本格中華茶館『悠香房』 & 『第4回きたもん祭』

中学時代の友人が横浜中華街で経営する本格中華茶館『悠香房』を訪ね、お店前の道路で開催されていた『第4回きたもん祭』を観てきました。

画像

こちらが友人の経営する本格中華茶館『悠香房』。60年ぐらい続いた床屋さんの店舗を大幅改装して今年の5月に開店したそうです。大手国内メーカーを早期退職して50歳過ぎに経営者になるってすごいですよね。感心しきりです!

画像

店内はこんな感じで、静かに本格的な中国茶を楽しめます。中国雑貨や書籍も販売しています。彼は前職で上海に長期滞在していましたので、仕入れも個人ルートでバッチリ。中国茶と雑貨の販売のみならず、文化交流や中国進出の手助け等もやっています。
悠久の時間をあふれる中国茶の香りとゆっくり楽しみたければ、ぜひ訪問してみてくださいね♪

画像

今回こちらを訪れたもう一つの理由はこちら、『第4回きたもん祭』です。
横浜中華街関内方面の玄関口である北門通り。まさに彼のお店の前の通りで、毎年恒例の『きたもん祭』が開催されていました。
ポスターにもあるように、きたもんスーパーライブ、カンフーシューズ飛ばし大会、カクテル作りセミナー、中華獅子舞等、盛りだくさんのイベントが開催されました。

画像

特設ステージで行われたスーパーライブ。このライブで、同じく中学時代の同級生であった『HAOW(宮本好)』さんが演奏されました(写真は別の方のライブ)。
彼女のライブは午前に2回行われたのですが、私は前日晩の客先接待でダウン。二日酔いで起きられずに、彼女のライブを見のがしてしまいました。好ちゃん、メンゴ!

画像

特設ステージから奥、車を通行止めにして開催された名物の『カンフーシューズ飛ばし大会』。老若男女入り乱れての楽しい大会です。事前登録が必要でしたが、大勢の方が参加されたようです。

画像

えいっ! と気合の一蹴り! 顔は真剣ですが、皆さん競技の後は笑顔しきり。 景品もいろいろ用意されていたようです。
何とこの日、世界記録を超える到達距離が出たのですが、ギネス申請をともなわない大会であったため、登録はされないようです(残念)。

画像

ひとしきり祭を堪能した後は中華街散策です。3日(土)文化の日で祭日でしたから、人も結構出てましたね。
歩いているとしきりに天津甘栗試食の声がかかります。そのたびにもらっていると、それだけでお腹いっぱいになりそうな感じです(笑)。

画像

すごい街ですよね! 中国語がバンバン飛び交って、こんな風景を見ていると、ここって本当に横浜!?って思えてきます。
自宅へのお土産を買って、のんびりと散策を済ませてから『悠香房』さんに戻り、次回の飲み会日取りを決めて(笑)電車で帰宅しました。

あれっ、クルマでもバイクでもないのかって?
理由は、こちら。

画像

本日の私の出で立ちでごじゃりまする。
和服で中華街は少しばかり目立ったようで、けっこうな人たちにガン見されちゃったですね。

日本文化を代表する和服で中華街を散策して中国茶を飲んでライブを観る。
文化の日を堪能できたかも♪

"本格中華茶館『悠香房』 & 『第4回きたもん祭』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント