スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 放浪の旅 その3

<<   作成日時 : 2015/04/01 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

放浪の旅も三日目。今日は、仙台から海沿いを三陸に向かって北上しました。

まず最初に向かったのは仙台夢メッセMIYAGIです。4年前に訪問した時は震災の4か月後だったので、以下のような悲惨な状態でした(旗を立てるポールが、ほぼほぼすべてなぎ倒されている)。

画像

画像

でも、今回は以下のようにキレイに修復されていて、既に日々数々のイベントを行っているようでした。
良かった!

画像


復興復旧と事あるごとにマスコミで取り上げられていますが、実際に現地に出向かないと現実は分からないのではないかと思い、今日は海沿いをずっと北上してみることにしました。

画像

ここは松島あたりだったでしょうか。あいにくの雨で素敵な景色は雨に煙っちゃって見えませんでした。ウミネコがニャーニャーといっぱい休んでました。遊覧船から餌を投げてくれる観光客も減っちゃってるんでしょうか。

画像

女川町です。 もっとすごい光景はいまだにたくさんあったのですが、あまりに現実は生々しく、そこかしこいたるところそこらじゅう、本当にそこらじゅうが未だ工事の真っ最中でした。片付けられていない大きな朽ちた建物も残ってましたが、ケータイカメラを向けるのが忍びなく、今回は殆どおさめませんでした。
ガソリンスタンドのお兄さんが言っていた言葉が胸に突き刺さりました。「復興なんて夢の夢、まだ復旧も手が付き始めたばかりです。まぁ4年経ってやっと片付いたぐらいですね。でも、あの瓦礫の山を見ないだけでも胸が痛まなくて助かります」でした。現実の現場を知らない関東平野の私たちは、もっともっとどうでもいいことにあ〜だこ〜だ文句ばかり言ってるなんて、申し訳なくておくびにも出せません。本当に早い復旧、そして復興を心から祈るばかりです。

画像

本当にそこらじゅうが真っ只中。これだけたくさんの重機や工事関係者・労働者が、南北ず〜っと続く海岸線に来ているんですね。道を走る車も80%は工事関係のトラック等で、どうみても遊びクルマのZ3は相応しくないです。
復旧も半ばなので、食堂街もこんな感じでプレハブのものがポツリポツリとあるだけでした。『たなこや』って呼んでるんですね。桃生郡雄勝町にありました。

画像

裏手に回るとこんな感じで数軒のお店が軒を並べています。どこに入ろうか少し悩みましたが、『石巻焼きそば』ののぼりに惹かれました。海鮮丼系も気になったのですが、やっぱり麺が・・・(苦笑)。

画像

お願いしたのはコチラ、『石巻焼きそば 海鮮塩味(700円)』です。
まず何と言ってもデカい、量が多い!工事関係のガッツリ食うお客さんが多いからでしょうか。普通の焼きそば一玉半〜二玉分ぐらいありそうでした。魚介出汁にシンプルな塩胡椒の味付けで美味しかったですが何せ多い!頑張って作ってくれたのに残すのは忍びなく、一生懸命食べましたがな(笑)。あ、そうそう、キャベツ・ニンジン等の野菜といくつかの海藻に加えて、ホタテがた〜っぷり入ってました。小ぶりのそれでしたが、数えるのも面倒くさくなるくらいゴロゴロ入ってて美味しかったです。ごちそうさまでした〜!

画像

厳しい現実の風景にどんより&ざぁざぁの雨に我がZ3子チャンは雨漏りの危機(ちょっとだけですが)。でも、暗くなるために旅に出たわけではないので、少しでも楽しくいきましょう♪ 気仙沼市の『みちのえき大谷海岸』で面白いものを見つけました。なんと『ふかひれソフト』ですよ! いつもだったら必ず試しに食べてみるのですが、今日の気仙沼市は雨でむちゃくちゃ寒かったんです(気温5度)。さすがにソフトを食べる気にはなりませんでしたが、いつか試してみたいBグルってか、ある意味飛び道具っすね。^^)

画像

さらに北上を続けて、『奇跡の一本松』が話題になった陸前高田市です。唖然というか愕然というか、ここはまるで巨大コンビナートの様相でした。すべてを片付けて、広範囲を一気に復帰させようという巨大プロジェクトのようです。たぶん、昔の面影は全くなくなってしまうのでしょう。残念ですが、仕方がないのでしょうか・・・。

奇跡の一本松駐車場(観光物産施設も併設)で三陸海岸沿いのホテルをPCで探そうとしたのですが、やはり斯様な状況では宿泊施設などあるはずもなく、やっと見つかったのは岩手県久慈市のビジネスホテル。久慈市っていったら八戸のちょっと南側なので陸前高田からはまだまだ遠いし、久慈のビジネスホテルに遅くについたのでは周りに何もないのでは?と思って、岩手の内陸部を探すことにしました。

画像

花巻温泉の『ホテル花巻』です。 「んで、一人?」って突っ込みが入るのは承知の上で和室のお部屋ざんす!
朝食・夕食付、10畳の和室に無料Wi-Fi。温泉は檜の露天風呂と大浴場が24時間入り放題。おまけに両隣のホテルとも2階の連絡通路でつながっていて、そちらの大浴場も入り放題! 駐車場代も無料で、なんと税込9,100円ですっ! 昨日、一昨日はビジネスホテルの狭いユニットバスだったので、檜の露店風呂はサイコーに気持ち良かったです♪

画像

風呂の後は大宴会場でバイキングの夕食。アルコールはもちろん別料金になりますが、ビジネスホテルに泊まって駐車場代を別に取られ、飲み屋街の出かけて夕食取ることを考えれば、こちらの方がリーズナブルで満足感ありますね。
なお、アルコールも食事もお代わりしちゃったし、仕上げのカニ汁と一緒に寿司までつまんで、挙句の果てにはデザートの薔薇アイスまで食べちゃったことは内緒です。げふっ!(爆)

本日の走行距離、約230Km(270Kmでした)。
現実を垣間見て、もっと前向きに一生懸命生きなければ亡くなった方たちに申し訳ないことを知り、ビジネスホテルよりは温泉旅館だということ(苦笑)も知った、厳しくも有意義な一日でした。

さて、明日はどこへ行くべ!?
ちなみに、帰宅日は未だ決めてません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
一緒に行った気になって
心を洗ってます
監督、しばらく帰らないでいいから
続けてくれ〜!
ひばり組らん太郎。
2015/04/02 02:34
監督さん(^^)
おはようございます。
良いですねェ〜、気ままな放浪の旅。
震災後、雄勝町には行っていませんので町の様子を知ることができました。ありがとうございます。
応援しながら行こうと思っていますが・・・。なかなかね・・・。
雄勝町は震災の時救助や支援物資が遅れ、津波に流された冷蔵庫にあった食料をみんなで分け合い食べていたと放送していました。
たくさんの困難を乗り越え頑張ってこられた方がたです。
海がホントに綺麗なところなんですよ。

花巻温泉、良いですねェ〜。
宮沢賢治記念館にもお出かけくださいね。
あ!もう行ったかな???
岩手県は広いですからねェ〜。
今度は何処へいくんでしょう???



詩音連音
2015/04/02 06:37
>ひばり組らん太郎。さん
ういっす!
心の洗濯、続けます。
ってか、そろそろ本当の洗濯しないと着るものが・・・。
(三日程度のつもりで出てきたもんで、そんなに衣類を持ってない)

>詩音連音さん
おはようございます。きりっと風が冷たい花巻です。
雄勝町も本当に大変な状況でした。
みなさん、一生懸命生きているんですね。身が引き締まる思いです。
今日は日本海目指して走ります♪
監督
2015/04/02 08:44
帰還する頃には・・・ふっくらと岩城さんから・・・監督へ?
@KID
2015/04/02 13:05
>KIDさん
もうすでに膨らみ始めました(爆)
監督
2015/04/02 19:13
くぅ〜。
温泉旅館でしっぽりとは、うらまやし。

監督と黒木瞳が一緒に寝てる図しか、思いつきませぬ…。



ん?黒木瞳じゃなくて?黒木…(爆)
きょうじゅ
2015/04/02 21:11
>きょうじゅさん
黒木華と一緒です!(爆)
さいきん一押しのジョノカっす♪
監督
2015/04/03 09:13
ずる〜!
そっちの黒木とは(^_^;)

村西監督と黒木○じゃないの〜
きょうじゅ
2015/04/04 08:44
>きょうじゅさん
しっぽり濡れたのはZ3だけです。^^)
監督
2015/04/05 08:37
あぁ一緒にお供したのにぃ

コラーゲンたっぷりの ふかひれソフト 絶対食べたい!
かきろん
2015/04/06 22:51
>かきろんさん
いやいや、寒すぎて無理だったっす!
監督
2015/04/07 09:52
こんにちは〜♪
女川町まで行かれたのですね。
しばらくお邪魔してなかったらあちこちに出かけていたのですね(@_@;)
私は東北に住んでいながら仙台市内の被災地しか知らずにいます。
石巻焼きそばもフカヒレソフトにバラアイス
どれも知らなかったです(>_<)
そしてどれも美味しそうですね。
お疲れ様でした(^_-)-☆
ミモザ
2015/04/11 14:23
>ミモザさん
関東平野でウダウダしてると現場のことは分からないと思って出かけてみました。
想像以上に復旧が進んでいないことに今更ながら驚き、それでも一生懸命生きている地元の方々に、ただただ頭の下がる思いでした。
食べ物は皆、とてもおいしかったです♪
監督
2015/04/11 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
放浪の旅 その3 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる