スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 良温(Ra-on) 土浦市 & 霞ヶ浦

<<   作成日時 : 2018/04/08 19:21   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

天気は晴れたり曇ったりのまぁまぁでしたが、いかんせん風が強くて走りにくかったですぅ。^^;

画像

本日のターゲットは此方、茨城県土浦市にある『良温(Ra-on)』です。
店のネーミングもですが、店前に店主のものと思われるトヨタ・タコマ(左ハンドルの並行輸入)なんかが停まっててけっこうロックしてる系ですが、店の外装まではお金が回んなかったっすかね。^^;

画像

いただいたのは此方の『ワンタンメン』900円也です。
最初はデフォの良温そば(塩味)750円也をオーダーしようかと思ったのですが、150円増しでワンタンが5個ついてくるんならワンタンメンでいっか〜!ってのりでチョイ贅沢。^^)
まずスープをすすると鶏中心と思われる動物系に魚介と煮干を少し感じます。 うむ?しょうがも入ってる? う〜ん、出汁は良いんだけど塩ダレが希薄なんだよなぁ。 いやね、塩気が薄いわけではないんですがね、ミネラル感がないっていうか、平べったいっていうか…。 これで本当に2016年の塩部門全国第10位ゲットしたんですか〜?
お次に麺。 全粒粉と思しき茶褐色の細麺ストレート。 これは良い味だしてますねぇ。 噛むほどに小麦を感じます。
デフォのトッピングは白髪ねぎ、青ネギ、細く刻んだメンマにチャーシュー。 ま、及第点止まりですね。 特にチャーシューは少し残念な領域かも。^^;
でもね、ワンタンはグーです! なにせ餡がたっぷりで肉の旨みが半端無い、且つ茹で加減が秀逸なので、ありがちな肉団子的にならずジューシーな肉汁を味わえるんです。^^)♪
う〜ん、総合的には78点ってとこですかね。 あっ、あくまで主観ですから、「おまえバカ舌ちゃうか?」とか突っ込まないでくださいね。
ごちそうさまでした〜。

画像

土浦まで来たら霞ヶ浦に足を伸ばさない手は無いですよね!ってわけで『道の駅 たまつくり』至近の此方、霞ヶ浦を一望できる『虹の塔』に登って来ました。(登るのに300円取るけんね)

画像

眼下に見えるのが道の駅で南西方面に霞ヶ浦大橋が伸びてて、はるか彼方には世界最大といわれる牛久大仏も見えました。

画像

ちとトリミングしてみましたけど、どうでっしゃろ?(スマホの写真じゃ無理〜)^^;

画像

北西方面には筑波山と他の山々が見えました。

画像

実は此処に寄ったのにはもう一つ目的がありまして。 コレね、『行方バーガー(通称 なめパックン)』って言って、霞ヶ浦で養殖してるアメリカナマズをパティに使ってるんです!
ラーメンが期待値大きすぎたがゆえのチト残念だったので、茨城のBグルにかじりつこうと思ったのですが…。
券売機の前にいそいそと進むと、ゲッ!売り切れじゃん!!! おいおい、まだ午後1時半を少し回ったばっかっすよ! ちょっとちょっと〜、本気でBグル広めようとしてる? 「こいパックン」、「ぶたパックン」と「かもパックン」は残ってたけど、やっぱナマズ食いたいじゃん!
んなわけで、ここでは何も食わずに岐路に着くのでした。

画像

自宅に程近い綾瀬川土手の菜の花がなんとかまだ頑張ってたのでスポを停めてパシャリ!

本日の走行距離、下路ばっかしの189Km。
約6時間のスポスタソロツーでした。


- - - - - - おまけ - - - - - -

最近チト気になってるバンドのクリップをアップ。

LUCKY TAPESの『Gun』です。
ギターの感じがスッゴク良い♪ ブラス(トランペット)をぶち込んできてるにもかかわらず、ちゃんとオサレ路線をキープしてる。 ちょっとmaroon 5のsunday morningっぽいなぁって気がしなくも無いけど^^;


おなじくLUCKY TAPESの『Touch!』。
こっちの曲は、おーちゃんさんが「バックギターのカッティングがよろしい♪」って良いそうな。^^)


ほいでからコッチはNulbarichの『Lipstick』。
ナルバリッチはNull(何も無い)But(でも)Rich(リッチ)の造語だそうで、Suchmosに近しいサウンドとグルーブを発信してます。 このギターも、おーちゃんさんがうなるだろうなぁ。^^)
うっ、コッチはこっちでmaroon 5のSugarに似てね? お、オ、オリジナリティが・・・ ^^;


こっちはメロウでキャッチーなんでヴィーノさん向けか?^^)
bonobosの『Cruisin’ Cruisin’』です。 なんか、すっごくceroに近しいサウンド♪


おしまいはフレンズの『夜にダンス』です。
いわゆる昔の渋谷系がシティポップって言われてたのに比して2000年初頭のそれはネオシティポップって言われたりしてたんですが、神泉系は渋谷の喧騒から1駅離れたような、ちょっと落ち着いたサウンドっちゅうことみたいで、Suchmosほどクールにならず、ゆる〜く楽しめちゃう的な〜・・・・・・。
ま、ごたくは置いといて、ベースが気持ちんよかとよ〜 ^^)♪

いくつになっても新しい音楽を探す!(それほど新しく無いっちゅう話もあるが<汗>)
No music no life!だかんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
LUCKY TAPESの『Touch!』
監督好きそう

決して曲を損なわず地味に目立ってる?こういうベース好きです
Fenderのプレジションベースのサンバースト
これ、一番好き。
らん太郎。
2018/04/09 05:29
>らん太郎。さん
Touch!は実は二番。
今回の5曲では、『夜にダンス』が一番なのです。(もう、走るベースがタマラン!)
男女ツインボーカルで歌いやすい楽曲なんで、今のカラオケ世代には響くポイントかも?
え〜っと、オイラの世代だと(この曲を)知ってる女子はいねぇべなぁ。^^;
監督
2018/04/09 11:41
Touchのボーカルのコ、めちゃくちゃ監督さんの好みですよね(笑)。どの曲もすごくイイですね。あえて言えばナルバリッチの子が好きです。あ、音楽の話でしたね。(^^) ナルバリッチ快進撃ですね。この夏のフェスは引っ張りだこみたいですよ。
ヴィーノ
2018/04/09 21:00
>ヴィーノさん
はい、好みです。^^)
ナルバリッチ、本当に快進撃ですね。
Maroon 5や、Jamiroquaiの影響を強く感じますが、それはそれでまねっこではなくリスペクトみたいだから良いのかもです。
監督
2018/04/10 15:01
LUCKY TAPESってグループのギター、カーティス・メイフィールドかラリー・カールトン?って感じ。
佳い意味でフュージョンとR&Bと日本のシティポップスが混じってる感じがします。
いずれにせよ どのグループもギターとエレピの使い方がうまいと思ったりなんかして。
それよりもこんなギターが弾きたくても弾けない私。
最後の"夜にダンス"のラップ的メロディーが意外と心地佳いんですけど、もっと黒く唄う方がもっとグッとくるのかなァ、特に男性Voの方…ちょっと素直やもん。
監督さんって今様の曲探さはるん、スゴいなァ。

おーちゃん
2018/04/10 22:43
>おーちゃんさん
フレンズの男性ヴォーカル、『ひろせひろせ』の声は私もちょっとなぁ〜って思ったんですが(なんか、けっこう微妙にフラットしてるし)、この人がほとんどの曲を作曲してるそうでして…。^^;
私のソースはユーツベさんです。^^)
監督
2018/04/11 12:07
昔は「車買取専門」だったのが、今ではラーメン屋さん。
外でよーけ並んで待っているから、人気店なんでしょうね。
舌が肥えている監督さんだからの評価点ですが、私みたいな
素人さんだと、美味しいお店って聞いただけで、美味しいって
言ってそうです(^_^;)
知らない曲を紹介してくれると、新たに興味を示したりして
聞く音楽の世界で広がりそうで嬉しいです!
りーにん
2018/04/11 22:23
>りーにんさん
よくお気づきで!(車買取専門)^^)
ラーメンデータベースで90ポイント超えてるんで、かなり評価は高い店です。
でも私には、う〜ん…でした。^^;
古い曲ももちろん良いのですが、新しいものも常にチェックした否とは思ってますので、今後ともお付き合いいただければ幸いです。
監督
2018/04/12 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
良温(Ra-on) 土浦市 & 霞ヶ浦 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる