中華そば みやこ屋(栃木県さくら市)

那須からの帰路、さくら市の『中華そば みやこ屋』で遅い昼食をとりました。

画像

起床から朝食後に洗濯機を回しながら最後のお勉強。「ここまでは終わらすぞ!」と決めていたところまでクリアして教本を閉じました。昨日と今日の勉強成果物として、65シートの暗記カードを作成完了。まっ、作っただけじゃダメで覚えないと意味がないんですがね。

部屋を軽く掃除して山荘を出たのは午後1時過ぎ。那須塩原の『こばや食堂』にスープ入り焼きそばを食べに行こうと思ったものの時間的に帰路が厳しくなりそうなので断念(けっこう遠回りになるので)。国道4号を南下しながらケータイでググって(交差点停止時ね)、無駄な時間を極力控えるために4号から外れることなく行けるお店にターゲットをセットしました。

画像

うかがったのはラーメンデータベースのさくら市ランク第2位、栃木県全域で33位のコチラ『中華そば みやこ屋』です。
ゲゲっ、何気にラーメンチェーン店のような店構え。おまけに主力は濃厚つけ麺みたいです。大丈夫か?

画像

メニューはつけ麺とラーメンが半々という感じだったので一安心。熟考の末に、『あっさり煮干しそば(醤油)』を
お願いしました。『あっさり塩煮干しそば』もあったのですが、「煮干しには醤油っしょ♪」と勝手に思っての選択。着丼と同時にふわ~っと煮干しの良い香りに包まれました。スープをいただくと、鶏がら出汁に貝、昆布、野菜の旨みが溶け込んだなかなかのものでしたが、あっさりとはいうものの味付けが濃い!また、少しながら化学調味料のえぐみを感じたのと、香りの割には煮干し風味がそれほど出ていないところが残念だったかなぁ。いやいや、十分美味しいんですけどね。
トッピングは全てごく普通、いや、チャーシューは少しパサついてたから及第点以下か!? 味玉は控えめな味付けで美味しかったですけどね。麺は中太ストレート(つけ麺と同じ麺かも)、スープが濃いのですくいが少なくてもミートしてました。
620円という価格設定は評価できますね。総合的にもう少し頑張ってほしい感じですが、この価格なら文句は言えません。ごちそうさまでした~♪

なお、カウンター私の隣席に座っていた男性は、主力メニューの石焼こってりつけ麺(スープが石焼鍋でグツグツ状態にて供されるので熱々で食える)を食してましたが、なんと特盛600gを頬張ってました。重さは茹で上げ後のものとはいえ、600gってすごいなぁ!ちなみに普通盛りは250g、大盛りは400g、特々盛は1Kg(1,170円)だったと思います。有り得ないとは思うものの、腹ペコ爆食男子(最近は女子もか?)にはありがたいお店かもですね。

ここ三日間での走行距離480Km。高速道路代を浮かすために往復ともに下道ばっかりを走りましたが(往復で6,900円をセーブ)、帰路はラジオで「東北道上りは館林を先頭に26Kmの渋滞」というトラフィックニュースを聞いて、ほくそ笑んじゃいました。
いやぁ~、楽しい三日間でした♪

この記事へのコメント

2015年03月16日 12:53
特盛、いけそうな気がする…。
2015年03月16日 12:58
>秘。さん
マジっすか?
普通盛りの倍以上っすよ!