スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS ルパン三世考

<<   作成日時 : 2017/04/09 15:40   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

チバテレでルパン三世第2シリーズが始まりましたが…。

チバテレ開局45周年記念として昨年10月から本年3月までルパン三世第1シリーズが放送されてまして、オイラ的には狂喜乱舞でしっかり録画してコマーシャルを削除、全23話をBDにダビングしてルパン三世第1シリーズコレクションが完成したわけです。
第1シリーズ初放送時のオイラは小学校6年生。 毎回、超ドキドキしながらTVに釘付けでした。 初恋の彼女は、もちろん不二子ちゃんです。^^)

さて、番組改変の春休み期間を経て昨日7日から同じくチバテレで第2シリーズ全155話が始まったわけですが、録画を観てちょっとガッカリ。 やっぱりルパンは第1シリーズだなと改めて思いました。 今回はBDへ焼かずに観たら消す、ですかね。^^;

世間的には、この第2シリーズが最も有名でルパン三世シリーズを後々まで世間に知らしめたものとされているのですが、第1シリーズを食い入って観てたオイラにはどうしてもすんなり受け入れられないんです。
なんかね、絵が違うんですよ。 声もね・・・。

以下は1シリーズと2シリーズの絵の違いです。(細けぇ〜なってか!?)
画像

第1シリーズの面々。 ルパンの上着は青緑色。 黒のレギュラーカラーのシャツ。 黄色のニットタイをタイバーで止めている。 スラックスは紺色。 白のハイソックスに茶色のチャッカブーツ。

画像

こちらは第2シリーズ。 ルパンのジャケットは赤に。 シャツもブルーに替わり、スラックスもグレーに変更されています。 ってか顔がさぁ、やんちゃでニヒルだった第1シリーズから、細面を強調し過ぎた猿顔に磨きがかかった感じになっちゃってません!?

画像

第1シリーズのルパンと不二子ちゃん。 かわいらしさの中に色気が漂う不二子ちゃんがたまりませんなぁ。

画像

比してこちらは第2シリーズの不二子ちゃん。 なんか漫画チックってか、すこしおばさん入ってきた!? このシリーズから声優が二階堂由紀子さんから増山江威子さんへと変更されたのも大きいです。 だって、増山江威子さんってバカボンのママ役の人ですよ! 有り得ないっしょ。
ちなみに五ェ門の表記も五右ェ門(右が入った)に変更され、それに伴い声優も大塚周夫さんから井上真樹夫さんに変更されました。 チャールズ・ブロンソン(吹き替え役だった)から巨人の星の花形満に替わっちゃったわけで、不二子ちゃんに同じく、イメージは大きく変わってしまいました。

ルパンの愛車もメルセデス・ベンツSSK(設定ではフェラーリV型12気筒へ換装)からアルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテへと変更。 アイキャッチでルパンが乗った瞬間にタイヤが取れてズッコケるというシーンが有名だけど、やっぱりオイラ的には黄色と黒のSSKがルパン最大の愛車だと思ってます。

主題歌や音楽が変更されているのも大きいですね。 大野雄二とユー&エクスプロージョン・バンドも決して悪くは無いのですが、オイラ的にはやはりチャーリー・コーセイの印象が強いんです。
制作局が読売テレビから日本テレビになっていることも大きいですね。 音楽と声優を換えるのは局側の意向だったそうですし、ルパンのジャケット色までもスポンサーがらみで変えざるを得なかったとか。 第2シリーズは元祖天才バカボンの後番組として放映されたので制作陣も引き継いだ東京ムービーのスタッフだったらしく、大人向けのハードボイルドタッチな演出が多かった第1シリーズに比べて、全面的に子供受けを狙ったギャグタッチに演出も絵柄も声質も変更してしまったんですね。 コアなファンのおじさん(その当時は単なる拘り少年でしたが)には残念しきりな変更でありました。

画像

ちなみにこちらは昨年30年ぶりに放映された第4シリーズ(イタリア編=日本に先行してイタリアで放映)での不二子ちゃん。(第4シリーズだったはず)(◎_◎;)
何気に第1シリーズを彷彿とさせる仕上がりになっていて嬉しいです。

PS(午後8時過ぎ追記); ↑ もしかしたら第1シリーズかも? ( ̄▽ ̄;)

PSのPS(午後9時33分追記); これ、記憶の限りでは「俺たち遠回りしちゃったか」って言うルパンの左手を不二子が運転しながら後ろ手に握って「そうね」みたいにルパンの愛を受け入れるようなシーンだったと思うんですけど、それって第4シリーズじゃなかったような気がしてきました。 でも、確認するためには膨大な録画を観なおさなければならず…。
う〜〜〜ん、でもムッチャカワイイ(^^♪

PSのPSのPS(午後11時20分追記); 気になっちゃって気になっちゃって第1シリーズのココ!と思えるエンディング近くを23話一気に観てみたのですが、そのシーンはありませんでした。 んで、やっぱり第4シリーズかも♪って思いながら第1シリーズで一番好きな一話をじっくり最初から見たら出くわしちゃいました。^^;
第9話の『殺し屋はブルースを歌う』なんですが、コレ、第1シリーズで一番好きな作品なんです。 人の記憶っちゃ〜いい加減なもんで(汗)、あのシーンの実際のセリフは「こうやってると、ずっと昔から恋人同士だった気がするぜ。いままで何度も裏切られたのが、嘘のような気がする(ルパン)」、それに対して「あたしもよルパン。なんだか本当にあなたが好きになったみたい(不二子)」ってセリフ回しでした。 実はこれがエンディングへの引水になるんですけどね。
この第9話は絶対に観る価値有りです。 次元や五右エ門の立ち位置や、ルパンと不二子の関係を確立させた一話であります。
『第4シリーズでの不二子ちゃん』と書いてしまったのは一生の不覚(そんな大げさかっ!)ではありますが、それを思わせるぐらい最後の最後におけるシーンでも良いなと記憶に残っている一作であったからだと大目に見てください。
第9話、ぜったいに観てちょ!^^)


PSのPSのPSのPS(もういい加減にしろってか!?); 後の後の後の後、実社会で不二子のイメージにすごく近い女性と知り合いになる機会があったのですが、残念ながら当時オイラは既に結婚してました。 心にとどめるだけで告白しなかったのはナイショです。(爆)




番外編はコチラ、原作の不二子ちゃん。
画像

いかにルパン三世がアダルト向け漫画だったかが良くわかるタッチですね。

雨の日曜日。
どこも行けないので、こんなこと書いてみました。^^)


PS; 好きな方には申し訳ありませんが、オイラ的に宮崎駿タッチのシリーズは全く認めてません。
(ってか、第2シリーズからその傾向が少しずつ入ってきてるんですがね)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですね〜。僕は赤いジャケットの時代から入っているので、そのイメージがありますね。クルマはチンクエチェントかな。やっぱり「カリオストロの城」の影響が強いんですね。少しの世代の差で違うものですね。
ヴィーノ
2017/04/09 20:24
ルパン三世、ほとんど見ていなかったので、
よく分からないんです。
でも、不二子ちゃ〜ん、美貌だけは興味ありあり(^_^;)
監督さんの拘りは、何事も徹底的で気持ちがいいです。
りーにん
2017/04/09 22:44
ルパン三世、ボクも1stが好きです。
こっちでもしたはったらボクもBDに全部録ってコレクションしてたやろに…いとうらやまし。
2ndの不二子ちゃんは1stと違いどこかパープーぼいです。
そこはボクも気に入らない、1stのお互い利用し合ってるのが佳いんですけど 2ndはひたすらお色気だけッて感じで。
1stのはじめの数作で路線変更を要求され、実質演出は高畑勲氏と宮崎氏が行ったと聞いてます。
車等々はキャラクターデザイン・作画監督の大塚康生氏が車マニアだったらしく、それだけに監督さんが夢中になられるようなラインナップになったんちゃいますやろか。
宮崎駿氏のルパンを認めていないとのことですが、宮崎氏自体2ndは認めてなかったはずです。
距離を置いてたみたいですけど、2ndで二作だけ演出してます。
・死の翼アルバトロス
・さらば愛しのルパンよ(最終話)
確かにこの二作だけ1stと同じエッセンスを感じます。
不二子ちゃんもこの作品だけ毅然としてると云いましょうか。
まァ2ndの雰囲気から離れ過ぎても…ッと云う空気もありますが、佳かったらこの二作だけでも再評価お願いします。
それでもアカンかったらアカンのでしょうけれど。
おーちゃん
2017/04/10 07:39
>ヴィーノさん
貴殿も第2シリーズからですか。
う〜ん、オリジナルの第1シリーズを観てた人は完璧なおっさんっちゅうことですな。
(^_^;)

>りーにんさん
不二子ちゃんの美貌を褒めていただくだけでも嬉しいっす(^^♪

>おーちゃんさん
まっ、造詣深っ!(*_*)
気になったのでウィッキーさんしてみましたら、演出は1-6、9、12話が大隅氏であり、4-8、12話が高畑氏・宮崎氏コンビによる部分直し、そして13話以降は高畑氏・宮崎氏コンビによるキャラクターの全面性格変更なんですね。知らんかった。^^;
第2シリーズの2作は必ず観ます。ってかウィッキーさんによると北原氏が修正を放棄した143話以降のキャラクターの変化(特にルパンの顔)をチェックするのが楽しみです。
宮崎駿氏のルパンを認めないと記したのは、オイラが宮崎駿氏の画風(少し子供っぽい)が好きでないだけであり、氏の世界観(演出力)を否定しているわけではないことを添えさせていただきます。
なんつったって日本を代表する巨匠ですからね。^^)
監督
2017/04/10 12:27
最後のPSは どのあたりのPSなのでしょうか?
5回目のPS?
かきろん
2017/04/10 19:19
お久し振りです。
私の好きなアニメネタですのでコメント致します。
私もおーちゃんさんの意見にほぼ近いです。
第2シリーズ世代ですが、最後の2話に衝撃を受け、何回も見ました。
その後、宮崎アニメにもハマっていった世代です。
でも再放送で見た第1シリーズも大好きです。
モンキーパンチさんの原作漫画も好きです。
アニメシリーズは今だに続いてます。
偉大なアニメですね。
トム
2017/04/10 19:43
深い!深すぎる!しかし、激しく同意。
俺のワルサーP38、どこにいったんでしょうね?
すみません、酔っ払いです。
ご馳走様でした。
AKI
2017/04/10 23:03
>かきろんさん
あっちゃ〜、そうでした。一番下にもありましたね。
でも、一番下のが最初のPSで、4番目が書き直しの最後です。
分かりにくくてすみません。

>トムさん
おひさでやんす。
リアルタイムで観ていた時は第2シリーズにもどっぷり嵌っていたのですが、今観返してみるとオイラ的には第1シリーズなんだな、と思った次第です。
でも、ルパンシリーズはみんな好きです。あくまで比較の話ですので。^^;
はい、偉大なアニメです(^^♪

>AKIさん
母さん、僕のあのワルサー、どこに行ったんでしょうね。
ママ〜、ドゥーユーリメンバー♪ これは違うか!^^;
ありがとうございました。
監督
2017/04/11 14:05
わるさ―ぴーさんじゅはっち〜♪

欲しくて御徒町のMGC行ったっけ^^
らん太郎。
2017/04/12 08:22
これぞ峰不二子!というブルゴーニュワインを飲んだことあります。(峰不二子をテイスティングしたことはないですが…) 芳醇で蠱惑的で、悪い女とわかっていてもその魅力に溺れさせられてしまう、そんな感じ。
アヒル
2017/04/12 12:22
>らん太郎。さん
不二子のワルサーPPKもシンプルでよろしいです。
男の子はみ〜んなP38でしたね。^^)

>アヒルさん
あ〜〜〜、ダメな人間になっちゃいたい〜〜〜って感じですね。^^)
監督
2017/04/12 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルパン三世考 スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる