たまに無性に飲みたくなるヒレ酒

ここのところワインずっぽしにみえる私ですが、日本コメ人ですのでやっぱり飲んでますのよ、お・さ・け!

ま、たとえて言うなら日本酒のときは99%冷酒な私ですが、やはり冬はヒレ酒が飲みたい日もあります。今シーズン、とてつもなく美味しいヒレ酒を体験してしまいました。こりゃ、冬場のヒレ酒指数、増えそうです。


画像

たまにお世話になっている表参道『遊』のマスターがふぐの調理免許を取得したのをきっかけに、ヒレ酒も始めたわけです。なにせコダワリのマスターゆえ、ヒレ酒も美味しいものを出したいということで、立派なデカイのがど~んと2枚入っております。これは4Kgのとらふぐのヒレだそうです。オーブンでしっかりあぶって余分な油を落として、熱燗を上から注ぎ、少し蒸らした後にふたを明け際、火をつけて余分なアルコールを飛ばします。さすが4Kgとらふぐのヒレ、最高に味が出てます。今まで飲んでいたヒレ酒ってなんだったの?生臭いかび臭いだけのしろものだったじゃん! 2杯目が一番うまいですが、3杯目でも十分いただけますし、4杯でもまだまだ大丈夫! マスター曰く、5杯は行けるよん♪(ってか、酔っ払っちゃうからそんなに飲めないし)

ほいでもってですねぇ~、このお店の煮凝りがまた最高なんですよ!
ヒレ酒と一緒に味わうと少しだけ風味が隠れちゃいますので、本当は吟とした冷酒のときが良いですね。皮だけでなく身も贅沢に入れることによって、かつお出汁等は何もいれずに素材そのものの味を吟味できます。私が今まで他所で食していた煮凝りは、かつおだし風味の油抜け切ったカサカサフグ皮ゼリーだったようです。(爆)

画像


くぅ~っ、やっぱ冬はフグだぁ~~~!
(って言っても酒だけですが ← ポリポリ)

この記事へのコメント

@KID
2009年03月11日 15:12
いや~良いお店ですねってインテリアも是非見たかったです!(^^ゞ
やはり車無しのオフラインミィーテイングもやりたいな~是非!

表参道か~~~。同潤会アパートが無くなって別の何てことない通りになってしまったのが残念です!補修すればまだまだ充分使用可能だったんですが、反対運動もほとんど無くてね・・・。不動産屋の金儲けに大事な文化的価値のある財産がドンドン無くなってしまうチンケな国!アイデンティティー無いですからね。あ、愚痴^^;
監督
2009年03月14日 18:04
>KIDさん(今回は大文字でんな?)
インテリアはですね、今一つブランドミックス(?)みたいな感じですよ。実はこのお店、前は青山外苑前、伊藤忠本社ビルのすぐ近くにあったんですが、数年前に表参道に移動したんですよ。それまでこの場所はタイ料理のお店だったらしく、全体的には和食のつくりじゃないんですね。BMWボディに、シュニッツァーとハーマンがうまく融合してくっついているって感じですわ(なんのこっちゃ)。
同潤会アパートは本当に残念でしたね。高校のときは千駄ヶ谷だったので、あの界隈は思いでもたくさんあるんです。KIDさんの言うように、日本ならではのアイデンティティーを確立して欲しいものですね。マスのモールばかりを真似ても仕方ないですよね。もともと土地の大きさが違う国なんですから。
(と同じくオジサンは愚痴モード)

この記事へのトラックバック