家内のネットブック改造

またまたDIYでごじゃります。^^)/

DSCN4323.JPG
8年ぐらい前に「あたしもパソコンやってみようかなぁ」とか言い出したので、様子見初号機として購入したAcerのAspire one D257。 長続きするかどうかわからなかったので、お手頃価格のネットブックを購入したわけです。 これ、ディスプレイは10.1インチ、CPUはインテルAtom N570、クロックは1.66GHzで1コア2スロット、メモリーは1GB、HDD 320GBと完璧な入門用マシン。 OSもWin7のスターターって省コストタイプです。
ここ数年まったく触れていなかったのに、コロナ禍でヨガとピラティスのクラスが通いからZoomになっちゃったので「スマホじゃ画面が小さいからネットブックで出来るかなぁ?」と相談してきました。 できるとは思うものの如何せんスペックが低いしメモリーも全然少ないので、とりあえず少しはマシに動くようにメモリー増設(ってか空きスロット無いので交換)とHDD/SSDの換装を行うことにしました。

DSCN4330.JPG
ネットでSSDとメモリーを購入。 メモリーは1GBから2GBへ換装(Win7 Starterは2GBまでしか対応しない)。 HDDは320GBが搭載されてましたが、使用領域は50GB程度だったのでSSDは240GBに押さえました。

DSCN4331.JPG
まずはSSDを初期化してからクローンの作成。 USBは2.0しか搭載していないのでクローンの作成にも時間がかかることが予想されます。

DSCN4335.JPG
案の定、たかが50GB程度のクローン作製に56分強を要しました。^^;

DSCN4336.JPG
クローンの作成が終わったら、メモリーとディスクを換装するために本体をばらしていきます。 まずはバッテリーを外して放電させて、その後は裏蓋を開けるために赤線で囲ったキーパッド部分に細いマイナスドライバーを差し込んで慎重にパキパキと外していきます。

DSCN4337.JPG
キーパッドを外すといくつかネジが止められているのですが、DOORと書いてあるネジを5個外せば裏蓋固定が解除されますので、裏蓋も隙間にマイナスドライバーを差し込んでパキパキと外していきます。

DSCN4337a.JPG
バッテリーを除いた本体部が三枚に下ろせました(魚かっ!)。^^)

DSCN4338.JPG
メモリーは両サイドの金具を外側に動かすとピコッと起き上がるので、あとは慎重に外して新しいメモリーを差し込んで元に戻せば完了。

DSCN4339.JPG
ハードディスクドライブは引き起こしてソケットを外すだけで取り外せます(固定ネジ等は無い)。

DSCN4340.JPG
外したソケットにクローン作製済みのSSDを差し込んで元に戻せば完了です。

DSCN4344.JPG
メモリーは容量が倍になり、HDDからSSDに換装したことでアクセスが総合的にずいぶん速くなりました。 まぁCPUがしょぼいのでナニですが、監督的には「使うに堪えない」から「少しは使う気になる」程度にはなりましたし、家内の使用用途であれば十分使えるレベルにはなったと思われます。

ま、「遅くて使い物にならない~!」って言ってきたら購入を考えましょ。^^)




- - - - - おまけ - - - - -

rip1.jpg
半年ほど前に車止めにぶつけて割れてしまったフロントリップ。 ぱっと見は二つに避けただけですが、奥で三つにバラけちゃってたようで板金屋さんは苦労したようですが・・・。

rip2.JPG
何とかきれいに直していただけました。 よかった、良かった。^^)/

"家内のネットブック改造" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント