スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華そば田家(埼玉県川越市)

<<   作成日時 : 2017/09/10 18:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

今シーズン食べ納めだろうなと思いつつ、此方の冷やしらーめんを目指して行ったのですが…。

画像

今日はけっこう暑かったので、当ブログでも何回か登場済みの此方、川越市にある『中華そば田家』さんに出向いたのですが、残念ながら冷やし系は既にメニュー落ちしてました。 んで、考えた既に『煮干塩らーめん』(750円也)を券売機でポチっと・・・、あれ!? この店って券売機じゃなかったはずなんだけどなぁ。

画像

う〜む、きれいで美味しそうな色味です(^^♪
まずスープをすすると、きれいな煮干をしっかり感じます。 全く臭みは無く、魚そのものの旨み(特に鯵のそれ)を感じます(昔のは少しエグミを感じるぐらいのガツンとした煮干しだったような・・・)。 店のチラシを見ると、基本は片口イワシとアジがメインだそうで納得。 塩ダレも初めは良い塩梅でしたが、最後の方には少し強く感じ始めちゃいました。 ま、暑い最中に股下火鉢のスポスタで走ってきたので身体が塩分欲しがってたから良いっちゃ〜良いんですが、昔はもう少し塩ダレが控えめだったような…。
トッピングは低温調理で旨味が出たチャーシューと鶏の胸肉、メンマ、ネギ、三つ葉に焼き海苔です。 どれも十分美味しいのですが、昔のチャーシューはもう少し厚みがあったような・・・。
いろいろネットで調べてみたら、店長が変わったみたいです。 いやね、本当にすごくおいしいんですよ。 RDBでも96ポイントをマークしてますしね。 少〜し複雑な気持ちでしたが、ごちそうさまでした〜(^^♪

画像

ラーメンの前には地元の二輪館でチト買い物。 今日は自宅で少し処理したいこともあったので遠出は止めて前々から気になっていたあの店をちょこっと再訪。 はい、過去ログで何回か登場済みの『COFFEE けせらんぱさらん』です。
前回記事では閉店かも?と記したのですが、やはり違う店に変わってしまっていました。

画像

『マクロビオティックベジカフェ URAWA BIO』です。 外観は看板を除いて変更無しの、所謂居抜き開店です。 もしかしたら先代から引き継いだ息子さんが主旨変えして新路線で走り出したのかも!?とわずかばかりの期待と共にドアを開けましたが、やはりそうではなく女性二人が切り盛りする、しっかりしたビーガン対応のベジカフェになってました。
せっかくなのでコーヒーを一杯いただいて以前の話はせずに静かに帰ろうとしたのですが、女性店主が「けせらんぱさらんの頃からのお客様ですか?」と聞かれたので少しお話しをしました。 お店は6月にオープンだそうで、その前にも別オーナーでベジカフェとして半年ほどやっていたようですが、週二日だけの営業だったようで、当然のように立ち行かなくなって辞められた後の開店とのことでした。 場所的には難しいところですが、しっかりビーガンに徹したメニューで頑張っておられるようなので検討をお祈りしたく思います。 どんな形であれ、思い出の地(店)が無くなってしまうよりは良いですからね。 水出しダッチコーヒーは良い味出してました。(^^♪

本日の走行距離、下路ばっかりの74Km。
スポスタラーツー&コーヒーでのんびりの一日でした。














・・・・・・で終われば良いのですが、やっぱりこの件は書かざるを得ないっす!


自宅を目指しての国道298号(外環の下路)。 私は第二車線を走っていました。
当時はこの画像よりもたくさんのクルマがあり、第一車線は既に列をなしてクルマが停車。 左からの合流車線も合流待ちでたくさんのクルマがノロノロ。 第二車線は空いていましたが、すぐ先の信号が既に赤だったので先頭の私はスロットルを戻して減速を始めてました。 多分、時速40Kmぐらいだったかと。
すると、合流車線から第一車線に入り即座にそのまま第二車線に入ろうとしている軽のワゴン車が先の方にちらりと見えたのですが、まさか入ってこないだろうとそのまま第二車線を減速しながら進みました。 ところが件のワゴンは全く止まらず第二車線に入り、なんとそのまま右折車線まで突っ込もうとするじゃないですか!(交差点前は黄色線なので車線変更禁止なのですが)。
当然私はロック寸前のフルブレーキでクラクションを鳴らしながらなんとか追突を回避。 すぐさま右折車線に無理やり入った車の左横に超低速でつけて運転手をにらみつけると、「なんだよ、文句あるのかよ」みたいな顔してこちらをにらみ返しやがったんです、そいつ!
その瞬間、私の脳内で何かがブチッと切れる音が…。 即座、軽の鼻筋にスポをねじ込みクルマを停車させ運転席に駆け寄りグローブの手で窓を叩きながらドアを数回膝蹴り(もちろん凹まない程度に)。 やっと窓を開けたのでヘルメットのままチョーパン喰らわしてやろうかと思いましたがそこは我慢してガァーっと一通り文句を怒鳴り散らすと、運転手は突然豹変してひたすら「ごめんなさい、すみません、見えなかったんです、ごめんなさい、すみません」の連発。 「てめぇ、なんて運転してやがんだ、こらっ! ざけんなよ、ボケ! ブレーキ間に合わなかったら、こちとら飛んで即死なんだぞ、ぐぉらっ!」と言い放ち、その場を後にしました。

合流から数車線跨いで右折車線に無理やり入るクルマって結構見かけますよね。 あれ、絶対ダメっす。 もう一つ先の信号まで行って、戻ってくれば良いだけのことなんですから(最近は交差点でUターンできるようになってるし)。 事故起こしてから後悔しても戻らないものがあることを、運転するものはちゃんと理解しないといけないです。
はい、自分にも言い聞かせてます。

ってか、にらみつけた時にちょっと頭下げてればそのまま何も無く済んだことなんですけどね。
なんといわれようが許せないんですよ、そういう自分勝手なヤツ。

あ〜、腹立つ!
シャワー浴びてルービー飲んで忘れよう〜っと。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな運転するアホって文句言っても通用しないで意味不明な逆ギレするかもしれないですよ。
何れにしても監督さんとスポが無事で良かったです。
AKI
2017/09/11 16:58
監督さんの所で冷やしらーめんを期待したのですが
もう9月ですもんね。 ちと残念(^_^;)

「けせらんぱさらん」さん覚えていますよ。
そうでしたか残念でしたね。
新しい女性店長に話しかけられるって、監督さんが伝説の男に
なってたんすよ、きっと!

横着な運転手多いですよね。
私も何度かヒヤリがありますが危ないですよね。
バイクは頭以外守れませんからね。
私はそんな運転しません。いやっ、していないと思います。
気がついてないだけ? 注意します(^_^;)
りーにん
2017/09/11 21:56
この出来事だけで、楽しかった休みが台無しになっちゃいますね。とはいえクルマを手放して10年以上経った僕は運転がチョー下手なので、あまり他人を非難できません。先日実家でクルマを運転してたいへんでした。くわばらくわばら。
ヴィーノ
2017/09/11 22:06
>AKIさん
ご心配、ありがとうございます。
アホは相手にしないのが一番だということは分かってるつもりなんですが、なんていうか魂が許さないらしく勝手に体が動いてしまうアホなおじさんです、私。^^;

>りーにんさん
伝説の男は、アホで伝説になっているのかも?(◎_◎;)

>ヴィーノさん
久しぶりに運転する方は良く注意しながら運転するので、自分がへますることはあっても人に迷惑かけることは無いですよ。初心者マークと同じ感じ?^^;
はい、最後が残念でした。orz
監督
2017/09/12 15:05
御無事でなによりです。
記事を読んでるだけで怖かったー

2017/09/12 19:50
ともかく無事で佳かったです。
変な運転する輩、多いです。
でも父に言われたことあります
「御堂筋はそんな人ばかり、はよ慣れとき」ッて
でもコレは車での話、バイク事故で亡くなったいとこのお兄ちゃんがいるのでこの話は人ごとでは無いです。
がっつり怒られたのは当然の話。
おーちゃん
2017/09/13 08:02
>ゆ さん
ご心配をおかけするような記事で申し訳ありません。
はい、無事も無事、元気元気です。(^^♪

>おーちゃんさん
ありがとうございます。
従兄さん、バイク事故で亡くなられたんですか。
ご冥福をお祈りします。
がっつり怒りましたが、傷害的暴力は行使していませんので…。^^;
ぶつかってたら彼の人生は大きく変わっちゃってたはずですから…。
監督
2017/09/13 14:05
3秒前、30メートル前
当たり前のことを当たり前にやれよって
言いたくなりますよね

ただ、構造的に、地面のペイント仕分け的になんじゃココって
道路も多い

新オーナーさんも
どこか感ずるとこがあったんでしょうねぇ
らん太郎。
2017/09/17 02:03
>らん太郎。さん
結論。
オラ達は安全運転で!^^)
監督
2017/09/21 14:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
中華そば田家(埼玉県川越市) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる