佐野厄除け大師とZ3クリーニング 200201

厄除けのお祓いは立春までに行うのが良いとされているらしいので行ってきたさ!^^)

DSC_0139.JPG
既報のようにスポがドック入りなのでZ3で出かけました。 えぇえぇもうね、新しいとこの探索が面倒臭くなってきちゃいましてね、なにも悩まずに此方を訪問です。(すんげぇ逆光だったので少し加工)

DSC_0138.JPG
今回は阿波家さんのデフォである支那そば(醤油味の商品名)です。 う~ん、美味い! 塩も醤油も美味い! やっぱ出汁が秀逸なんだろうなぁ。 だめよーだめだめ!と思いながらもスープ完飲です。^^;

DSC_0141.JPG
本題の佐野厄除け大師です。
金曜営業が深夜まで及んだので、昨日土曜日はのんびり起きてZ3を軽くふきふきしてから出発。 阿波家さん到着は午後1時45分。 そのまま下路を走って惣宗寺(佐野厄除け大師の正式名)到着は午後3時半。 最終ひとつ前のお祓いに滑り込みセーフで本堂へ。 写真を見る限りかなり空いてますが、本堂内はきつきつの大盛況でした。
厄年は数え年で判断するのが一般的ですが、惣宗寺では男女61歳の本前後厄のみ満年齢で数えます。 んなもんで私は本年本厄。 お祓いいただくとともに、家族の平安をお願いしてきました。
ま、気持ちの問題ではありますが、いちおうね。^^)

DSCN3970.JPG
帰路は久しぶりに東北道に乗ってジェントルに『ぬうわ』クルージングを堪能。 しかしながら西日を浴びた際にフロントガラスとリアスクリーンの汚れがひどくて見にくかったので今日はZ3をしっかり洗車、そしてガラスとリアスクリーン磨き。 Z3のリアスクリーンはガラスではなくビニールなので、ちょっとしたことで傷がつくし汚れが取れにくいんです。 極細のコンパウンドでやさしくしつこくやるのですが、なにせ作業性の悪い場所なので体をひねりながら作業は骨が折れます。
これまた面倒なのがホイール洗い。 シュニッツァーのタイプ3を別注で白塗装してますので(オリジナルはシルバーのみ)、ブレーキダストがたまるとムッチャ汚く見えちゃうんです。 でも、ここがきれいだとクルマ全体がビシッと決まるんですよね。 BMWのエンブレムは青い空と白い雲の中でプロペラが回っているのをイメージしたものなので、トパーズブルーのボディに白のホイールはピッタリなんです。
疲れたけど、久しぶりにきれいになりました。^^)/



- - - - - おまけ - - - - -

Shinmichi.jpg
伝説の恋愛ドラマ『東京ラブストーリー』のリメイク版が春にFOD配信されるとの話を聞いて、久しぶりにご本家作品をゾンアマプリメで一気観したところ、第10話の途中で「えっ!」というロケ地を発見。なんと、しんみち通りやんかぁ。\(◎o◎)/!

Keitai.jpg
『東京ラブストーリー』はケータイが無い時代だったからこその『すれ違い』がドラマを構成する重要なファクターだったと思うのですけど、今春の現代版ではどうやってそのすれ違いを描写するのかが少し気になったりします。 ドラマの初回が放映されたのは1991年の1月。私はM社厚木営業所の若き所長だったので会社からケータイを貸与されてましたが、その時代、ケータイを持ってるのは芸能人かヤ〇ザだけなんて言われてましたから、ケータイ持ってるだけで飲み屋の尾根遺産たち(笑)にムッチャもてたのを思い出します。^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年02月02日 22:43
厄除けのお祓い、やっておかないと、何かあった時
お祓いしやんでやわぁ~って言われますもんね。
やっぱ日本人、お祓いして安心したいですから。

車は、タイヤとメッキ類は綺麗な方がいいですよね。

へぇ~、しんみちでロケされてたなんて、凄いですね。
リメイク版もしんみちに誘致しましょう。
そして監督さんも特別出演とか(^'^)

確かに昔は、ケータイ持っている人限られてました
もんね。監督さんも有名人!
さすがにショルダータイプのではなかったんすね。
らん太郎。
2020年02月03日 01:05
人も車もそうそう、足元が大事
足下みられるとはよく言ったもんですよね


91年は茨城南部担当時代
ポケベルにやっとディスプレイがついたって
喜んでたぞ~

そうそう1回しか行ったことないけど
逆光になるんですよね
しかし、好きですねぇ
でも、その気持ちわかります

ヴィーノ
2020年02月03日 07:26
東京ラブストーリー話題になってますね。どんなキャストなんだろう。かつてリメイクとか続編とかはがっかりすることが多かったけど、最近はデキがいいものが多いですよね。興味津々です。
フランス映画の「男と女」の続編が気になっています。とてもいい映画だったので、続編を見たいような見たくないような・・・(・_・;
2020年02月03日 07:29
前の厄年の時…18年前小四やのにあったのか…厄除けに行く前に人生最大のひどい目に遭いました。
だから、次ん時は前厄の時に行くべきかと思てます。
昔のドラマのリメイクってたいがい失敗に終わってないかなァ。
例えば今、”俺たちの旅”とかしても非難囂々かと。
できれば こけたけれど、役者さんが違たら佳かったのに…ッてドラマの方をリメイクしていただきたい。
誰も持ってないモノ持って 尾根遺産たちにモテてみたい。
今やったらなんなんでしょ。
ギター持ってもモテへんかったもんなァ。
監督
2020年02月03日 13:16
>りーにんさん
リメイク版で店が映ると嬉しいんですけどね。^^)/
監督
2020年02月03日 13:17
>らん太郎。さん
おしゃれは足元から!って言いますもんね。^^)/
監督
2020年02月03日 13:22
>ヴィーノさん
キャストは既に公開されてますけど、ぜ~んぜん知らない人ばっかです。^^;
既に53年前の映画ですが、大人の色香を表した素晴らしい映画のようですね。
ええ、観てないんですよ。
ダバダバダは知ってますが…。^^;
監督
2020年02月03日 13:26
>おーちゃんさん
気持ちの問題とは思ってますが、厄除けには一応行ってます。気持ち、大事ですからね、何事も。^^)
誰も持ってないのに持ってて今もてるもの?
月旅行のチケットとか?^^;