カツのせ油そばと蒲田

美味しい昼食の後に、ルーツの最終章をやっつけてきました。

今日は良い天気でしたねぇ。バイク日和ではありましたが、朝一からやはり仕事で2時間ほど割かなければならなかったので、昼前に自宅をスポで出発。まぁ、時間的に先ずは腹ごしらえですな。

7月にも一度おじゃました、クルマつながりのお友達Dさんのお店、『懐旨新味 かつの花』さんに伺いました。

画像

今日いただいたのは写真を取り忘れちゃいましたので前回のを(爆)。今回は、味玉と海苔をサービスしてもらっちゃったです。すみませんねぇ~♪ いやいやDさん、やっぱお世辞抜きで美味いっすよ!魚介の出汁にあっさり系の油だからしつこくないところがスゴク良いです。これなら、50を超えたおっさんのオイラにもバッチグー!おまけに、チキンカツがからっと上がっていて、これまた美味いっす。ウォーターフライヤーは油の汚れが抑えられるからきれいに上がるし、効率も良いので自然にやさしいところもグッドです。これで800万円って、ちょっとサービスしすぎではないですか?1,000万円だして、お釣りもらうのが申し訳なく感じるですよ(「お勘定は800万円です」と言われましたので・・・・・・爆)。次回は晩に行きますので、美味いトンカツ揚げてください。ルービー片手にご相伴にあずかります♪

腹ごしらえも済んだので、8月1日に途中挫折したルーツめぐりの最終章(そんな偉そうなもんか!?)、最終学歴母校の蒲田にある日本工学院専門学校をのぞきに行ってきました。
画像

Dさんのお店からは下道を走っていきました。秋深しですなぁ~。ここは国会議事堂のすぐ近くだったと思います。千鳥ヶ淵から皇居を左手に見て国会議事堂方面に向かいましたが、紅葉がとてもきれいでした。日差しも暖かいし、お腹はいっぱいだし、ルンルンで走ってましたよ♪

さてさて、やっと蒲田につきました。ありゃまビックリ、なんですのんコレ!
画像

今年の3月に完成した、日本工学院専門学校と東京工科大学が同居した地上20階、地下1階建てのタワーだそうな。いやいや、ビックリしました。
画像

昔の悪ガキと土方のおっさんどもが集まる、少しダーティな感じの蒲田はどこへやら。ここを見てる限りは、きれいな学生街のキャンパスです。なんかあまりに変貌を遂げちゃって寂しい気もしたのですが・・・・・・
画像

おっ、残ってるやん、昔の1号館。私、最初は電子工学科だったのですが、あまりにくそがきだったので秋口には既に休学を決め込んで、その翌年にサービス技術科(家電リペアと屋内配線工事メイン<電気工事師>)に移って、結局は2年制である専門学校に3年通っていたのです(言っても、半年は休学してましたけど)。親には迷惑かけたですよ、いや本当に申し訳ない。まさかこの後、転職を重ねて外資系の電子部品メーカーに入るなんぞは努々思わなかったですが、人生ってやつはわからないもんですねぇ。大学受験に失敗していなければ、間違いなく体育の先生になってたはずですから。アメリカ出張なんて、ぜ~んぜん関係ない世界だったんだろうなぁ。

画像

電気工事実習に良く使っていた2号館も健在でした。サービス技術科は、この二つの校舎で授業をすることが多かったので、これらが残っていてくれてとても嬉しかったです。30年前の学びの舎(あんまり学んでなかったけど)との再会でした。

帰りは首都高に乗ってビュンと帰ってきました。暖かいとはいえ11月下旬。お日様がかげると急に寒くなりますからね。
本日の走行距離、約100Km。30年って早いなぁ・・・。

この記事へのコメント

Deep
2010年11月27日 22:54
本日はご来店ありがとうございます^^

あの~・・・

僕の体育の先生になって 
この腹なんとかしてください(TT
2010年11月28日 00:19
ごちそうさまでしたぁ~
体育の先生には、なり損ねましたので無理です。
この際、出刃でズサッと!
ただチャン
2010年11月28日 06:10
おはようございます。
監督さんはがっこの先生希望でしたか‥
私は留年単位不足で教職取れませんでした(>_<)

30年早いですねぇ
二十歳の頃、30年後を想像できませんでしたが‥
これから30年‥
想像したくありませんから~f^_^;
2010年11月28日 08:17
今この年齢で感じる30年は、
学生時代に感じていた3年と同じぐらいかも知れないなぁ・・・
今でも学生時代は、
ついこのあいだのことのように感じますけどね・・・
2010年11月28日 09:25
蒲田といえばココですよね

昔は日本のあとに“電子”がつきませんでしたっけ??
電車のドア上の広告、ニッポン放送でのラジオCM
子供の頃からインパクトあります。
2010年11月28日 10:00
>ただチャンさん
中一の時の担任に影響されて(今でも付き合いあり、仲人もやってもらった)、おいらの進む道は体育の教師しかないと思ってましたが、受験失敗で意図も簡単に方向転換したわけですが・・・。日体大に行っていても、オイラみたいなチャランポランは教師になれなかったかもしれないですね。
二十歳のころは40歳で死んでもいいから俺は太く(なんでもかんでも経験してみる)生きるんだ!なんて言ってましたが、本当に青いだけだったと思います。あと30年、生きまっせ!

>ヴィーノさん
校舎を眺めていると、つい3年前ぐらいのことに思えてきましたよ。気持が若ければ、まだまだいけますな!

>ひばり組らん太郎。さん
はい、日本電子工学院でした。いつ変わっちゃったんでしょうねぇ、学校名。

この記事へのトラックバック