スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖地巡礼 ^^)

<<   作成日時 : 2018/01/22 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 11

ふと思い立って、都内某所へ聖地巡礼に行ってきました。^^)

画像

自宅を出てから4号をまっすぐ南下。 千住宮元町から都道461号へ。 ず〜っと走ってたどり着いたのはコチラです。

画像

隅田川唯一の人道橋である桜橋です。 これだけで何の聖地か分かっちゃう人は超オタクですね。^^)
え〜っと、あのドラマのころはスカイツリーなんて構想すら無かったと思われます。

画像

ここにM子が座ってシャボン玉吹いてて・・・

画像

ここにR介が座って故郷の川の話で盛り上がるんだけど・・・

画像

はい、『男女七人夏物語』ですっ!^^)


画像

画像

第4話で、良介が買い物袋をぶら下げて橋を渡っているとき、川沿いの階段でシャボン玉をとばしている桃子を見かける場面です。

画像

画像


画像

画像

帰ってきてから気がついたんですけど、私が撮った写真と劇中のシーンは場所が違いました。 なんと川の反対岸だったみたいです。 劇中のシーンには桃子の後ろに首都高が見えますので、完全に勘違いで写真に収めてきちゃったみたいです。 残念!(ToT)

画像

桜橋から見る隅田川上流。
バイクでは少し寒かったですけど、天気は良かったのできれいな眺めですね。^^)

画像

画像

良介のマンションと千明。

画像

画像

はい、この橋は清洲橋です。 橋の西側が中央区日本橋中州で東側は江東区清澄です。
良介の部屋はワンルーム的にベッドルームとリビングはブラインドで仕切られ、renomaのクッションなどブランド品や絵画ポスターもあり結構おしゃれだったのに、桃子の部屋はフローリングと畳の部屋が分かれる旧式で襖のある高級とは言えない1DKタイプでしたね。 川で隔てられた中央区と江東区という住む場所のステイタスの違いを表したものであったのかもしれません。 実際、良介の実家は何らかの店だった(加賀まりこ演じる兄嫁から推測するにけっこう金あるかも)のに比し、桃子の実家は田舎の教職員でしたもんね。
深読みしすぎかもしれませんが。^^;

画像

画像

清洲橋から望む隅田川下流風景はずいぶん変わりましたね。 下流右側のビルは立て替えたんでしょうねぇ。

画像

画像

桃子のマンションです。 橋一つ隔てるだけで少し地味です。^^;
ここにもツアーコンダクターで世界を駆け回る良介と、下っ端ライターからフリーへとステップアップを目指す桃子との生活レベルの違いを暗に表している感がうかがえますね。

画像

画像

桃子のマンションは建物こそ替わっていないものの、エントランスはずいぶんおしゃれにリニューアルされてました。 本編でのこのシーンは、良介と桃子が始めてキスをしようとするそれでした。 この後、「うち、けぇへんか」のやり取りの後に桃子のマンションで二人は結ばれるんですけどね。
いやぁ〜、むちゃむちゃかわいかったです、桃子。^^)/

画像

画像

劇中に何度となく出てくる萬年橋。 この橋の左側が桃子のマンションで、奥に見える清洲橋のたもとに良介のマンションがあるんですね。 こんなに近くに住んでて、アフター5にちょくちょく会ってたら、恋に落ちないわけがないがな、正味なとこ。^^;



参考のために地図を貼り付けておきます。 隅田川にかかるのが清洲橋で、小名木川の最下流にかかるのが萬年橋です。 こんな近くに恋人が住んでたら良いっすよねぇ。

画像

画像

ATMが時間外になってしまい良介がツアー同行予備金を下ろせなかったために桃子が電話ボックスから千明に借金を頼むシーンでしたね(電話ボックスは現在もちろん無い)。 劇中では午後2時でATMはアウトでしたが、今はほとんどのところで5時まで大丈夫だし、場所によっては夜中でも下ろせますよね。 ATMのシーンはとても面白かったのですが、今と比較すると「う〜ん^^;」と時代を感じるそれでもあったりします。^^;


男女七人夏物語は、1986年7月25日から9月26日まで毎週金曜日21:00 - 21:54にTBS系で放映されました。 このころ私は26歳。 大阪赴任から戻って広尾の東京本社勤務になり、オンもオフも超ハジけてたころでした。
1985年のプラザ合意をきっかけとする急激な円高は国内メーカーの輸出産業に大きな打撃を与え不況をもたらしたが、後の金融緩和策によって市場にはふんだんにマネーが流れ出し、株や不動産への投機をうながしました。 これがいわゆるバブル景気ですが、『男女7人夏物語』の放送終了から2カ月後の1986年12月に始まったんですね。 劇中のファッションを見てると、その片鱗が既にうかがえますもんね。^^)

続編の秋物語はもちろん見ましたが、少しトーンが暗かったのでDVD購入には至ってません。
でも、夏物語は擦り切れるほど観ましたよん。(DVDだから擦り切れないけど・・・)

本日の走行距離、たったの57Km。
4時間ほどの聖地巡礼スポ散歩でした。^^)♪



= = = = = おまけ = = = = =

画像

画像

巡礼後にアプリで探した近くの此方、『らーめん 汐屋 まる長』で塩そば(700円)。
スープは野菜の甘みを感じ、塩ダレも穏やかで十分美味しいのだけど、ブラックペッパーの風味が少し気になる(ってか、好みで後入れすればいんじゃね?)。
トッピングは至極普通で可も不可も無いのだけど、麺が茹で過ぎ感ありありでちょっとなぁ・・・。
なんて言うんだろう、特筆すべきものが無い、安全第一で奇をてらわない的な?
RDBで83.7ポイント取ってるけど、オイラの評価はオマケでも75点がいいとこです(聖地巡礼の後なので太っ腹)。
ごちそうさまでした〜。^^)♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
86年ですか。僕は大学生。パソコンもケータイもメールもない時代ですね。でもいい時代でしたね。日本も元気でしたしね。
(^^)
ヴィーノ
2018/01/22 18:45
男女7人、毎週楽しみに見ていました。
こういうロケ地に行くっていうのも
楽しいですね。
鉄橋よく覚えてますよ。
都会は、こういう場所が沢山あって
羨ましいです。
最後はラーメン、お約束ですよね(^^)
りーにん
2018/01/23 12:25
>ヴィーノさん
便利がすべて良いとは限らないってことですかね!? ^^)

>りーにんさん
はい、ムッチャ楽しみでした。
都内には良い雰囲気の橋がたくさんあります。
はい、お約束です。^^)
監督
2018/01/24 12:08
聖地巡礼…東京ラーメンツアーかと思いました。
男女七人夏物語、ボクも見てました。
監督さんが書かれる通り、公衆電話に代表される様々なものが無くなるものだってことを想像もしてませんでした。
佳くなっていくのはありがたいけれど、そんなにありがたくないものだってことに最近気がつきました。
でももはやスマホは手放せない…RDB見なアカンもん。
おーちゃん
2018/01/26 07:27
>おーちゃんさん
残念ながら確かに手放せません。
でも、スマホ害(ながら歩きや電車内いざこざ等)も生んだりしてるのでmなんだかなぁとも思います。
男女七人の頃の大竹しのぶさんは私にとって女神様です。^^)
監督
2018/01/26 13:10
男性的な永代橋が
好きです!

隅田川に架かる橋達は
みんな個性があって見てたのしめますね

しかし、監督
気合い入ってますなぁ。
らん太郎。
2018/01/26 21:13
すごいDVD持ってますね。懐かしくて見てみたいです。さんまさんのネクタイ細い‼
AKI
2018/01/26 23:02
>らん太郎。さん
はい、個々個性があって良いですね♪
ええ、男女七人だけは強烈に気合入ってます!^^)

>AKIさん
ネクタイは時代を表しますからね。
でも、けっこう太くなったり細くなったり繰り返してもいますけどね。
ってか、会社員がネクタイをしなくなる日も遠くないかも?^^)
監督
2018/01/27 13:23
私、大竹しのぶさんが19歳の頃に「キャッチボールしよう」と誘われた事あります。
映画「事件」の撮影で下宿先の庭での事です。ゆっくり起きた朝に庭先に出ると、き気さくに声掛けられました。当時はまだ新人で初々しい感じでしたよ。
数日後、自転車で下宿先に向かっていると後姿で美人オーラを出して歩いてる女性がいたので、顔見たいと追い越して振り返ると、「カット‼」と大きな声が・・
美人さんは、共演してた松坂慶子さんでした。

美人につられて、知らずに、撮影中のエリアに入ってしまったのは、秘密です😅
くみちょう♪
2018/01/29 10:24
わたしゃ、見た記憶が無いんですよ…。
忘れたわけじゃないと思いますが…。
「愛という名のもとに」は覚えてるんですが、六年も後だし…。
『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』は更に後だし…。
幼すぎて覚えてないのかな…。
高速有鉛
2018/01/30 10:28
>くみちょう♪
うらやましすぎる〜!

>高速有鉛さん
え〜〜〜っ、最終回は視聴率30%をも超えた人気ドラマですよ!
幼すぎて…?^^;
監督
2018/01/30 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖地巡礼 ^^) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる