スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS ワインバー楽「gaku」(豊島区巣鴨)

<<   作成日時 : 2015/03/19 15:34   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

ワインちゃ〜、難しくて美味しいものなんですねぇ♪

画像

昨日の認定試験対策講座におけるティスティングレッスン。左白二本は、同じソーヴィニヨンブランにおけるアントル・ドゥー・メールかペサック・レオニャンAOCかを当てるもの。中と右の赤三本は、ボルドーかサン・テミリオンGCかサン・ジュリアンAOCかを当てるもの(二本がメルロ主体で、一本はカベルネ・ソーヴィニヨン主体)でした。
結果は、白は当てられたものの、赤は真ん中のAOCボルドー<メルロ>こそ当てられましたが、右二本のいずれがCSかを当てられずに逆に回答してしまいました。一番右がCS61%、M24%、CF/PV15%のAOC St. Julienであるシャトー・グロリアだったのですが、隣のメルロ主体であるシャトー・グラン・ポンテがアルコール度が高かったために味わいの後半に苦みを感じ、それが収斂性にもつながってしまったために、そちらをカベルネ・ソーヴィニヨンとしてしまいました。
ガックリするとともに、テイスティングって本当に難しいなと思いました。

画像

そんな凹んだ気持ちを癒すために、美味しいものを食べに行くことにしました。豊島区巣鴨駅から徒歩3分にある『ワインバー楽「gaku」』さんです。初訪問のお店ですが、銀座ドミナス(昨年末にて一時閉店)のオーナーシェフ&シニアソムリエであった井手勝茂さんがプロデュース中とのことで伺ったわけです。

画像

井手さんのプロデュースによりメニューに加えられたという『楽「gaku」コース』をお願いしました。一品目はアミューズで、鯛のタルタルコンソメジュレです。プティスプーンで一口運んだだけで井手ワールドが口の中いっぱいに広がります♪ グラスのカヴァと相性ピッタリです。

画像

二品目は本日のオードブル5種盛りです。カボチャの冷製ポタージュがたまらないし、津軽鶏のガランティーヌ 海苔風味(手前、ピノノワールマヨネーズソースがかかったもの)も一風変わって斬新な味。 グラスのヴィオニエ(白)を合わせました。

画像

三品目はパルミジャーノチーズのピノノワールリゾット(トリュフオイルがけ)。これ、もう最高に美味しくて、何皿でもお代わりしたくなる品でした(笑)。 グラスのピノは残念ながら無かったので、軽めのキャンティと一緒に頂きました。

画像

四品目はメインの、ハンガリー産 合鴨のジブニスモーク オーブン焼きです。金沢の治部煮にヒントを得た、日本料理とフランス料理のクロスオーバー的な一品です。スモークしてあるので、ロースト香のあるしっかりした赤ワインに合うと思い、グラスの赤で一番へヴィーなものを合わせていただきました。なお、付け合わせの温野菜ですが、ニンジンはソーヴィニヨンブラン、サツマイモはピノノワール、ごぼうはグルナッシュ(だったっけか!?)で煮込んであるので、それらもワインとピッタリ合うんです。

画像

五品目はデザートで、さくらのアイス 1996VDLソースがけです。井出さんのリコメンで、1996VDL(ヴァン・ド・リキュール)も別添えにて一杯いただきましたが、アイスと一緒に食後酒としていただくと、ここでもマリアージュが楽しめるご機嫌な一杯でした。

このコース、合わせたグラスワインと最後のVDLを除いておいくらだと思います?
なんと、3,200円なんです!(ちなみにデザートの後にコーヒー、エスプレッソもしくは紅茶もついてます)
すごくお値打ちだと思うんですよね♪ もうワインバーではなく、立派なワインレストランであると思います。
さすが、料理とワインのマリアージュで他者の追随を許さない井手さんがプロデュースしているだけあるなぁ〜と感心しきり、お腹いっぱいにて凹んだことなどすっかり忘れて帰宅しました。^^)

ごちそうさまでした〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ワインバーって行った事ないんです。
こんなコースで美味しい料理も頂けるなんて良いですね。
でも私の場合、その料理に合うワインをオーダー出来ないです。

あんまり凹まないで楽しんでがんばってくださいね!
AKI
2015/03/20 20:10
AKIさん>
こちらのお店は、店構えからしてワインバーというよりはワインレストランみたいな感じでした。バルとかバール(どっちも一緒)がはやりですが、バリバリのワインバーってそうそう無いと思います。
合わせるワインですが、分からないときのためにいるのがソムリエや店主なので、素直に聞くのが一番ですよん♪ まったく恥ずかしいことでは無いですから。^^)
監督
2015/03/20 23:15
テイスティングがどんどんレベルアップしてますね! 
「アルコール度が高かったために味わいの後半に苦みを感じ、
 それが収斂性にもつながってしまった」って、
すごくプロっぽく感じます。
やっぱりきちんと勉強すると違うんですね。
僕はたぶん、100%メルロと100%カベルネでも、
区別つかないと思います。 
ヴィーノ
2015/03/21 08:18
>ヴィーノさん
サンテミリオン・グラン・クリュのメルロですが、アロマにスパイスを強く感じたんですよ。且つCS主体のサンジュリアンもメルロが24%入っているのでCS主体とは言えメルロ感が強く、どっちがどっちか分からなかったんです。
答えを聞いた後に味わってみると、確かにサンジュリアン(ジロンヌ河左岸だからCSメイン)のほうが味わい最後の収斂性は強かったです。
難しいっす。(ToT)
監督
2015/03/21 12:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワインバー楽「gaku」(豊島区巣鴨) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる