デスクトップPC復旧・・・?

もうね、意地で直しましたよ!

過去記事でご存じのように原因不明で全く立ち上がらなくなってしまったデスクトップPC。ノートパソコンを改造して快適になったので捨てちゃおうかと思ってたのですが、そこはそれ、いちおう電子工学院専門学校卒なので、やるだけやってみないと気が済まない故、ダメもとでいじり始めたわけです。自粛でマーヒーだしね。^^;

DSCN4110.JPG
10年前に次男用として購入したGatewayのDX4840-H54E/GL。OSはWin7の64bit、CPUはCore i5 750の2.66Ghz(4コア 8Mキャッシュ)、メモリーは4GBから増設して8GBのDDR3、HDDは640GB、ビデオチップはnVIDIA GeForce GT320からアップグレードしてGTS450と改造後のノートパソコンより内部ストレージを除けばかなり上のスペックなので、壊滅的に壊れたのなら仕方ないけれど直せるなら直してメインで使いたいなと思いました。

DSCN4111.JPG
まずボディの蓋を外して内部を軽くエアダスターで清掃。

DSCN4112.JPG
しかしながらよく見ると、メモリーソケット周りとかCPUファン周りとか、見ていけばいくほどそこらじゅうが埃だらけでひどいもんでした。まぁ10年も使ってりゃ、かつ掃除もしてなきゃこうなるよね。

DSCN4114.JPG
こうなったら徹底的に掃除しましょ!ってことで、ケーブル類の外せるものは極力外して、各部品のコネクター部分もアルコール液で清掃。静電気で各部品を破壊しないように注意しながらね。

DSCN4115.JPG
メモリーソケットもしっかり掃除・・・したつもりだったんですけどね。(顛末は本文後半で)

DSCN4113.JPG
デスクトップに搭載のメモリーカードはDDR3 1,333Mhz SDRAM。なぜ次男がこうしたかはわかりませんが、2GBが二枚、4GBが一枚という8GB構成です。これらメモリーカードも端子部分をアルコール液できれいに清掃しました。

DSCN4116.JPG
こちらはマザーボードのCMOS保持用電源として働くボタン電池。BIOSが立ち上がらない状況下で電源を入れたときにピッピッとビープ音が二回だけなっていたのでCMOS設定エラーを疑って外した後にテスターで計測したところちゃんと3Vありました。

DSCN4118.JPG
本来は放電用のジャンパーソケットがあるはずなのですが、見当たらなかったのでボタン電池ソケットのプラスとマイナス端子をマイナスドライバーで同時接触させて放電しました。

DSCN4119.JPG
右が外した古い電池、左が新品の電池。上記のように古い方でも電荷がしっかりあるのでそのままでも良いはずなのですが念には念を入れて新品に交換します。

DSCN4120.JPG
このボタン電池。外すときは細いドライバーの先でポロっと外れるのですが、ソケットに装着するときは手が入りにくい場所にあるのでなかなか装着できませんでした。仕方がないのでnVidiaのグラボも筐体から外して(赤矢印のソケットに刺さってた)装着しました。

DSCN4121.JPG
最後にすべてのコネクターを元に戻して筐体の蓋は開けたままディスプレイとキーボードのみを繋いで電源オン。同時にF12を長押ししたら、なんとBIOSが立ち上がりブートオプション画面が表示されました。

DSCN4122.JPG
BIOSさえ立ち上がればなんとかなるぞ!というわけで、さっそくノートパソコン側でWindows10のクリーンインストールSWをマイクロソフトのHPからダウンロード。デスクトップパソコンのライセンス番号が残っているので無償でダウンロードできます。この作業、ノートパソコンをアップグレードするわけではないので、ダウンロードオプション選択時に間違えずに「他のPCにインストールためのUSBメモリーにダウンロード」を選ぶj必要があります。USBメモリーは8GB以上が要求されますので、余裕をみて16GBのそれを使用しました。

DSCN4123.JPG
ダウンロードが完了したUSBメモリーをデスクトップパソコンに挿してブートオプションで外部USBを選んで(通常は内部HDDになってる)ブートを開始。お~~~っ、セットアップ準備開始画面が現れました!

DSCN4125.JPG
必要項目を入れてセットアップを開始。途中いくつかのインプットを要求されますが難しいそれではないのでサクサクと処理。この丸い小さなクルクルが出てるってことは正しくインストールが進んでる証なので、あとはひたすら良い子にして待ち続けます。1時間とちょいかかりますので、決して途中で電源ボタン長押しとかして強制終了させてはいけません。

DSCN4127.JPG
うぉ~~~っ!Windows10の窓マークが出現~~~!正しくインストールされました。

DSCN4129.JPG
アカウント設定をしてパスワードを登録すればスタートアップ画面に到達。長い道のりでした。

DSCN4128.JPG
昨晩のマイワークベンチ。タワーが元の位置に戻り、サブのノートパソコンと店で使ってる2in1のミニノートパソコンがデスク右サイドへ。そりゃ~すがすがしい気持ちでビール飲みながらの晩飯タイムになりましたよ。でもね、結局壊れてる部分そのものは発見できなかったんですよね。少~しすっきりしない感は否めません。


DSCN4130.JPG
明けて本日。なんとは無しにシステム設定のPC情報を開いてみたら、え~~~っ、なんでRAM(内蔵メモリーね)を6GBしか認識してないの?2+2+4で8GB挿してるっしょ!

DSCN4131.JPG
以前は同一の組み合わせで8GB認識してたのになぜ?と思いつつも、2+2+4って構成はやっぱりよろしくないのかな?などと何の根拠もない疑問を自ら定義し、「どっかにあったはず」と机の引き出しを引っ掻き回したら出てきましたよ、4GBメモリーカード。よっしゃ!ってわけで4+4の構成に変えて再び電源オン。画面を見ると8GB認識はしてるものの3.99GBの使用制限がかかってる。どういうこと~~~?
この後、2枚の2GBと2枚の4GBカードをいろいろな組み合わせでやってみましたが、いずれも使用制限がかかったり、挿してる分よりも一枚分少なくしか認識されなかったりで




・・・と、ここまで書いたら急にフリーズして勝手に再起動を繰り返す一番最初の症状が出たので電源ボタン長押しで強制電断。
時間をおいて再度試すも変わらずでWindows10立ち上がらず。

仕方がなく再度蓋を外してメモリーボードを一枚抜いて(4GBの以前システムでは使っていなかったもの)再起動したら何とか立ち上がりました。PC情報を確認すると8GB認識で使用制限なしだったので、クロムブラウザーを立ち上げたら幸いにも書きかけの記事本文が残ってたので再開。でも、またどこかでとまるのかなぁ・・・。(´;ω;`)ウゥゥ

二段落上の文章に続くはずだったのは以下の写真でした。
DSCN4132.JPG
4枚のカードをすべて認識して12GBのパワフルメモリーになったんですが、けっきょく突然落ちるようじゃダメですよね。この追加で挿した4GBのメモリーカードは、もしかしたら不具合が生じるゆえに次男が外していたのかもしれないと思い、上記のように再度スロットから抜いて8GB構成に戻したわけです。

Note vs Desk WinSAT test result comparison 200517.png
こちらは12GB搭載時に計測したWinSATですが、左の改善後のノートパソコンに比べてもCPU、Graphic、Memoryでスコアが上がってるのが分かると思います。まぁCPU性能が元から違うし、タワーにはグラフィックボードが入ってるし(ノートはマザボ搭載のグラフィックチップ)、メモリーもノート8GBに対してこの時点ではタワー12GBですから当然といえば当然。惜しむらくはDiscスコアが5.9と大幅に低いんですね。これは、内部ストレージがHDDかSSDかの違いなので、やはりノートパソコンに搭載したSSDは素晴らしいということですね。


この記事本文、途中まではルンルンで書いてたんですが、今は「いつ落ちるか?」とドキドキしながら作ってます。
なので最初のタイトル、実は『デスクトップPC復旧 (^^)/』だったのですが、アップ前に『デスクトップPC復旧・・・?』に変更しました。
さてさて、ノートよりPerformanceは少し高いけどいつ落ちるかわからないデスクトップを使い続けるか、はたまた潔くあきらめてノート君に全面変更するか、今しばしドキドキ前提で使い続けてから最終結論を出そうと思います。

しかし、本当のところ何が致命的に悪いのか判別できないってのは辛いなぁ・・・。
(メモリーなのか、ソケットなのか、HDDなのか、CPUなのか・・・・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

らん太郎。
2020年05月18日 01:25
その専門学校
その昔、頭に“日本”がついてたとこですよね?

蒲田の。
ヴィーノ
2020年05月18日 07:18
いやいや脱帽です。原因がはっきりしないとはいえ、ここまでできるのはさすがですね。僕なんか筐体を開けるのも怖いですもん。
この先の展開も興味津々です。あ、オーディオも。(^。^)
監督
2020年05月18日 10:37
>らん太郎。さん
さいでおまっ!
勉強大好きだったので、3年間(正確には2年半)も通っちゃいましたよ。^^;
監督
2020年05月18日 10:40
>ヴィーノさん
開けるの大好き!^^)/
でも、いつも完璧には直らない。^^;
オーディオはですねぇ、スピーカーエッジが全然届かずに、出品者と散々やり取りしたあげくにキャンセルしちゃったので大延期になっちゃいました。(ToT)
2020年05月19日 08:06
デスクトップ復旧チャレンジ、素晴らしい。
でも何が原因か解らないのは不安ですネ。
HDDの故障の確率多いような気がしますけど…。
フリーソフトのClystal Disc Infoッと云うのでHDDをチェックされるのもひとつかもです。
CPUの故障は経験無いのでリンダ困っちゃう。
2020年05月19日 10:13
お疲れ様です!
大変ですね。
てか、私とレベルが違う。
あの混乱の中を、、、、。
って、acer買収以降か!(^^ゞ
あれって、もう20年くらい前?
結婚後初のPCはGATEWAYで牛柄の箱あったな~。
監督
2020年05月19日 11:07
>おーちゃんさん
その後いろいろ精査して、「これ、ちゃうか?」っていう複数原因ポイントに絞り込みました。Clystal Disc Infoは私も入れてます。現在は問題無しの青表示ですが、代替処理済みのセクタ数がメーカー標準のしきい値に近くなっていることが少し気になります。CPUは本来そうそう壊れませんが、壊れちゃったら壊滅的にアウトですね。^^;
監督
2020年05月19日 11:13
>トリバンさん
いえいえ、半分暇つぶし的な…。^^;
GatewayのAcerによる買収は2007年、吸収は2009年ですから、このモデル(2010年製)はブランド名だけのAcer製品ですね。
『牛パソ』って言葉知ってる人、少ないのかなぁ。^^;
りーにん
2020年05月19日 11:39
知識がないと、ここまで出来ない作業。
私にはできません。
この先も、止まる事なく働いて欲しいですね。
ノートもいいけど、デスクトップの方が
作業しやすいもんね(^^)
監督
2020年05月19日 14:39
>りーにんさん
知識はそれほどなかったんですが、サブのノートで検索しながら少しずつ進めました。
このまま動き続けてくれれば、さらなる改造を進めます!^^)/