スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院のお食事(略して院飯)−その2

<<   作成日時 : 2011/09/23 16:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 10

退院即バイクやクルマに乗って遊びまわる(自殺行為)わけにも行かず、かといってワインをいろいろ飲んでアップする(病院逆戻り必至)わけにも行かず、撮り貯めた院飯(私の中では「いんめし」と読む)をアップするぐらいしかないのです、残念ながら(備忘録、ビボーロク!)。

昨日は三分粥から始まり、七分粥そして全粥と昇格するところまでアップしました。既にご覧頂いた方にはご賛同いただけると思うのですが、治療食のお粥&粥副菜といえども、見た目にも食欲を少しはそそるバランスの取れた献立になっていると感心した次第です。これがなんと一食250円なんです! 素晴らしい努力ですよね。 感謝していただかなければいけません。

画像

なんちゃこたぁ〜ないシンプル質素な朝食ですが、ホッケが嬉しかったですねぇ。久しぶりに海の塩気と脂ののった魚でした。なおかつ感心したのは骨がきれいに取り去られていたことです。入院している方たちの平均年齢は結構高く、私なんぞは若年扱いです。お年寄りが骨を喉につかえさせるのを事前に防いでいるんですね。そこまで手間をかけて一食250円って本当に感心します、感謝します。全粥になると同時に塩分も少し増えたようです。ホッケが出たのはもちろんのこと、わずかばかりですが漬物も添えられてますもんね♪

画像
画像
画像
画像
画像

最後の一枚に登場した副菜は鶏のカレー風味焼きです。入院後初めてのスパイシーな料理でした。量が寂しいですけど、少しずつ常人メニューに近づいている感じがうれしかったですね。

画像

ちょっと一休みに挟み込んだこのショットは『ディルーム』と呼ばれる休憩室(歓談室)です。体温計と血圧計があり、動き回れる人は各自定期的に(6時・14時・19時)ここで計測して各自の書類に記載します(後に看護師さんがそれをみてPCにData Inputします)。TVは好きに観られますし、文庫本やマンガ、そして雑誌もそれなりにおいてあります。でもここ、昼間は老人ホームっぽくなりがちで、私は最年少レベルなのでいろんな人が話しかけてきて少し面倒くさい場所でもありました(苦笑)。あ、そうそう、私が入院していた棟は基本的に内科の棟で、外科手術の無い投薬療養や内視鏡施術の患者さんがメインの病棟です。それゆえ年寄りが多いのかもしれません。外科病棟だったら暴れて骨折した若者等もいそうなもんですもんね(笑)。

画像
画像

カジキのチーズ焼き、コレ美味かったですよ♪ ぜんぜん病院食って感じなかったです。 う〜〜〜、白ワインと一緒に・・・・・・(泣)。

画像
画像
画像
画像
画像

入院後12日目の朝、やっと主食がお粥から普通のご飯になりました
副菜も常菜になり、味噌汁の具やサラダも歯ごたえのあるものになりました。やっと普通食です(量は寂しいですけどね<苦笑>)。ご飯の量は190gで、全粥のときと同じく1日1800Kcalベースとなっています。・・・ということは、全粥400gとご飯190gはカロリーがイーブンイコールなんですね。ずいぶんボリューム感は違いますので不思議な感じでした。

常食になったので退院も間近かと思ったのですが、これがなかなか甘くなかったんだなぁ(泣)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
退院おめでとうです。ちょっと安心しましたよ。
今回の東京ツアーでのびっくりサプライズの駒だったのですよね
その前にビックリサプライズの事件がおきてしまいビックリ。
楽しみにしていたのに・・・残念。
でもこの際ですからしっかり養生してくださいね。

病院食は上げ膳据え膳なのでええなぁ と不謹慎なコメでスンマソン
柿ロン
2011/09/23 18:07
退院、佳かったです。
その間に我がチームはあんな感じになっていましたが、それがどォした…慣れっこだい…ッて言える自分が哀しかったりなんかして。
院食…関東の方はおかず、茶色いイメージがありましたが 案外あっさりした食事で構成されているのですネ、食べやすそう。
入院は大変だったでしょうが、案外ゆっくり休める機会が与えてもらえる時期だったのかもしれません。
ご養生下さい。
おーちゃん
2011/09/23 21:33
>柿ロンさん
ありがとうございます。
お会い出来なくて残念でしたが、次の機会には『是非っ!』です。
持ってきてくれて、持ってってくれる病院食。なかなかでっせ♪

>おーちゃんさん
ありがとうございます。
今年も黄黒のはっぴ(86年、日本一のときに買った)は用無しですかね!?
しばらくは大人しく自宅療養しま〜す。
監督
2011/09/23 23:09
あっ、85年やった!
そりゃ忘れるわな、四半世紀もたってまうと・・・。
監督
2011/09/23 23:12
その昔、怪我で入院した時は、食事時間のちょっと前の、ワゴンのキャスターの音に敏感に反応してました。
それしか、楽しみなかったですからね…。
高速有鉛
2011/09/23 23:14
>高速有鉛さん
そうそう、それっす!
他に楽しみないもんねぇ〜。
監督
2011/09/24 08:31
クライマックスにはちゃんと出て来てもらわんとな。
ひばり組らん太郎。
2011/09/25 01:25
>ひばり組らん太郎。さん
そうなんですけどね、ただチャンさんがけっこうしぶといのなんのって・・・(笑)。
監督
2011/09/25 07:56
一瞬だけ、おかゆに味付け海苔が付きましたね!
おちゃめな栄養士さんだったのでしょうか?
ディルームの次の写真で、しょうゆ?を名前消しに使ったのが、人類の進歩を感じさせます!
かわい
2011/09/25 10:10
>かわいさん
そうそう、お粥に味付け海苔ってどうよ!?って思ったんですけど、そのままバリバリ食べましたがな・・・・・・って違いまんがな、かわいさん。アレは、減塩のり佃煮ですっ!
サルの惑星化を避けるために日夜頑張っております(なんでやぁ)。
監督
2011/09/25 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
病院のお食事(略して院飯)−その2 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる