スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 高知紀行

<<   作成日時 : 2018/06/04 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

第一週末の休暇を利用して高知に行ってきたがゼよ。

画像

モトローラ勤務当時のパートナー会社であったオムロンで半導体事業部の事業部長をしておられた濱口さん(aka:濱さん)は8年前から出身地である高知に戻られてますが、いまだに東京に仕事(いくつかの会社の顧問をしている)で出てくると、あしげく私の店に顔を出してくれます。 「高知はえぇとこゼよ。遊びにきしゃりん。」と常々言っておられたので、同じくO社で濱さんの部下であった(且つ私の友人でもある)お二人と一緒に、お言葉に甘えて遊びに行くことにしました。 (後ろに日の丸の政府専用機が見えますね)

画像

羽田から小一時間半飛べば、そこは高知龍馬空港です。

画像

空港でレンタカーを借りて高知の街中へ。 高知龍馬空港着8:45のフライトだったので朝飯は羽田空港でサンドイッチ一個。 今回は一緒に行った他のお二人も「朝羽田で食べてないからお腹ペコペコ」と言うので、超有名な『ひろめ市場』(朝からやってる飲食店街)へ超早い昼飯に。

画像

先ずは皆散り散りに分かれて食べたいものを買ってから再度集まることにして、私はシラス丼にマグロ中トロと黄色いお水。 午前11時前に黄色いお水を飲める幸せを満喫しました。 もちろんシラス丼もマグロ中トロも絶品!^^)

画像

早い昼食の後は、すぐ近くにある高知城を散策。 天気がよかとよ〜。^^)

画像

天守閣からは高知の町並みが一望に望めます。

画像

そのまま街中を散策して、唄で有名なはりまや橋へ。(自撮りは連れの一人)

画像

大通りには、はりまや橋と同じ色のレトロな路面電車が走ってました。

画像

その後は桂浜方面にがぁ〜っと走って坂本龍馬記念館へ。 龍馬像と握手してきました。 ちなみに車の運転は、はりまや橋で自撮りしてた彼で、彼は乗るなら飲むな!を徹底しているので私たちはクリーンです。 記念館はとても素晴らしく、全部をしっかり見終えるのには数時間を要したと思われますが、私たちは濱さんのところに行く時間が迫っていたのでサクッと駆け足で見てきました。 素晴らしい施設だったので、次回来れれば半日はじっくりと使いたいと思った次第です。

画像

龍馬記念館のあとは近くの桂浜へ。

画像

いちおう記念に、連れに撮ってもらいましたが構図がなぁ・・・(ってかモデルも含め)。^^;

画像

当初予定から遅れること30分。 海際にある濱さん宅オープンデッキにてルービーからのワインでスタート。

画像

奥様のおいしい手料理をいただきながら酒量は進む進む、ススム君。 ほいでからのメイン料理である鰹の塩タタキ実演会! 藁をくべて火力が上がった瞬間に鰹を炙ります。

画像

出来立ての鰹塩タタキをミョウガ、タマネギ、スライスニンニクに奥様の自家製柚子ポン酢をかけていただきます。 はいな、超美味です。^^)♪

画像

思いっきりお腹パンパンになって濱さん宅を出発。 レンタカーは代行さんにお願いしてホテルにチェックイン後は、一人でホテルを抜け出してホテル近くのワインバル『エノテカキンタ』さんへ。(1時頃だったかな!?)

画像

マスターとのワイン談義が盛り上がっちゃって、高知の酒蔵である濱川商店さんが手がける柚子リキュールとワインのカクテルを造る話になり、あ〜だこ〜だ言いながら、高知エノテカキンタ&四ツ谷バーノブ共同開発のカクテルを造り上げてしまいました。 近いうちにお店でお披露目しますので、機会があれば是非飲んでみてください。

画像

翌日はホテル目の前の通りで毎週日曜日に行われていると言う『高知日曜市』へ。 ホテルのパック朝食はオレンジジュースのみにして、ここで朝飯を調達です。

画像

小一時間、1.3Km430店舗もの露店が出る市場を散策の後に仕入れた朝食は此方。 田舎寿司と黄色くて冷たいお水です。 朝食の冷たいお水は美味かねぇ。^^)
いやいや、田舎寿司もことのほか美味しかったですよ。^^)♪

画像

こちらは五台山にある第31番札所竹林寺の仁王像門から本道へ向かう道の眺め。 心が洗われます(どんだけ汚れてんねん)。

画像

本堂対角にある五重の塔。 素晴らしく美しかったです。

画像

竹林寺のあとは高知市内が一望できると言う五台山展望台へ。 四国初の内閣総理大臣(第27代)になられた濱口雄幸(おさち)の像がありました。 濱さんって、濱口総理大臣の末裔なのかしらん?^^;

画像

展望台からの眺めは本当に素晴らしかったです。

画像

四万十川や足摺岬、室戸灯台等行きたい所はたくさんあったのですが、残念ながら時間はまったく足りず。 サクッと昼食が取れる此方、高知は須崎の名物である『鍋焼きラーメン』をいただくことに。

画像

いただいたのは此方の『ラーメン大(これが標準の一人前)』(700円也)です。
トッピングは生卵、ねぎ、鶏そぼろ、竹輪の薄切り、そしてワカメとけっこうシンプルですが、なんと言ってもスープがしっかりした鶏出汁で美味いんですよ。 麺は特筆するものの無い中細ストレートですが、乗っかってる生卵を土鍋の蓋にすくい上げて、鍋からの麺を絡めて口へと運ぶ(これは昨晩、ワインバーマスターに教わった)食べ方がムッチャ合ってました。 真夏はチト暑そうですが(ってか今日でも汗だくになったし)、味はいけてましたです。^^)♪

画像

食後は飛行機の時間から逆算して、飛行場に程近く無理の無い距離にある此方を訪問。 おどろおどろしくて美しい絵を描く絵師金蔵の屏風絵を収蔵しています。

画像

絵金祭りの際には、このように軒先に屏風を出し、ろうそくの灯りでみせていたそうです。
コレ、じっくり見ると確かにおどろおどろしいです。^^;

ちゅうことでぇ、間違いなく思ったのは『一泊二日じゃ無理!』ってこと。
正直少し高知をあなどってましたが、すてきなとこでした。
う〜む、一週間あれば堪能できるんだけどなぁ(当分は無理やけど)。^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
白いパンツがお似合いですね。ブルージーンズよりずっとオシャレですね。僕も1本買おうかな。
ヴィーノ
2018/06/04 22:58
さすが監督さん、しっかり新しいカクテル開発。
仕事熱心なマスター!
それにしても高知、佳か処みたいです。
坂本龍馬が教科書から無くなるというバカな話がありますが、高知の人々はどォ思ってるのか。
歴史の面白さはこォ云う影で走ったはった人に興味を抱くところから始まるんですけどねェ。
おーちゃん
2018/06/05 07:27
>ヴィーノさん
ありがとうございます。
やせる前に買ったホワイトジーンズなので少しブカなのですが、気楽にはけるし夏場は涼しげなので良いです。
上下ともに白だと少しナニ(間違えると田舎おじさんのステテコと下着状態)なのでシアサッカーのジャケットを羽織ってたんですが、さすがに暑くて脱いで車の中にポイしちゃいました。
但し、食事には要注意です。こぼしたら、ドえらい目立ちます。^^;

>おーちゃんさん
仕事熱心ってか、マスターと話が盛り上がっちゃっただけです。
高知は本当に佳かとこでした。
坂本龍馬を教科書から無くすなんざぁ、日本から高知を無くすようなもんです。
ぜってぇ許さんゼよ!
監督
2018/06/05 10:57
高知、良いななぁ〜。
若い頃、一週間位居たなぁ。
街中に居ても、10分くらい山に向かえば、ちょっとした峠があるし、海に向かえば、延々と続く高速ワイディングロード。
食べ物は美味しいし、お姉ちゃんの気立ても良い。
懐かしいいなぁ…。
高速有鉛
2018/06/05 16:47
お友達って
ひょっとして鶴瓶さん?

四国は未踏の地
それにしても監督どこに行ってもガイドブック並みの精力的動き
感心します。
らん太郎。
2018/06/06 00:40
>高速有鉛さん
はい、とても良いところでした。
一泊二日じゃ全然足りないっす!

>らん太郎。さん
なんでやねん!^^;
もっとゆっくりいろんなところに行きたかったです。
店、臨時休業すりゃ良かったかも!?^^;
監督
2018/06/06 11:45
子供の頃に確か高知に行ってる筈なんですが、
ほとんど覚えていない。
先日、ブラタモリで見た場所は、行った気にさせてくれます。
鰹の塩タタキの実演に釘付け!!!
こりゃぁ美味しいわ。
始めてのお店でワイン談義ができる、プロ同士の会話さすがです。
私なんか、ワイ談しかできんし(^_^;)
ラーメンも外さない監督さん、これまた流石です!
りーにん
2018/06/07 22:51
>りーにんさん
あ〜、ブラタモリでやってたんですね。
知らんかった。^^;
タタキたての塩鰹はムッチャ美味かったです!
単なる酒好き、ラーメン好きです。^^;
監督
2018/06/08 11:41
羽田の写真見た時は何日か楽しまれると思っていたのに月曜日普通に営業って弾丸過ぎますよ〜。深夜から一人でワインバー行っちゃうなんて流石事業主😄
AKI
2018/06/09 07:46
>AKIさん
貧乏暇無しなんで働かんとね。^^;
監督
2018/06/09 13:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
高知紀行 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる