スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS GW富士山ドライブ&ラーメン ル・デッサン(静岡県島田市)

<<   作成日時 : 2017/05/09 11:47   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

今年のGWは月〜金まで営業したので、翌土〜月を休業として遅いGWを楽しんできました。

画像

「高速は使わないぞ!」と決めて下路をずんずん。 122号から16号、411号と入って奥多摩湖を目指します。
新緑がきれいですが、この2台前の赤い軽ワゴンにやられました。 直線と下りは時速60Kmぐらい出すんですが、コーナーと上り(直線ですら)は時速30Kmまでガクンと落ちるんです。 勘弁してよ・・・。

画像

全面追い越し禁止なのであきらめて道の駅『たばやま』で休憩。 同じユニの輪行チームがたくいさんいました。 隣のエキシージはサポート車の一台らしく、助手席が輪行チームのカメラ担当だったみたい。 ちなみに奥の軽は件の遅いワゴンではありません。(単なる偶然)

国道411号も奥多摩湖〜道の駅たばやまと過ぎると、広くは無いけどなかなか気持ちの良いワインディングになります。 遅いクルマがいなければ、こんな感じで楽しく走れます(^^♪ (手振れ堪忍)


画像

411号も下りに入ると富士山が望めるようになります。 埼玉南部に住んでいると関東平野ど真ん中のひらたいとこばっかり見てるんで、山、特に富士山が見えるとすぐ興奮しちゃうんです。(笑)

画像

411号を下り続けて山梨県甲州市市内へ。 笛吹を抜けて中巨摩郡、富士川沿い国道52号見延道を南下して清水方面へ。 途中昼食エリアを探すも、お決まりのほうとうや蕎麦屋しかなく、引っ張りに引っ張って清水市のコチラ、老舗の『丸岩ラーメン』。 昭和54年からこの地にて営業を続ける老舗中の老舗だそうです。 ラーメンデータベースの清水市で第1位なんですけど、ポイントは55点と低いんです。 清水ってラーメン文化圏じゃないのかな。^^;

画像

デフォの醤油ラーメン、700円也です。
一言で言えば、昔懐かしい醤油ラーメンって感じですね。 特筆すべきものは何もない、郷愁漂うだけのそれでした。 まぁ良いっちゃ良いんですけどね。^^;
清水は漁港なのでお魚センターみたいなのがあるのは想像に易かったのですが、魚は晩飯で酒でも飲みながらと決めていたのでコチラでラーメンをいただくことにしました。
先々代が昭和5年に屋台を引き始めたときからのスープを引き継いで造りこんだという一杯。 はい、懐かしゅうございました。 ごちそうさまぁ〜♪ (点数は敢えてつけず) ^^;

画像

清水に来たらココに行かないわけにはねぇ。 三保の松原から望む富士山です。 少し曇ってたので富士山がかすんじゃってますが、さすが世界遺産って感じ(^^♪

画像

『羽衣の松』ですが、なんとこれ既に三代目だそうです。 初代は1707年に大噴火で海に沈み、先代は立ち枯れが進み三代目に2010年に引き継がれたとのこと。 三穂津姫命が降臨する際の依り代だそうですが、三代目って・・・。^^;

画像

三保の松原最先端をちょっといったところにある『三保飛行場』。 静岡県と赤十字飛行隊の訓練飛行場として位置づけられているそうです。 ってかココ、本当に離着陸できるの?ってぐらいボロいんですけど、ラジコン飛行機が飛んでました。^^;
はい、お約束の富士山ももちろん見えます。


三保から静岡市へ向かう国道150号は海際をずぅ〜っと走ります。 こういう道はのんびり走ると気持ち良いですね。

画像

時間はたっぷりあるので焼津を抜けて大回りで海際の道を選んでココへ。 『越すに越されぬ大井川』の海に流れ出す河口近くの土手。 奥に臨むは南アルプスの山々か。

画像

県道をいくつか繋いで島田市のビジネスホテルにチェックイン。 シャワーを浴びて午後6時。 早めの夕食をコチラの『ごはん屋 ととも』さんで。 こちらは魚屋『魚茂(うおしげ)』さんが魚屋の隣で商うお店です。 とともは魚魚茂の平仮名読みですね。

画像

先ずは生ビールとお刺身。 マグロ、カツオ、ヒメイカ、タコ、ヒラメ、ホタテ、甘エビでなんと850円!

画像

野菜も食べなきゃねってことでエビサラダ。 ボリュームたっぷりなのに600円!

画像

生ビール二杯の後は島田の地酒『若竹鬼ころし』(300mlなので1合6勺ぐらい)を頂く(^^♪

画像

日本酒の当てはこちらの『立ち魚の天ぷら』。 これ、絶品でした! 天つゆが供されましたが、そちらは使わずに塩をお願いしたら、ちゃんと櫛切りのレモンも一緒に出してくれました。 いやぁ〜美味かった(^^♪

画像

お腹も満足したので島田の夜を満喫しにカラオケスナックへ。(笑)
ここではバーボンのロックを三杯。 最初はカウンターお隣の二名さんと三人だけでしたが、あとから妙齢のおばさま団体が! どうもママさんバレーの御一行らしく、おそろいのユニで飲んで歌ってしてました。^^)

画像

なんとマスターも脱サラだとか! 6年前に会社を辞めて、こちらで奥様と二人三脚だそうです。 ギターの弾き語りをやるそうで、店にはステージに4台の生ギターがありました。
妙齢のおばさまたち(歌ってる曲からするにオイラより年上と思われる)がとにかくお元気で、「お兄さん、コッチきて一緒に歌う?」とか言われましたが丁寧にご辞退して、静かに飲むために次の店へと鞍替え。 帰り際、「え〜、もう帰っちゃうの〜?」と言う(昔の)黄色い声に後ろ髪をひかれたというのは嘘です。(爆)

画像

田舎にはそぐわない(失礼)感じのしっかりとオーセンティックなバー。 ジントニックとアレキサンダー、XYZで仕上げ。 お隣のお姉さん(尾根遺産ではない)は駅前でカフェをやってるとか。 やっぱり最後は静かなバーが良いやね(^^♪
三軒で飲んで食べて歌って約9杯。 しめてちょうど1万円ぐらいだったでしょうか。 田舎は良いなぁ。^^)

画像

明けて8日月曜日。 GWの代休でオイラは今日までお休み。 世間は平日月曜日。 なんか嬉しい。^^)
ココが今回の大本命、『ラーメン ル・デッサン』です。

画像

ラーメン屋さんとは思えないオシャレな外装のファサード前に車を停めて中に入るとエントランスはこんな感じで、一番奥に店に入る大きな木造りの扉があります。

画像

店内も清潔でオシャレ。 ヤカンには冷水が入ってて、オシャレな造りとアンバランスなそれが面白い組み合わせです。(午前10時の入店だったので朝と昼の中間タイム故、お客さんは私一人)

ちなみに島田、藤枝、焼津は『朝ラー』文化があり、早い店は朝5時からやってるとか! その代わり、夜営業している店は少ないとのことです。 コチラのお店も、7時〜14時が営業時間です。

画像

券売機一番左上のデフォと思しき『かもがら・とりがら出汁の醤油ラーメン』着丼です。 美しい!
先ずは少し濃い色のスープを頂くと、アタックに醤油の香ばしさ、その後にほんわかとしっかり広がる旨味、そして甘味を感じた後にスッと引く潔さ。 今までに味わったことのない醤油スープです。
麺をいただくと、これまた新次元の食感。 表面ツルツルなのにしっかりコシがあり、噛めばスパッと切れる味のある麺です。 なんと小麦4に対して1のセモリナを加えてるとのこと。 パスタみたいだなぁと思った理由が分かって納得。
トッピングはチャーシューと豆苗、その下には煮玉子。 チャーシューがむちゃくちゃ美味い! 周りはこんがり、中はジューシー。 噛めば噛むほど味わいが広がるそれです。 なんと、周りを炙った後に58度で6時間低温調理しているとのこと! 豆苗は口内リフレッシュのアクセントに役立ちます。 味玉もトロットロの半熟で味付けは控えめの卵そのものを味わうタイプで超好感。 薬味のネギは別添えなので、好みに応じて加えられます。 食器もお盆も全てオシャレに統一されてて、こだわりをしっかり感じられます。
これはもう別次元のラーメンです。 ほんの少し回し油(聞き忘れましたが、単なる油じゃなくオリーブオイルも少し香ったような)が多かったので減点ですが、過去最高の95点をつけちゃいます!^^)

画像

店主の増田さんと記念写真をパチリ(^^♪
昨年10月にこの地でオープンしたばかりのお店ですが、店主は一昨年まで東京市ヶ谷牛込柳町でフランス料理店を運営していたお方です。 それゆえ、ラーメンにはフランス料理で培った工夫がたくさん盛り込まれていて、他店とは一線を画す仕上がりになっているんですね。
かもがら・とりがら出汁スープの他に、岩手ホロホロとり出汁、はこだてホタテ出汁もあるんですがさすがに三杯は食べられません。 近ければ連日伺いたいお店ですが、次回の楽しみにとっておきましょう♪

画像

店主の増田さんに教えてもらった地元の和菓子屋さんで『かりんと饅頭』を土産に購入して帰路に。 帰りも下路ばっかりの国道1号バイパスからの246号。 山道を選ばなかった理由は店によって食材を冷凍庫から冷蔵庫へ移すためでした。 国道1号バイパスは気持ち良く走れ、信号も少なく良い道でした。 246号も途中まではまぁまぁでしたが、秦野、伊勢原辺りからは片側1車線の山道になるので、遅いトラックがいるとどうしようもないですね。 オマケに伊勢原の街中はずぅ〜っと断続的な渋滞で正直参りました。 次回からは足柄あたりから高速に乗るべきですな。^^;

画像

富士山ドライブと言っても富士山を走るわけではなく、常に富士山を眺めながらのドライブでした。
ラーメン一杯を食べるだけのために一泊二日で旅に出る。 うん、ありですね!(自分に言い聞かせての汗)

二日間の走行距離、576Km。 店から自宅までの首都高を除いて下路ばっかりの二日間。
楽しい楽しい、ラーメンドライブでした(^^♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントします。
監督さんの生き方に憧れています 。
陰ながら、ブログ見させていただいてます。
ふじやん
2017/05/09 20:00
わー静岡だー!僕の実家は清水から静岡に向かう150号線沿いにあります。海が間近で、なかなかいい道ですよね。三保の飛行場にもよく行きました。でも「朝ラー」って初めて聞きました。僕が住んでいた頃にはなかったと思います。静岡を離れてもう25年ですからね。
ヴィーノ
2017/05/09 23:02
>ふじやんさん
初コメありがとうございます。
私なんかに憧れたら人生崩しますよ。^^;
今後ともよろしくです!

>ヴィーノさん
お膝元で少し遊ばせていただきました。
朝ラー文化は、焼津、藤枝、島田が文化中心圏だそうです。
焼津漁師さんの仕事上りラーメンが、一般人的には朝ラーだったとか!? ^^)
監督
2017/05/10 12:31
芸術的なラーメンですね。
それにしても、それだけ飲んで、翌日なんでもないのが羨ましい…。
高速有鉛
2017/05/10 13:44
>高速有鉛さん
はい、芸術的でした(^^♪
え〜っと、軽く頭が痛かったです。^^;
監督
2017/05/10 13:46
いいなぁ、一人旅。
気持ちの良いワインディングで超低速は困りますよね。
ストレートでハザード出してくれると良いのですが。
AKI
2017/05/10 22:01
流れを乱す運転手、いるいるいる。
やたらと無意味にブレーキを踏む運転手にも、イライラさせ
られています。

富士山が見られる場所でもドライブいいですね。
三保の松原、何年か前に行きましたが、私の時はもっと曇ってて
ほんの少ししか見えませんでした。

それにしても、知らぬ土地でいいお店を見つけ、お店の方とも
仲良くなれる監督さんが羨ましい(^'^)
りーにん
2017/05/10 22:13
>AKIさん
ストレート下りはアクセル踏むのよね。でも上りはなぜかゆっくり。
ハザード出す気なんか欠片も感じられんかったです。^^;

>りーにんさん
おいおい、ブレーキシューが減りまくるぞ!って感じで踏みっぱの人いますね。理解できないっす。
三保松原は良かったっす(^^♪
どこでも誰とでも仲良くね!
監督
2017/05/11 15:31
監督さんってアクセルワークこだわりあるみたい。
そんな楽しみを奪う ゆっくり運転手、教育的指導。
それにしても充実した旅をされた様子。
ボクも富士山回り走るの、夢見てます。
いつか行きたいなァ。
おーちゃん
2017/05/12 07:59
>おーちゃんさん
40Km/h道路では40Km/h出していただきたいですよね。
安全運転を否定するつもりはありませんが、いわゆる『追いつかれた車のマナー』って高速だけじゃないはずで…。^^;
どこ走っても富士山の見える静岡県って、山もあって海もあってドライブに最適ですよん♪
監督
2017/05/12 11:26
山岳ドライブ
いい音してるなぁ

3件で9杯
いい金の落とし方してるなぁ

おいらもベタベタ絶対踏まないよ
排気ブレーキ駆使で
ぶぉぉぉぉぉん
らん太郎。
2017/05/13 00:14
>らん太郎。さん
控えめジェントルなアーキュレーマフラー装着(車検対応)です。
三軒9杯が、まぁ悪酔いしない限界ですね。
車の運転は年季とセンスですね(^^♪
監督
2017/05/13 13:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
GW富士山ドライブ&ラーメン ル・デッサン(静岡県島田市) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる