青空の街サンディエゴ 2008年7月19日

8ヶ月ぶりのサンディエゴ。ホテル代自腹で仕事の予定より一日早く入って過ごす友人との一日。抜けるような青空と、強い日差しに負けない爽やかな風の街。汗という言葉を忘れる別天地サンディエゴ!サイコー♪

最初の頃はロスからサンディエゴまで国内線(30人乗りプロペラ機)で空路移動していたのですが、待ち時間とセキュリティチェックが面倒なので、最近はロスからレンタカーを借りて陸路を走っています。
画像

ルート405からルート5を通ってカリフォルニア州最南端のシティであるサンディエゴを目指します。ロスは例によって曇り空。ルート710を目指せばロングビーチですが、何かあったら翌日からの仕事に支障が出るので、先ずは目的地であるサンディエゴを目指すことに専念。ロスからサンディエゴまでは約200kmほどなので、Camp Pendleton Marine Base内にある休憩所で一休みして805との分岐点であるソレントを目指します。
画像

この分岐点はムチャクチャ車線がいっぱいあるところで、広大な国アメリカを象徴している感じです。車線を間違えると5車線ほどレーンチェンジしなければなりません。ケータイの写真なので見難いですが、ここで8車線、この手前はプラス3車線ほどあったと思います。あり得ないから!

805号に入り損ねた私(写真とってたら車線変更間に合わなかった)は、5号からLa Jolla Village Drに入って、今回のホテルであるEmbassy Suite La Jollaを目指します。初めての信号(え~っと、ロスを出てから信号で停まるのは初めてです。もう2時間近く走ってるのに!)で停まったら、お隣さんはダンボール牛乳(もといランボールギーニ)。
画像

次の信号を左折すれば、もうホテルに到着です。ロスとはうって変わって、抜けるような青空が椰子の木越しに見えます。ねっ、仕事やる気うせるでしょ。
画像


先ずはシャワーを浴びて、日本事務所からサンディエゴ本社に移り、最近他の会社に転職してしまった昔からの友人に電話を入れ、午後の予定を打ち合わせます。彼も家の用事で少し時間が必要なので、夕方ピックしてもらい、San Diego Harley-Davidsonにバイクとウェアを見にいくことにしました。
画像

今日は駐車場にバイクが少ないです。いつもは展示会のようにたくさん並んでいるのですが、子供たちが夏休みに入っているせいもあり、お父さんたちの自由時間は少ないのかもしれません。 :-)
画像

2009年モデルがそろそろ出る頃なのですが、スポーツスターXL1200L 2009 Modelが2台並んでいるだけでした。なんか2008年モデルとぜんぜん変わらない気がしましたが、タグは2009 Modelってなってました(本当か?)。
ここではScreemin Eagleの半そでシャツを一枚買いました。なんちゃことはないPrestige Pit Crew Shirtなのですが、日本で買うと11,800円(税別)もします!サンディエゴなら税込みでも$64.65ですので、106円/$と考えれば6,850円だから4割引ぐらいで買えちゃう見当です。買うっきゃないっしょ!(ってか、日本じゃ買えないっしょ)

夜は二人のお気に入りThe Surf Side Sushiに行きました。サンディエゴで鮨?美味いの?って思うかもしれませんが、ここは日本の有名店に勝るとも劣らぬ仕事をしてくれます。電話を入れるとカウンターはいっぱいなのでテーブルで・・・とのことでしたが、私たちの顔を見るやいなや、花板さん前の1番2番カウンター(鮨屋では最高の席ですよね)に案内してくれて、酒と話がはずみました。

画像

久しぶりの再開に、鮨屋だけですむはずも無く、2次会はComboy StreetにあるClub Legendのカウンターで水割りをチビリチビリやりながら、あても無い話を楽しみ、12時ごろには席を立ち、ホテルへと戻りました。

超久しぶりの仕事を気にしないサンディエゴでの一日。サイコーでした♪
帰りに彼のクルマ(っても嫁はんのMiniだけど=ガソリン入れるの頼まれてたらしく、彼のM3ではなかった)にガスを入れると、満タンにしてこんな感じ。
画像

$4.599/Gallonsですから130円/リッターって感じですね。日本よりはずいぶん安いですが、昨年末来た頃は1ガロン当たり$2.50ぐらいでしたから、いかに米国ではガソリンが高騰しているか分かりますね。なんか、半分酔っ払いのくせに、寝る前に社会勉強しちゃいましたよ。アハハ♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック