スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS サンディエゴ&サンフランシスコ紀行 その6

<<   作成日時 : 2017/11/30 11:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

六日目、11月3日金曜日、サンフランシスコ二日目はレンタカーをピックして郊外へ。


この日は約240Kmのドライブでした。

画像

ここは欠かせないですよねぇ。 はい、ゴールデン・ゲート・ブリッジです。
霧の街サンフランシスコと言われますが、この日は(この日も)曇天。 雨が上がったのがせめてもの救いでしたね。^^;

画像

橋の上から望むサンフランシスコ・ダウンタウン。 朝の9時前ぐらいでしたか。 まだ街はこれから動き出すって感じですかね。

画像

次の目的地に向かってUS101を北へ進みサンタ・ローザ方面へ。 ソノマ・ナパの文字が♪

画像

小雨が降っていたのですっかり外観写真を撮り忘れたため、うかがった先のHPから画像を拝借しました。
ソノマはロシアン・リバー・ヴァレーにあるMaboroshi vineyard & wine estateです。
オーナーの私市さんはもともと関西出身の酒販業従事者でしたが、一念発起してフランスはブルゴーニュへ飛びワイン造りを勉強し、その後当地カリフォルニアに土地を購入して自らのブランドを立ち上げられました。 形は違えど脱サラの大先輩です。

画像

豪華なリビングと思いきや、なんとここはワイナリーのテイスティングルームです。

画像

画像

ヴィンテージの違う2種類のシャルドネ、2種類のピノノワールと1種類のロゼをテイスティングさせていただき、計12本購入させていただきました。 どれもすばらしく美味しかったです♪^^)

画像

私市さんご夫妻と記念撮影をパシャリ。 終始和やかにお話させていただき、楽しい時間をすごすことができました。
お二人とも日本語、英語、フランス語がペラペラ! 異業種からの参入、且つ見知らぬ地での修行を経てここまで成功されるのって並大抵の努力ではないと思われます。 私もまだまだ頑張らねばと再認識した次第です。^^;

画像

幻ワイナリーを後にセントローザ中心地を掠めるようにソノマハイウェイを東へ。 その後道なりに南下して古城的デザインが特徴のLedson Winery & Histric Castle Vineyardsへ。 古城ってか幽霊屋敷的な・・・。^^;

画像

そのすぐまた南には、これまた建物の美しいワイナリーSt Francis Winery & Vinetardsがあります。
ここは二年前にも訪問してテイスティングを行ってますので今回それはパスして散歩だけ。^^)

画像

南下を続けてソノマ・ヒストリック・パークのあるソノマプラザへ。

画像

画像

街中を散策した後はランチレストラン探し。 いくつかの店を覗いたのですが、どこも結構混んでいたので一番空いていたThe Sonoma Cheese Factoryに併設のBBQバーガー店で家内はチーズバーガー、私はアボガド&ベーコンバーガー(ともにパティはハーフパウンドほど!)。 オーダーしてからその場で焼いてくれるので熱々旨々です。

画像

例によってデカいけどね。 現地のクラフトビールで流し込みましたよん。^^)

画像

食後の散歩を済ませて駐車場に戻り、はたと気づいたのでパシャリ。 今回借りた車はフォードのFusionでしたが、ナンバーがなかなか良いじゃないですか。 7Zカリフォルニア001番ですっ!^^)

今回走ったソノマハイウェイの東には小山を挟んでシルバラード・トレイルというナパワイナリーエリアを南北に走る道があります。 その小山の山並みですが、10月初旬から中旬にかけてエリアいったいを襲った大火災で大きく被害をこうむっていました。 山裾こそ被害は免れたようですが、山肌上部一面は真っ黒でした。 一日も早い復興を願わずにはいられません。

画像

サンパブロ湾を右手に観ながらシアーズ・ポイント・ロードを東へ。 ヴァレーホ街外れのモールにあるターゲットで、Maboroshi Wineryで買い込んだワインケースを載せて転がすコンパクトキャリーを購入してからサンフランシスコ・ダウンタウンへ。 リンコン・パークから海沿いをピアに沿ってホテルまで戻りました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今回の全旅程最後のディナーは、レンタカーを返してからホテルまで戻る道のり途中で見かけた、いかにもアメリカンなBrick and Beamというバー・ダイニングにターゲットをセット。 しかしながら行ってみると満席で順番待ち、且つ店内はかなり賑やか、というかけっこうノイジーだったので待つのはやめて泊まっているホテルへ戻り、併設のPescatoreイタリアンレストランへ。
ところがコレが大正解! 店内はほどほどの入りでウェイトレスさんもにこやかでフレンドリー。 オーダーしたものもすべてがとても美味しかったです♪ 灯台下暗しってやつですかね。^^; おなかパンパンで部屋に戻りました。




画像

画像

この最後の二枚は翌日4日土曜日。
早起きして前もって頼んでおいたWingz(ウーバーみたいな)のドライバーにホテルから空港まで送ってもらい、チェックインを済ませた後はサンフランシスコのラウンジでまったり。 その後ロスまで飛んで、今度はロスのラウンジで乗り換え待ち。 11時間を少し切る向かい風のウエストバウンドで羽田に飛んで、陸路はリムジンバスで越谷まで移動して自宅へ帰り着きました。

家内との長期旅行は新婚旅行以来でしょうか。
たいへん楽しい6泊8日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、どこかで見たエチケット。これが先日いただいたmaboroshiですね。オーナーさんも素敵ですね。作り手の顔が見えると、いっそう美味しく感じられそうですね。いいなぁワイナリー巡り。まずは山梨に行ってみようかな。
(^O^)/
ヴィーノ
2017/12/01 07:19
サンフランシスコと言えば、この橋がまず最初に出て
きますよね。 ケンブリッジ飛鳥! あれっ(^_^;)

脱サラの大先輩、凄いですね。
やはり”努力なしに成功なし”ですね。
私も、もっと努力しよっ。

美味しそうな料理の数々、どれか1品監督さんのお店で
食べられるかも(^'^)
りーにん
2017/12/01 22:28
>ヴィーノさん
maboroshi、むちゃ美味です!^^)
山梨もですが、お勧めは長野です!

>りーにんさん
そうそう、ケンブリッジ飛鳥! ちゃうちゃう。^^;
努力です!女の又に力っす!(爆)
う〜ん、海鮮リゾットぐらいならできるかなぁ。
監督
2017/12/02 14:59
サンフランシスコと言えばやっぱりドゥービー…いや違た、ゴールデン・ゲート・ブリッジと聞きます。
実際に見るブリッジは迫力あるんでしょネ。
脱サラ私市は関西方面の方とのこと、交野枚方方面にその名の駅がありますし その界隈出身なのかなぁ。
方向は違っても朋友って感じでお互いを刺激し合ってる感じがして、監督さんもカッコー…って思いますえ。
この度でお店で出すお料理、佳いアイデアが湧かはったんちゃいますやろか。
おーちゃん
2017/12/03 17:51
>おーちゃんさん
ドゥービーはサンノゼ出身でしたね♪
私市さんの出身地までは聞きませんでしたが、しゃべりは確実に関西弁でした。^^)
アイディアは少〜し湧きましたが、商品化には程遠いかなぁ。^^;
監督
2017/12/03 18:15
見事に見えますねぇ
自分の時も雨上がりで霧が晴れくっきり、
珍しいって言われました

私市さん、キサイチさんってお読みするんですよね
知り合いにいますけどやはり大阪の方です^^
らん太郎。
2017/12/04 00:58
素晴らしい旅でしたね。こんなにスマートに自由に旅出来るのは監督さんならではですね。最初の解説にある240km行程ですが、やはり日本のそれよりも疲れない距離なんですよね?
AKI
2017/12/04 08:20
>らん太郎。さん
朝9時頃でしたが、小雨が上がって橋を中ほどまで歩いて渡りました。
なかなか見ごたえありましたね。
はい、キサイチさんです。

>AKIさん
アメリカはフリーウェイを降りても信号機が少ないので走りやすいです。
ってか、歩いてる人がダウンタウン以外ほとんどいないので、けっこうスピード出せますしね。
監督
2017/12/04 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンディエゴ&サンフランシスコ紀行 その6 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる