懐かしの IC-375D

店が全面休業で毎日あまりに暇なので、押し入れ引っ掻き回して22年ぶりにリグを出してみた。
ベランダの物干し竿受けにモービルアンテナつけてみたけどほとんどなにも聞こえない。…だよなぁ。ToT

IC-375D.JPG



- - - - - 1月19日追記 - - - - -
AMの文化放送って、FM(91.6MHz)でも聴けたのね。
しっかし、何やってんだか…。^^;

IC-706MK2G.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヴィーノ
2021年01月18日 20:04
22年前の機械が残っていることがスゴイですね。僕、使わないものはドンドン捨てちゃうタチなので。(^_^;) 大切な機械だったんですね。
監督
2021年01月18日 23:28
>ヴィーノさん
私もどちらかと言うとポイポイ捨てちゃって、「あ~ぁ、捨てなきゃよかった」って悔んだり、「え~っ、捨てちゃったの!」って怒られたりするタイプですが、これは!というものは呆れるぐらい長いこと保存してます。
ちなみに、高校2年生(44年前)の時に買ったFT-101ESという無線機もいまだに保存してます。^^;
らん太郎。
2021年01月19日 17:48
今でもやられてる方
結構要るんでしょうか?

一部の商用車に
無線ついてますけど
媒体というか大元はSoftBankで
本来のそれとは違うシステムなのかなぁと察してますけど…。
監督
2021年01月19日 18:55
>らん太郎。さん
アマチュア無線人口は激減してるみたいですが、なかにはまだやられてるかたもおられるようです。
趣味としては、かなりマイナーな部類になっちゃったみたいですね、残念ながら。
業務用(商用)無線には150MHzや400MHz帯を使う昔ながらの簡易無線型もありますが、最近では携帯電話網を使った業務用IP無線機がメインみたいです。位置情報も同時に取り込めるので、タクシーやトラックに重宝されているようです。
2021年01月21日 22:01
アマチュア無線の事を、昔ハムって言ってたのを
思い出しました。
意味も分からずに(;^_^A
監督
2021年01月21日 22:56
>りーにんさん
由来には諸説あるのですが、大根役者(アマチュア)のことを英語でhamと言うとか、Amateurの最初の二文字を取ってアム(英語発音だとエム)だと言いにくいのでHをつけたとか…。^^;
ちなみにアマチュア無線家をハムとは呼びますが、アマチュア無線そのものはAmateur radioもしくはHam radioと言います。
2021年01月26日 14:41
昔の機械ってホントに美しい。
今の見場だけ佳いのでは無く、使う人が使いやすいスイッチ配置してたり。
メーターもデジタル表示だけで無くアナログメーター使ってるところなんか…見てるだけで垂涎モノです。
先の記事にあった戦前の情報収集のための機械…アレだけのものがあっても戦争から撤収出来なかったのは何故なんでしょ。
そんなことを考えてしまいます。
監督
2021年01月26日 16:36
>おーちゃんさん
こういうメカものって男心をくすぐり倒しますよね。^^;
日本の耳は性能良かったのかもしれませんが、日本の頭はまだまだだったのかもですね。^^;