古河詣でからの・・・ 191117

Z3に乗るのは8月の那須・新潟・長野ドライブ以来。 ちょっと風は強かったですが、オープン走行には最高のお天気でした。^^)/

DSC_0134.JPG
んで、まずは三週間ぶりのお薬をもらいに此処へ。('◇')ゞ 思いっきり逆光になっちゃって、Win10のフォトエディターではこれが限界。^^;

DSC_0133m.JPG
帆立メインの魚介に地鶏の香る、塩味のお薬を処方してもらいました。 良薬口に旨し!^^)
ず~っと値段キープで頑張っていましたが、11月から少し値上げしたみたいです。 それでもコレで700円(先月までは650円)なんですから、まだまだ十分コスパ良いです。

食後は4号を北上して50号で西へ。 小山から佐野へと抜けて、右手に紅葉の始まった大平山や三毳(みかも)山を愛でながら、足利から122号へ南下して地元川口へ。 本来ならもう少し北へ行って桐生、大間々、足尾経由で日光へ抜ければ最高の紅葉シーズンなのですがチト訳があって遠出は出来ず。 そのわけとは・・・

DSC_0135.JPG
奥に見える川口医療センターにお袋が入院しちゃってるんですよ。^^;

4日(月)祝日昼前、自室の窓から洗濯物を物干しに広げようと体を少し乗り出した際になんと庭に頭から転落。 両手首骨折に加え、どうも落下時に園芸用の仕切りコンクリートブロックにもろに頭をぶつけたらしく、額を16針も縫う大ケガをしちゃったんです。
痛い痛い助けて~!と騒ぐ声がしたのですぐに2階の部屋から駆け下りて外に出ると血だらけでひっくり返っていたので即時119番で救急車を呼んで一路川口緊急救命センターへ。 額の縫合と折れた両手の応急処置の後、緊急救命センター併設の川口医療センターに即入院。
患部の腫れが引いた8日(金)に両手首にプレートを埋め込む手術をして、11日(月)には額の縫合抜糸と両腕の保護ギブスを外して、13日(水)からは既にリハビリに入ってます。
病気入院ではないのでまだ気持ちは少し楽ですが、なにせ大ケガゆえに私も毎日病院へ面会に。 それゆえ休みも遠出は出来ず、先週末のラーメンは徒歩圏内だったりしたわけです。
もうすでに痛みはほとんどなく、病院内も自由に歩けて食事も好きにしてよい状態であり、数日後にはリハビリ専門の病院に転院して治療に専念する予定です。 高齢ゆえ(来月で84歳)全回復には時間がかかりそうですが、本人は元気で明るくしているので助かります。 年内に自宅に帰れれば良いんですけどねぇ。

これを機に、自宅内外もろもろの箇所に手摺や転落防止のガイドプレート等をDIYでつけていこうと思います。 以前に「転ばぬ先の杖ってやつで手摺や転落防止ガイド着けようか?」って聞いたんですが、「いや、まだまだ普通に出来るから良いわよ」なんて言ってたんですが、ムリにでもその時にやっておけばよかったと後悔しきりです。 お袋自室の窓は床まで開いてるそれではなく、採光用の床からは60cmほどの高さに敷居のある窓なので体が大きくふらつかなければまず落ちることは無いつくりなのですが、高齢者目線で判断しなければいけないんですね。 転ばぬ先の杖、よくよく考えなければいけないと強く思いました。

本日の走行距離、下路ばかりの152Km。
今年の紅葉ドライブは、10月下旬にお袋を裏磐梯に連れてった時のそれでおしまいですな…。^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らん太郎。
2019年11月17日 20:02
監督のことですからそりゃ献身的姿勢に溢れてると思ってますけど
お母様、これでもかってくらいお大事にしてあげてくださいね
脳内出血とか大事に至らなかったのは不幸中の幸い、ホッ

8月以来って
そんなに乗らないこともあるんですね。
監督
2019年11月18日 12:35
>らん太郎。さん
昔の彼女ですら毎日は会いに行きませんでしたが、今回は毎日病院詣でしております。^^;
おかげさまでCTでもMRIでも脳内出血は確認されていないので、不幸中の幸いでした。
バイクとクルマでは、ついついバイクの頻度が高くなっちゃいます。バイクのほうがもともと好きなのに加え、バイクをどかさないとクルマが出せないという物理的事情もあります。^^;
2019年11月18日 22:13
あれれ、監督さんラーメン食べてる場合やないですやん!
っていっても、監督さんにとってみれば薬でしたね。

頭打ってたら、大変な事になってましたが、命に別状なく
良かったですね。
リハビリも大変ですが、励ましたあげて下さいね。
あの時あれをしておけばと後悔する事ってありますよね。
思った時に即行動が大事ですね。
ヴィーノ
2019年11月18日 23:06
それはたいへんでしたね。肝を冷やしたのではないでしょうか。「高齢者目線」が必要なんですね。といってもなかなか分からないですよね。

先日母親(78歳)の手を引いて町中を歩いたのですが、段差や階段など、こんなに障害物が多いものかと驚きました。いままで気にもしませんでした。

お母さま、早く退院できるといいですね。(^_^)
監督
2019年11月19日 12:22
>りーにんさん
お薬はちゃんと飲まないとお医者さんに叱られますんで…。^^;
不幸中の幸いで頭の中には影響せずによかったです。
『すぐやる課』ですね。^^)
監督
2019年11月19日 12:23
>ヴィーノさん
マジ、焦りました。^^;
自分目線ではなく、相手目線で判断行動しなければいけないんだとスゴク思いました。
2019年11月20日 07:33
お母さん、大変な怪我でしたけど復活に向かったはって佳かったです。
飄々としたはっても 帰らはってからのこと考えたら、やっぱり手すり付けがあると安心ですもんネ。
そぉいえばまに日彼女に会わなくても大丈夫でしたけれど、母が入院した時は毎日通ったなァ。
母が大家族の育ちで、大家族を形成したから尚のことなんでしょうけど。
二ヶ月以上車乗ってなかったら お久に乗るの、怖ありません?
監督
2019年11月20日 13:42
>おーちゃんさん
ありがとうございます。
これからDIYでいろいろやっていこうと思います。
クルマはいつ乗っても楽しい以外に感情がありません。^^)/