スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS らーめん六天閣(さいたま市中央区)

<<   作成日時 : 2017/02/12 16:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

ちと風邪っぽいので今日はスポもZ3もパスしてフィット君でお出かけ。^^)

画像

今日は少し専門性の高い本(ワイン関係)を買うために、さいたま市中央区にある県内最大規模の書籍複合店『BookDepot書楽』に行ってきました。

画像

この本屋さん、なにせ広い! 蔵書数約80万冊を誇るだけあって、たいていの本は見つけることが出来ます。
(がらっがらに見えるけど、誰も写りこまないタイミングを選んで撮ったので、実際は結構なお客さんがいます)

画像

悩んだ末に購入したのはコチラ、『基礎から学ぶ田辺由美のワインブック』です。
えっ、また試験受けるの?って声が聞こえそうですが、そうではありません。 実は土曜の午後、店でワイン講座(座学とティスティング)を開こうかと思いまして、最新情報がわかりやすく載っていると思われるコチラを参考にしようと思ったわけです。 講座テキストはパワポで自前のそれを作るつもりですが、これが一冊あるとたいへん参考になりますし、自分の復習にも良いかなと思った次第です。 しかし、税込4,104円は高いなぁ。^^;

時計の針は午後1時を少し回っていたので、帰宅する前に食事をとることに。 ラーメンマップアプリを立ち上げると、本屋さん至近にラーメン屋さんを発見。 RDBのポイントは今一つですが、本屋さんの駐車場にフィット君を停めたままでサクッと行ける便利さに流されるように行ってしまいました。^^;

画像

うかがったのはコチラ、『名代らーめん六天閣』です。 ラーメン屋さんには似つかわしくないと思われる青紫メインの外観に、わざと中を見えにくくしている帯掛けも相まって、かなり不安な感じでした。
店内は今一つ清潔感に欠ける薄暗さと、一昔前のラーメン屋さん的テーブルとイス。 カウンター上には手書きのメニューがたくさん紙に書かれて貼り出され、且つ、それらは厨房内の店主が見えにくいようにセットされ、店主と顔を合わすことはありません。 不安感はますます募りましたが、店一押しと思われるデフォの『六味(ろくあじ)らーめん(魚介醤油味)650円也』をお願いしました。

画像

カウンターから店主の顔は見えませんが、作業はしっかり見えました。 出汁は別寸胴から小分けして行平鍋で火にかけ、丼には醤油ダレを入れた後に小さじ大盛一杯程の魚粉をたっぷり入れ、その状態の丼を麺を茹で上げる寸胴に入れて温めてました。 丼を温める作業そのものは評価しますが、麺を茹で上げる寸胴に入れちゃうって如何なものでしょう。
味そのものは決して悪く無いのですが、スープの魚介は控えめで魚粉ばかりが主張している感じ。 トッピングも特筆すべきは何もなく、可もなく不可もなくの限りなく不可に近い方のそれ。 もうレポするのが面倒くさくなってきました・・・。
総合評価は50点。 はい、不合格です。 まずくは無いのですが美味しいとも言えず、更に店の造り(意図的に厨房を隠すように低く吊るされた手書きのメニュー紙)、基本の接客(店主が極力客と顔を合わさない)を加味すれば合格には程遠いと言わざるを得ません。
退店時に出口で料金を支払うのですが、店主は言葉遣いこそちゃんとしているものの、やはり顔は会わせずにレジだけを見るようにして「ありがとうございました〜」と言うのです。 不思議な店です。 不思議な店主です。

もう二度と行きません。


画像

ワイン講座の準備を進めたいのですが、その前に青色申告をやっつけなきゃなりません。
忙しい週末が続きそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
わが家の本棚を見てみたら「基礎から学ぶ田辺由美のワインブック98年版」がありました。定価3,500円(税抜き)とあるので、2017年版よりちょっと安いですね。今もあの頃と同じようにワインを飲んでいますが、ぜんぜん勉強してないなぁ。と、反省だけはしています。
ヴィーノ
2017/02/12 16:39
>ヴィーノさん
2017年版は税抜き3,800円ですので、19年で300円値上がりしたっちゅうことですね。
田辺由美さんの本って、どれもけっこう高いんですよ。^^;
こんな機会でもないと抜栓後のスパークリングワインみたいに泡(知識)が抜けてくばっかりですので、これを機に再勉強しますです、ハイ。^^;
監督
2017/02/12 16:47
2年程前は生徒の監督さんでしたが、今度は先生の監督さん。
生徒の立場も知っているから、教え上手になるんでしょうね。
監督さんの弟子にあたるのカナ?

繁盛する飲食店は、お客様の喜ぶ顔を励みにやっているって
聞いた事あります。
それを思うと、最悪のお店だったみたいですね。
監督さんの拡大文字でも分かります(^'^)
りーにん
2017/02/12 18:11
客商売のなんたるかを
ちっとも分かってないみたいですね

きっと漢字テストで“せっきゃく”って書けないよ、この店主。


講師って、すごい!
らん太郎。
2017/02/12 22:22
今どき、車屋のPITだって作業が見えるのに、、、
フォントサイズ、あの温厚な監督さんをここまで怒らせるとは。

イヌだってアイコンタクトするがな!
AKI
2017/02/12 22:49
その時高いと思った本も 後々宝になるのでしょう。
ボクもスペクター本 "甦る伝説”今も宝物です。
その店主、どんな環境で育ったのかに興味湧いてきたりなんかして。
おーちゃん
2017/02/13 07:54
>りーにんさん
新米講師、今からドキドキもんです。^^;
味だけを採点すれば、ギリギリ61点で合格だったと思います。
しかし、全てを含めて、その店の採点ですからねぇ。

>らん太郎。さん
ですよねぇ〜。
講師って、準備が大変なんっすね。あ〜実感中。^^;

>AKIさん
店主はイヌ以下ですね。
ってか、人と顔合わせたくないなら、客商売するべきじゃないっすよね。

>おーちゃんさん
今の宝は、一昨年の受験時に数冊の本とワインスクールのテキストをベースに作ったお手製ワインノートです。^^)
ホント、不思議な店主です。
監督
2017/02/13 10:53
見た目が不味そうですね…。今回は。
僕も風邪ひいて酷い目にあってました…。
お大事に…。
高速有鉛
2017/02/14 09:23
>高速有鉛さん
確かに美味しそうじゃないですよねぇ。
久々の失敗でしたわ。(^^;
監督
2017/02/15 07:47
「もう二度と行きません。」

大文字がいいね^^
美味しいものを頂いたら高くてもとても満足するけど、不味いものはお金払いたくなくなります。
mu.choro狸
2017/02/15 14:39
>mu.choro狸さん
不味くて食うに値しないわけではないのですが、美味しいとは思えませんでした。
なによりも、商売に対する姿勢が×です。
監督
2017/02/16 15:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
らーめん六天閣(さいたま市中央区) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる