スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS TWSワイン中級コース その後

<<   作成日時 : 2017/06/25 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

いやいや、ワインは難しい。そして楽しい(^^♪

4月20日から始まったコースも約半分の9回を数えるまでになりました。

画像

6月1日、第6回は『フランス 黒ブドウ品種の個性』でした。 品種毎の個性をより明確に認識することが目的です。
カベルネ・フラン、ピノ・ノワール、ガメイ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーの6種類。 今回の正解率は4/6でまぁまぁ。 2番のジュブシャンと5番のサルジェが美味しかったです。

画像

6月8日第7回は『フランス 赤ワイン産地の個性Part I』。 同じブドウであっても産地によって個性が違うことを認識することが目的です。
ロワール、ラングドック、ポムロール、マルゴー、ポイヤック、マディランの6種類。 今回の正解率は2/6でがっかり。
ポムロール、マルゴー、ポイヤックって皆ボルドーですからねぇ。 難しかったですぅ。^^; ってか、テルトルとランシュ・バージュ、美味しかったです。

画像

6月15日、大第8回は『フランス 赤ワイン産地の個性Part II』。 前回に続き、産地の個性認識が目的です。
ボージョレ、シャンポール・ミュジニー、ジュブレ・シャンベルタン、プロヴァンス、ローヌ北部、ローヌ南部の6種類。 正解率は4/6。 プロヴァンスのバンドール(ムールヴェドル)がしっかりしていたのでローヌ南部のシャトー・ヌフ・デュ・パプと逆に答えて全問正解ならず。 今回はミュズニー、ジュブシャン共にプルミエ・クリュ! 且つこの二つは同じ造り手の違うエリア。 同じ造り手なのにエリアが違うと、個性も大きく変わってくるという見本のようなティスティングでした。 いや〜、でもミュズニーとジュブシャンのプルミエ・クリュですからねぇ。美味しくないわけがない。(^^♪

画像

6月22日、第9回は『フランス 赤ワインの熟成比較』。 若いワインんと同じワインの熟成したもの3種類を比較して、熟成による変化を考察することが目的です。
ボーヌのプルミエ・クリュ、ローヌのコート・ロティ、ボルドーはサン・ジュリアンの格付け3級ラグランジュの若いもの(2014、2012、2014)とそれらの古い熟成したもの(全て2004)。 まず地域は1/3しか当たらず、熟成したもののヴィンテージ当ても1/3しか当たらず。 超難しかったです。 04のラグランジュがむっちゃ美味しかったです。

第1回〜9回までで、既に51種類、希望小売価格ベースで締めて約32万円分のワインを試飲したことになります!
32万円分と言ってもボトルベースですし、実際に飲んでいるのは一種類につき70mlぐらいですからザックリ3万円分ですが、実際には70mlずつ売ってくれるお店なんてどこにも無いので、やはりこのコースは価値があるなぁと思う次第です。

難しいけど美味しくて楽しい。 勉強と言う名のファンですね(^^♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ソムリエとして、色々なワインを五感で覚えないと
いけませんもんね。
監督さんでも全問正解できないワイン中級コース。
難しいけれど、監督さんの今後の目標ができて、
いい方向に転換していくと思いますよ。
りーにん
2017/06/26 18:44
>りーにんさん
目標達成(連続全問正解)は困難な気がしてきた今日この頃です。^^;
でも、少しは知識として蓄積されてると思います(思いたい)。
監督
2017/06/27 11:47
この勉強はスクールならではですね。よほどのお金持でない限り、独学は無理ですもんね。格付けボルドーや村名ブルゴーニュ、何年も飲んでいません。ラグランジュの垂直テイスティングなんて夢のようですね。
ヴィーノ
2017/06/27 21:34

試飲してしまったヨ お目当てのワインに
もし君がボクのように 楽しみを存分に
味うというのなら 勉強会に参加を

ココで勉強しはったことが、監督さんのお店での勉強会にフィードバックできるんやもんネ。
お客さんにとっても大切な経費です、間違いなく。
おーちゃん
2017/06/28 08:00
受講料高い訳ですね。
画像見てるだけでヨダレが、
AKI
2017/06/28 08:16
ココでも替え歌始まってるし^^
らん太郎。
2017/06/28 10:01
>ヴィーノさん
はい、スクールならではですね。
若いの三種、エージング三種。グラスが6つ並ぶと色の違いにも驚かされます。

>おーちゃんさん

愛宕山の公園ベンチでダラダラ過ごすつもりだったのに
「試飲しない?」って呼び出されて
スクールでティスティングさ ボロボロボロだったけど

はい、バッチリフィードバックできます!^^)

>AKIさん
これら出てくるワインのレベルを考えるに、受講料はリーズナブルと言わざるを得ませんね。
財布にはきついけど。^^;

>らん太郎。さん
はい、格闘してます。^^)
監督
2017/06/28 12:31
最近、ブドウの品種は少し分かってきたけど…。
ワインがもうちょっと、覚えやすい名前になってくれれば覚えられるのかな…。
飲んでも酔わなければ、もうちょっとしっかり覚えられるかも…。
高速有鉛
2017/06/28 13:45
>高速有鉛さん
確かに名前は覚えにくいですね。^^;
いやいや、美味しく飲んだら酔った方が良いんです(^^♪
監督
2017/06/30 18:11
ワインってどんだけ有るのだ?って思います。
あちこちでワインの広告を見ますが、同じのって見たことないと思う。
いつも「カベルネ・ソーヴィニヨン」と書いてあるのを買っています。
スーパーでね(^^)

2017/07/01 19:35
>ゆ さん
たまにはメルロやシラー、マルベックもいってみてちょ(^^♪
監督
2017/07/02 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
TWSワイン中級コース その後 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる