スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術の春、食欲の春 (爆)

<<   作成日時 : 2017/04/30 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2017年4月30日、世間はGW二日目、快晴〜(^^♪

でもその前に先週のお話しから〜。^^)

画像

先週23日(日)はアンテナ設置作業立ち合いのために出かけられませんでした。
建売の我が家は最初からケーブルだったんです。 東京タワー方面(アナログ時代)に高圧電線があるがための難視聴エリアであったため、TEPCOケーブルテレビが無償利用できたんです。 その後地上波放送がアナログからデジタルに変わるときTEPCOからJ-COMに会社が代わり、800円/月の有料視聴となりました。 アナデジ移行期にアンテナ工事をしても良かったのですが、工事待ちがけっこうかかり、且つ売り手市場(み〜んな一気に工事)のために工事屋さんが横柄だったこともあり、「月800円ならいっか!」って感じでそのままずっとケーブル契約を続けていました。
ところが実母が、「他所のうちはBSが観られるのに、なんでうちは観られないの!?」と最近しつこく言うし、「あ〜、死ぬ前に一度BS放送を観たかった」なんて言われてもナニなので、一念発起、いまさらながらのアンテナ工事となったわけです。^^; (J-COMのBS付き地デジ視聴契約は約4,000円/月と高い)
フライパン(BSアンテナ)がついたので『おぎやはぎの愛車遍歴』が観られるようになったのはそれなりに嬉しいのですが、チバテレが写らなくなったのでルパンも愛車でGOも週間バイクTVも観られなくなってしまいました。 800円でチバテレもテレ玉もTVKもTokyoMXも観られてたのになぁ・・・、まぁ婆ちゃんが喜んでるからしゃ〜ないか。
ところでTV視聴は芸術なのか? (◎_◎;)

日にち変わって26日(水)は本当の芸術鑑賞日でした。

画像

銀座の清月堂ギャラリーで行われた『大西甲二回顧録』です。
スペインを第二の母国のように愛し、スペインの風景や人々を描き続けた画家であった故大西甲二氏は、私のドラム師匠である大西英雄氏の父上様です。 正直、芸術眼は全く無いといっても良いほどの私ですが、 壮大な中に繊細さが散りばめられている氏の世界観には圧倒されました。

画像

ドラム師匠の英雄氏と、故甲二氏の代表作の前でパシャリ。
師匠にはヤマハ音楽教室のドラムスコースで昔お世話になったのですが、師匠、単なる音楽教室の先生ではありません。 ソロ活動含め自らのメインバンド『TEGON(休止中)→NITRON』の他に仙波清彦&カルガモーズ、未唯mie(ピンクレディのミー)、久米大作4DK、久住昌之&オーケストラQ等、有名どころと共演してるバリバリのミュージシャンなんです。 父上も祖父も画家だったようですが彼は音楽の道を選びました。 道は違えど、芸術センスは間違いなく引き継がれているんですね。^^)

日にち変わって今日30日(日)。世間ではGW二日目ですね。 天気が良いのでスポスタ発進です!

画像

8時半に我が家を出発。 4号を北上して50号で西へ。 佐野を過ぎたあたりで県道を北上して道の駅田沼で休憩。 アプリを立ち上げて早い昼飯の目的地を決定。 『佐野青竹手打ちラーメン押山』です。
到着は開店15分前の10時45分。 列の一番を確保できましたが、開店時には既に長蛇の列。 人気店なんですね(知らんかった)。

画像

頂いたのはコチラ、デフォの醤油らーめん(600円也=CPバッチグー)です。
まずスープをすすると「おいぴ〜♪」。 節系と動物系出汁のミックスバランスが秀逸で、且つ塩味もほどほどに押さえられ、野菜のほのかな甘みを感じます。 麺はしっかりした佐野青竹手打ちでコシがあります。 茹で加減も程よいのですが、手打ち感がしっかりしているので少し歯応えがあり硬めに感じます(もちろん美味しいそれですが)。 具材のバラチャーシューも控えめな味付けで肉本来の旨みを味わえますし、メンマも控えめな味付けでスープの邪魔をしません。 いやいや美味しいじゃないですか! RDBで75.9ポイント取ってますが、麺がもう少し佐野らしいチュルピロ系だったらRDBでも80ポイントオーバーは確実かもしれません。
ちなみにオイラの採点は限りなく90点に近いのだけど、佐野青竹手打ちなのにチュルピロじゃなかったから2点減点で88点! ごちそうさまでした〜(^^♪

画像

お腹がいっぱいになったので山に向かって走ります。
県道66号で多高山を越えて佐野市飛駒方面へ。 新緑が美しいですね♪

画像

クネクネ道をドコドコ走って梅田ダム手前にかかる橋を右折して県道337号に入ってすぐ、梅田湖の湖面近くまで下りてきました。
新緑と春の陽射しがすんごく気持ちいい(^^♪ 釣り人をぼんやり見ながら、しばし草の上に座り込んでぼぉ〜っとして幸せなひと時を過ごしました。

画像

県道66号を南下して桐生市内へ。 国道122号(50号と同走)に出て南東へ。 122号から407号を南下。 熊谷から17号を南東へ。 125号で左折して行田方面へ少し走れば『行田市郷土博物館』です。

画像

はい、忍城です。 お城の天守閣はモニュメントであり、基本は博物館の展望台だそうです。^^)
忍城と言えば石田三成が水攻めで落とそうとしたものの落城できなかった城として有名ですね。 大河ドラマ『真田丸』で石田三成を演じたのは山本耕史でしたね。 私、彼嫌いです。 だって、優等生然として堀北真希をさらっていった張本人ですもの。^^;

画像

おっと〜、行田に来たらコレ食わなあかんでしょの『フライ やきそば にしかた』です。
おいおい、何食食うのかって? As much as I can でんがな!^^;
ってか昼飯が午前11時だったんで、午後3時の軽いおやつぐらいは良いっしょ。(爆)

画像

頂いたのはコチラ、『フライトやきそばのセット(小)』です。 なんと、たったの400円也です!
フライの単品(中)<と言っても一番小さい>は300円でネギ、豚肉、卵入りで焼きそばの単品(中)も300円で豚肉入りなのですが、セット(小)のフライはネギのみで焼きそばもキャベツのみとなります。 でもね、オヤツだからこれで十分なんです(てか結構デカい!)。
フライがモチっとしててやさしい味で美味しいのよねぇ。 焼きそばも麺にコシがあってなかなかです。 でも、やきそばは以前に行った『深町フライ店』の方がしっかり甘めのタレで美味しいかも!? ってことは、にしかたのフライに深町の焼きそばを合わせたセットがあったら最強ってことですかね。 ^^)
ごちそうさまでした〜(^^♪

お腹満足の後は行田市内から17号に出て、県道38号・77号とつないで国道122号経由で自宅まで戻りました。
本日の走行距離、下路ばっかりの241Km。 8時間のスポスタソロツー、粉もん万歳の麺ダブルでしたっ!
(爆笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
なにげに焼きそばも好きですよね^^

まさかアンテナ作業まで
自分でやっちゃってるのかと思ったら
立ち合いだった…

チバテレ、録画します?
らん太郎。
2017/05/01 10:32
>らん太郎。さん
作業そのものは自分でも出来るそれなのですが、高所故に頼んじゃうことにしました。
昔は屋根上に6メートル高のルーフタワー載せて、20エレメント2列2段のアマチュア無線用アンテナを上げてたんですけど(友人と二人で作業)、今は安全第一です。^^;
監督
2017/05/01 10:47
えっ、ケーブルでもBSが観られないんすか!?
少しクリビツ。
てか、私んち未だにアンテナが立ってます。
先日、カラスがアンテナの棒を、1本折っていきやがった。
TVはちゃんと映ってますけどね。

絵画、私もよく分からないんです。
娘が美術をやっていたので、何度か観には行きましたが、
知ったか風で鑑賞していました(^_^;)

どれもこれも美味しそうな麺類ですね。
りーにん
2017/05/01 11:31
>りーにんさん
ケーブルっちゅうても難視聴エリア向けのサービス(だから800円/月と安い)でしたからBSは映らずの地デジのみでした。
私も絵は苦手ですが、描いている姿には憧れます。春先に田園地帯でキャンパス広げてみたいっす。^^;
粉もん万歳でしたよ(^^♪
監督
2017/05/01 12:16
監督さんはやはり顔が広いですね。タイの飛行機乗り、謎の酒豪美女、プロのドラマー・・・ 今のお仕事だと、さらに個性的な人との出会いがありそうですね。ところでこの「フライ」は「ゼリーフライ」とは違うんですか? ゼリーフライも行田だったような・・・
ヴィーノ
2017/05/01 20:48
本当に監督さんは人との付き合いを大切にされていますね。
勉強になります。
私は新緑の中、ボーッとして食いまくるのだけは得意なんですがね、
AKI
2017/05/02 00:58
>ヴィーノさん
そんなに顔広く無いですよ。
はい、いわゆるゼリーフライです。
美味しいですよ(^^♪

>AKIさん
実は寂しんぼうなので、誰かと繋がっていたくて…。(^_^;)
私も実は食いまくるの得意です。(笑)
監督 
2017/05/02 03:02
おじいさんお父さんが芸術家だと息子さんも芸術家に進みやすいけれど、同じ分野に進むのはためらうでしょう。
でもドラマー…絵 描いたはる時 16ビートの振動伝わって
「やかーしー」云われたはったりなんかして。
普通のアンテナ立てるため、屋根の上で作業しましたけれど、高所恐怖症の男…微調整も震えながらでした。
佳い画を見るためなら…でしたけれど、二度としない。
そんな意気地無しのわたし。
おーちゃん
2017/05/02 06:53
>おーちゃんさん
ソロドラムスは創作活動みたいなもんです。
なにせ他に奏者がいませんので。
やっぱり芸術家なんだと思います。
高所作業、昔は全然怖くなかったんですが、歳と共にねぇ…。^^;
監督
2017/05/02 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸術の春、食欲の春 (爆) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる