スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡旅行 180820-21

<<   作成日時 : 2018/08/27 12:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

夏休み三日目は佐渡の二日目からぁ〜♪

画像

午前7時半起床。 湖畔の宿なので、部屋からは加茂湖が一望できます。

画像

シンプルなれど必要且つ十分な宿の朝食。
イカ刺は甘いし、海草のお椀も美味しい。 なによりも、鯵開きの一夜干しを炙ってすぐ熱いうちに食べられるのが嬉しかったです。(安宿のそれって、カピカピだったりするじゃん)

画像

9時には宿を出発して最初のポイントはココ、姫崎灯台です。
佐渡で初めての灯台として、1895年に点灯。 現存する日本最古の鉄造りの灯台で、その歴史的・文化的価値を認められ「世界灯台100選」にも選ばれているそうです。 佐渡の玄関口、両津港を航行する船の安全を守るのね。

画像

姫崎灯台から10分もかからないで到着の此方は赤亀岩。
「昔、水津の漁師が大時化に遭った際、大きな亀が現れ、船はその背に乗って港に戻った。亀は岩となり、村人たちは“赤亀”と名付けた」。 そんな言い伝えが残る奇岩だそうですが、どうにも亀には見えない。 後で調べたら、この写真を撮ったところのまるっきり反対側から見るべき(撮るべき)だったそうな。^^;

画像

前日は海を右に見るドライブでしたが、この日は島の南側をぐるっと回るルートなので海を左手に見ながら進みました。 県道45号は舗装されてはいるものの、大方こんな感じでセンターラインの無い広いとはいえない道でしたが、なにせ海際を走り続けるので、前日に続いて気持ちいいです。^^)

画像

20Kmほど走ってのこちらは鴻ノ瀬鼻灯台。
越後との最短地点にある鴻ノ瀬岬に立つ灯台で、古くは佐渡の国津として栄え、佐渡配流となった「順徳上皇」「日蓮上人」の上陸の地としても知られているそうです。
島やからねぇ、灯台多いよね。^^)♪

画像

たまにはこんな広〜い道も突然出現する不思議島。 でも、大方ほんのちょいで狭いセンターライン無しの道に戻るのよね。^^;

画像

おやくそくぅ〜(どんだけぇ〜のリズムで)の此方は、穏やかな入り江に浮かぶ矢島・経島のたらい舟です♪
あはは、オイラは乗りましぇ〜ん(僕は死にましぇ〜んのリズムで)。^^)

画像

二つの島を赤い太鼓橋がつないでいるのが美しいですね♪

画像

岩場に囲まれた磯浜ゆえに透明度が高いので、小回りの利くたらい舟でガラス越しに海底の獲物を探しながらヤスで突く“磯ねぎ漁”が今も行われているそうです。 たらい舟って、もとは漁具だったのね。^^)/

画像

なんと、こんなところが日本にもあるんですね!
ここは琴浦にある竜王洞で、『佐渡版青の洞窟』と呼ばれる佐渡最大の溶岩洞窟です。 もちろんライトアップなどしてなく、自然光がこの幻想的な光景を生み出してくれます。

画像

琴浦洞窟からクルマで数分の此方は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている宿根木です。
船板などを利用した板壁の民家100余棟が密集する町並みは、集落全体が船の仕事に従事したことを如実にあらわしていますね。

画像

明治25年(1892年)築の千石船船頭の古民家をそのまま利用した此方は、1日1組限定の宿『伊三郎』。
あめ色の床板、黒煤に染まった壁や梁など、風情あふれる空間は1泊の価値有とのことですが、素泊まりで自炊設備が整っているとは言うものの、その風情を味わうには未だオイラは若すぎるかと・・・。^^;

画像

『塩』の看板に眼を惹かれました。 えぇ、昔は専売でしたものね。

画像

宿根木の風景を壊さず、古民家風情を活かしたカフェの『cafe nano』に、一服の涼を求めて立ち寄りました。

画像

いただいたのは此方、佐渡は西三川産のスイカジュース。 もちろん原料はスイカだけの自然な甘さ。 前日に比べてこの日は佐渡も暑かったので、自然の美味しさが身体をクールダウンしてくれました。

画像

またまたの灯台は、県道45号佐渡一周線の終点付近、小木半島突端に建つ沢崎鼻灯台です。

画像

24.2mを超える佐渡一の塔高で島の南西端の海を守るそうです。

画像

Google mapもZ3のナビも県道45号を戻って山中を走る国道350号を使えと言ってくるのですが、オイラはもちろん無視して町営道と思しき海際の道を北上。 だって、海際走りたいんだもん!^^)/
13Kmほど町営道を走って瓜生崎を少し過ぎたところで通行止め(地図にも道が無い)。 仕方なく細い山道を少し上って国道350号線へ。
ここからは国道ゆえのさほど面白くない道が続くので写真無し。



昨晩の飲みすぎが祟ってか、はたまた朝飯を久しぶりに食いすぎたか(あろうことかゴハンお代わりした)、さしてお腹が減らないので少し早いものの国道経由で両津のフェリー乗り場へ。
フェリーは午後4時5分発だが到着は午後3時少し前だったので、フェリーターミナル内にある『食事処 よろこんで』で佐渡のソールフードであるぶりカツ丼を食べようと思ったのだが、なんと午後2時で昼の部は閉店。(ToT)

画像

晩飯は那須山荘に具材を準備済みとは言え、到着は午後10時を過ぎる予定だったのでさすがになんか食っとかないと!ってことで、乗船即、席にも行かずにスナックコーナーへ直行。 新潟のBグルだという『タレカツ丼』をいただきました。
醤油をベースに出汁やみりん、砂糖などを加えた醤油ダレでカツを味付けしたカツ丼で、甘辛い独特の風味がカツの味を引き立てて、ご飯が進む君でした。^^)

画像

岐路は1等のイス席が満席だったので、同じく1等のジュウタン席へ。 もちろん指定席で布団と毛布、枕があります。 これ、大正解! イス席満席なれどコチラはガラガラ(埋まり3割程度)だったので、静かにぐっすり寝られました。 さすがに二日間オープンで走りまくったので、けっこう疲れてたみたいっす。^^;

画像

「本船は、ただいま新潟湾に入りました」のアナウンスに眼を覚まして外に出ると、夕方6時過ぎのきれいな新潟港光景が眼に入りました。

画像

ぼぉ〜っと眺めていると横をジェットホイルが抜き去っていきました。
ジェットの方がぜんぜん早いんだけど、車は積めないから仕方ないのよねぇ(運賃もジェットは高い)。

画像

日本海東北道の新潟亀田ICから磐越道新鶴PA ETC出口までを高速で走り、その後は県道72号、23号とつないで国道118号で下郷まで。 そこから走りなれた国道298号、県道290号那須甲子線で那須山荘へ午後10時半頃到着。 シャワーを浴びてからの遅い晩飯は牛バラ肉とにんにくの芽の甘辛炒め、たっぷりの生野菜とマカロニサラダ。 ルービーと白ワインでバタンキュー。^^;

画像

アラームもかけずにのんびりと起きた山荘の朝。 コーヒーを淹れてデッキに出て一服してたらオニヤンマ君を発見! 子供たちが小さい頃に、夕方や朝に虫取り網片手に捕りまくってたのを思い出しました。

画像

朝食はスクランブルエッグ、厚切りベーコン、生野菜にご飯と味噌汁。 レンジでチンのご飯が丸まっちゃっててナニですが、味と栄養バランスはそれなりで、且つ美味しゅうございました。^^)

画像

こんな感じの景色を見ながら食べるんですから、美味しくないわけがないっすよね。^^)/

画像

軽く洗濯と掃除を済ませてから山荘を出発。 岐路も往路同様に下路をのんびりと走ります。 昔は高速代を払って時間を買ってましたが、今はお金を払わずに景色を見ながら過ごす時間を手に入れています。 余分に使える金が有る無いではなく、生活シーンに合わせた時間とお金の使い方をしてるってことですね。
写真は昼食として道の駅やいたの農村レストランつつじ亭で食べた、そばサラダ+メンチカツ(900円也)。
野菜がたっぷりでなかなか美味しいが、どうにもネーミングが気になる。 これ、サラダそばっしょ!^^;


そんなかんなで夏休みの後半も終了。
四日間での全走行距離、1,031Km(高速走行約180Km)。 本当に楽しかった〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
佐渡は道路が空いているのがいいですね。関東からわりと近いし、「穴場だなぁ」と思いました。クルマ は必須ですね。僕はレンタカーかな。(^_^)
ヴィーノ
2018/08/28 07:14
>ヴィーノさん
はい、空いててとても快適でした。
自分の車で走りたいか否かで選択は決まりますね。
レンタカー料金とカーフェリー料金も鑑み、総合的に決めるべきか…。
あっ、ヴィーノさんクルマ無いじゃん。^^;
監督
2018/08/28 14:15
やっぱ朝食は、バイキングよりこの様な日本の朝食って
感じの方がいいですね。
いい匂いがしてきそうです(^'^)
海沿いの道、監督さん以外誰もいない様な感じ。
自分の思い通り走れて気持ち良さそう!
たらい舟、私もパスやな(^_^;)
4日間の楽しかった旅の状態が、十分伝わってきました。
りーにん
2018/08/29 21:58
>りーにんさん
ホテルならバイキングも良いですが、旅館の朝食はこんな感じがいいですよね。
質素でしたが、必要且つ十分でちゃんと満足できました。
海沿いは、だいたい貸しきりドライブでした。^^)/
監督
2018/08/30 11:33
おいらもナビのいうことを聞かないことあります!
らん太郎。
2018/09/03 00:39
>らん太郎。さん
ナビはね、あくまで補助、ほじょ。
俺の行く道は、俺が決める!っしょ。^^)
監督
2018/09/03 01:33
時は金なりと言いますけれど、お金では買えないモノもたくさんありますもんネ。
旅は愛車で行くのが一番。
前回書いた替え歌は高石ともやとザ・ナターシャー・セブン歌うところのワンカップ大関CM曲"旅"でした。
おーちゃん
2018/09/05 07:28
>おーちゃんさん
はい、時間は唯一皆に平等なので、有意義に使えればよいと思っています。
あ〜〜〜〜、ショーケンのやつでしたか。
わからなんだぁ。^^;
監督
2018/09/05 12:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐渡旅行 180820-21 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる