スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 支那そば 横浜タンメン 阿波家(茨城県古河市) & others

<<   作成日時 : 2017/05/28 16:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

年に何回か、ココのコレを体が欲するのよねぇ。^^)

画像

現地着12:45。今日は駐車場もほぼ満車でけっこう混んでました。 二つ空いていたカウンター席に待たずに着席。

画像

オーダーしたのは『限定 とりねぎそば(しょうゆ味)』750円也です。
鶏チャーシュー、焼き海苔、穂先メンマ、味玉、青い部分の炒めネギと薬味の白髪ネギすべて抜群なのですが、太くて白い部分の焼きネギ(写真では炒めネギの下にゴロゴロと三個)がこれまた絶品なんです。 噛むとネギの甘さがじゅわっとくるんですよ〜♪ もちろんスープも絶品。 獣系と魚介系が相まって何とも言えないコク、そして野菜からくる甘みがたまりません。 中細のストレート麺が少し濃いめのスープにジャストミート〜〜〜!
今日は混んでいたからか、私が帰る1時半にはスープ売り切れにて早い閉店となっちゃってました。
ごちそうさまでした〜(^^♪

画像

ら。さん曰く「塩味のあとは甘味が基本」とのことなので、『道の駅 ごか』で天ぷらアイスクリーム(200円)を食べました。 アイスクリームをビスケットに挟んで衣をつけて揚げたものですね。 超Bグルって感じですが、これはこれでありかもしれません。(笑)

画像

日にち変わって先週木曜日のランチはコチラ、過去にもアップしたことのある虎の門の『香港麺 新記(さんきぃ)』です。

画像

頂いたのはCランチ(ワンタンつみれ麺+チャーシュー飯(小))850円也です。
前にも書きましたが、ここのラーメンは日本のそれと一線を画します。 香港のそれを日本風にアレンジした感じですが、基本的にとても優しいスープに超極細の香港麺がマッチします(日本麺=玉子細麺も選べる)。 トッピングの具が香港香港してて美味しい♪ エビワンタンは香港で言うところの『ハーガオ』そのもので超美味しいです(^^♪
チャーシュー飯は香港のそれとは少し違うのが残念ですが(香港のそれはもっと八角が効いてる)、シンプル&質素でそれなりに美味しいです。 当面、毎週木曜日はココへ通うことになりそうです

画像

その理由はコチラ。 既に何回かアップしている田崎真也ワインサロンのワイン中級コースです(毎週木曜日14:30 - 16:30)。 今回のテーマは、『フランス 白ワインの熟成比較』でしたが大変難しゅうございました。
左三種と右三種における色の違いが熟成の差を物語ってます。

画像

先ずは最初に左三種類をブラインドティスティング。 皆が自分のティスティングコメントを述べた後に正解発表。 その後は同じワインのバックヴィンテージをティスティングして熟成違いによるコメントを述べた後にヴィンテージを当てるというコースでした。 結果は惨敗 バックヴィンテージも一つしか当てられませんでした。
特に3つ目のソーヴィニヨンブラン(AOCぺサックレオニャン)は全くの見当違いでムルソーと答えてしまいました。 ソーヴィニヨンブランも14,000円もするクラスになると、シャルドネと間違えるほどの味わいになるんですね。 もう、マジでがっくしですわ…。

左からシャブリGCブランショ2014年(シャルドネ)<ブルゴーニュ>(8,424円)、ボーヌ1er Cru レ・セグロ・ブラン2014年(シャルドネ)<ブルゴーニュ>(8,640円)、Ch スミス・オー・ラフィット・ブラン2011年<AOCぺサックレオニャン>(14,040円)、右三つは左三つと同じワインのバックヴィンテージで2007年(9,504円)、2005年(11,340円)、2000年(11,880円)でした。
ぜ〜んぶ美味しかったですが、ぜ〜んぶ超難しかったです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
監督がこんだけリピートするんだから
よっぽどなんですねぇ
今度マジ車走らせてみっかなぁ
古河なら県境、すぐだし

ラーメン汁まで飲むんで
甘いもんどうしてもネ^^
旨いんだ、またそれが。
らん太郎。
2017/05/28 21:44
支那そば 横浜タンメン 阿波家さんは監督さんの好みにドンピシャなんですね。
定期的に食べたくなるのはジロリアンで無い所のアワリアン?
しかし、ワイン中級コースって全然中級じゃないですやん。
プロ向けって凄い。
AKI
2017/05/29 00:39
>らん太郎。さん
確かにオイラの趣向にあってますが理由はそれだけではなく、スポにまたがって1時間弱という、散歩には打って付けの地の利みたいなもんもあるんです。
でも、マジ旨いんで是非!^^)

>AKIさん
はい、アワリアンです(^^♪ <ジロリンは無理っ>
これが中級って考えると、やっぱりまだまだ私は初級なんだなぁと思い知らされます。^^;
監督
2017/05/29 09:43
『香港麺 新記(さんきぃ)』の店構えのカオスな雰囲気が素敵…。
隣がチムニーじゃなくて、もっと昭和な個人店だったらもっと素敵…。
高速有鉛
2017/05/29 14:35
ネギって脇役のイメージが強いのですが、結構いい味
出しているんですよね。
甘さじゅわぁ〜にヨダレが(^_^;)
天ぷらアイスクリームも食べてみたい。

ワイングラス、呑まずにドレミファソラシド〜って
音鳴らしてたら、一発退場でしょうな(^_^;)
りーにん
2017/05/29 22:39
ワンタンつみれ麺+チャーシュー飯が気になる気になる。
でもボクもスープ全部飲むタイプ,天ぷらアイスクリームが気になる気になる。
ワインのテイスティング,監督さんも悩むくらい大変なのネ。
でもココでがっくししはったのも次に繋がる経験。

ワインのテイスティング 少し外したくらい
他の人は もっと外してる

ンじゃ無いかな。
おーちゃん
2017/05/30 21:23
>高速有鉛さん
さんきぃは庶民的(香港的)でなかなか良い雰囲気ですよ。
ま、路地裏街なんでチムニー的なお店があるのも仕方ないんですけどね。
とても虎の門ヒルズさまが鎮座する街とは思えないところがまた良かったりして。^^)

>りーにんさん
ここのご主人、以前の店では『ネギ大将』と呼ばれていたらしく、ネギの焼き加減がグンバツなんっすよ。
ワイングラス叩いても一発退場にはなりませんが、「叩いても分かりませんよ」って言われるでしょうね。^^;

>おーちゃんさん
日本のラーメンを期待して入ったら、間違いなくガッカリしますが、香港風を求めて入ればドンピシャです(^^♪
いやしかし、替え歌分からん…。^^;
監督
2017/05/31 12:12
赤ならまだしも、白の熟成感ってぜんぜんわかりませーん。ワインは奥深いですね。2000円以下のワインばかり飲んでいる僕は、ワインの楽しさの表面しか知らないんだなぁと、今回の記事を読んで感じました。とはいえ深堀りするには、先立つものが必要ですよね。
ヴィーノ
2017/05/31 19:46
>ヴィーノさん
確かに深堀には軍資金が必要ですね。
そういう意味でもこのコースはいけど意義があると思います。
だって、そうそう手の出ない価格帯のボトルがどんどん出てきますからね(^^♪
監督
2017/06/02 15:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
支那そば 横浜タンメン 阿波家(茨城県古河市) & others スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる