こういうのをカット&トライって言うんですかね。 素人整備ですが、一発で決まって大満足です。

"麺処 かつ善(川越市)& スポの整備" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント