スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)

アクセスカウンタ

zoom RSS たけめん(横須賀市)〜中国茶房 悠香房(鎌倉市)

<<   作成日時 : 2016/09/25 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

久しぶりの雨無し週末。 こりゃ〜出かけなアカンでしょ♪

画像

先ずは目的地を友人が経営する『中国茶房 悠香房』に設定して、首都高〜横浜横須賀道路経由で鎌倉を目指しました。 待望の雨無し週末とあって、鶴岡八幡宮はすごい人出でした。

画像

先ずは昼飯を食おうと、参道を由比ガ浜方面に走り、海に出てからは国道134号線を西へ。 稲村ケ崎から七里ヶ浜、江の島方面へスポを走らすも、あまりの混雑に閉口してUターン。 少しは空いているかもしれない逗子方面に向かいました。 ここは途中の逗子海岸ロードオアシス(海際の有料道の駅)にあるJIVA食堂の二階展望台からの景色。 逗子海水浴場を一望しながら海鮮主体の食事がとれるところですが、やっぱりライフワークを推し進めるために休憩がてらラーメン屋さんを探すことにしてJIVA食堂はパスしました。^^;

画像

熟考の後に決めた目的地はココ、『塩麺屋 錦太郎』。 鎌倉からは随分遠い横須賀市ですが、時間はたっぷりあったので横須賀の軍港を眺めるついでに向かいました。 しか〜し、まさかの休業日閉店! ラーメンデータベースでは[日・祝] 11:00〜18:00とあったのですが、最近日曜日は休業日に変更されたようです。 RDBでの点数が良かったので、むちゃ残念でした。
しかたなく次の候補地であった近場の『煮干専門 中華そば 平八』に向かったのですが、午後2時過ぎであったため「スープが無くなったので閉店します」の張り紙。 めげずに第三候補である『らーめん和らく』に向かうもRDBの地図情報が間違っているのか、そんな店はどこにも見当たらず(帰宅後食べログで調べたらRDB地図は間違っていたことが判明)。
もう、ほぼ投げやりで地図で一番近くにあった『たけめん』に決めました。

画像

表通りからはかなり奥まった、正直とても分かりずらいところにあります。 RDBの得点も50点台と褒められたものではありませんが、なにせ2時半を回っていたこともあり、なんでもいいや的に入った店ではありましたが大正解でした。

画像

デフォは醤油味の牛テールスープラーメン(650円)ですが、私は迷わず塩の牛テールスープラーメン(750円)を選択。 通常塩ラーメンでは細麺を選ぶのですが、店主に聞いたところ太麺の方がしっかり味わえるとのことだったので推薦通りに太麺を選びました。
まずスープですが、牛テールの旨みがこれでもか!と迫ってきます。 臭みは全く無く、また油っぽさも無く、牛の旨みがふんだんに溶け込んでます。 丁寧に出汁を取られているようで、甘味すら感じる牛テールスープに塩は戸田のそれ(沼津のブランド海水塩)を使っているこだわりようです。 すごくこってりに見えますが、さにあらず。 旨みたっぷり、コラーゲンたっぷり、ま〜るい塩、と素晴らしい味わいです。
トッピングは低温熟成のチャーシュー2枚に大判の海苔2枚、かいわれ大根。 チャーシューはスープを邪魔しないように最低限の味付けで素材を生かすタイプ。 別皿で薬味ネギとフライドガーリックが供されるので好きなだけ入れることもできます。
いやね、美味しいですよ、本当に。 これは既にラーメンではなく洋食の領域です。 牛骨の旨みがここまで出ているラーメンは他で味わったことがありません。 RDBの点数が低いのは、まだレビューが少ない(3件のみ)からかもしれません。 大ブレークする予感バリバリの一店でした。

画像

お腹も膨れたので鎌倉へとんぼ返り。 中学時代の同級生が営む『中国茶房 悠香房』です。

画像

鎌倉駅周辺の喧騒から外れた、海蔵寺にほど近い鎌倉の奥座敷・扇ガ谷に所在する樹々に囲まれた一軒家中国茶館です。

画像

店内は一階に四人席のテーブルが4つ、二人席のテーブルが1つ、二階に10人まで利用可能な個室が1つ、デッキには小さな二人席が1つです。 中国茶の奥深い香りを楽しむために店内は全面禁煙ですが、ここテラス席だけはポケット灰皿を持参すれば喫煙可能です(店による灰皿の用意はありません)。

画像

茶盤と茶器を使った工夫茶を、寛ぎの空間でいただきます。 中国に駐在経験のあるオーナー夫妻で経営する家庭的な茶館で、本格的な中国大陸茶はおよそ40種類。 ランチプレートもあり、点心やスィーツ類も充実しています。 オーナー自ら中国から揃えた茶葉、茶器、雑貨類も販売しています。
でも、一番大事なのは、日本のような茶道にとらわれず、好きに気楽に中国茶をゆったりと楽しむこと、と同級生であるオーナーはお客様に語ります。 同じアジア人。 日本と中国友好の手助けに少しでもなればと、この中国茶館を営んでいます。

実は彼、私と同じく脱サラ組です。 国内有名企業であるP社の要職を辞して、上海赴任時の経験とコネクションを活かして横浜中華街で起業。 その後、当地鎌倉に移転。 夫婦二人で頑張っています。
鎌倉の喧騒に疲れたら、ココでのんびりと悠久の大陸に思いをはせながら時を過ごすのも『大人の休日』的で良いですね。

お客様が引けたあと二人で最近の状況についてガッツリ話していたら陽が落ちてきたので焦っての帰宅。
横横〜首都高でピュ〜ン(バルルルル〜かな!?)と帰ってきました。
本日の走行距離266Km。 旧友と友好を深めた休日でした(^^♪


- - - - - - - - - - 9月27日追記 - - - - - - - - - -

昨26日晩に店主より連絡があり、『中国茶房 悠香房』は10月2日をもって閉店することになったとのことです。
たいへん残念ですが、ご興味のある方は今週いっぱい日曜日までですので是非お運びいただければと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
早く目的地に行って美味しい中華料理食べればと思ったら、お茶屋さんなのね…。
入り口の雰囲気が良い感じですね。
脱サラって言葉には心底憧れちゃいます…。
高速有鉛
2016/09/26 13:59
海蔵寺近くというのは、喧騒ぎらいの僕には良い場所ですねぇ。北鎌倉に行く機会があったら寄ってみます。昨日は久しぶりのお出かけ日和でしたね。バイクには最高の天候だったのではないでしょうか。
ヴィーノ
2016/09/26 21:24
さすが仮麺ライダーさん(こんな字でしたっけ(^_^;))
良いお店に辿り着けますね。
ほぉ〜、麺の太さまで選べるんですね。

横浜中華街にオープンした、中国茶房のお店の記事覚えてますよ。
今は鎌倉なんですね。
来春から、あんにん(子供)が鎌倉の方で働く予定なので、
様子見がてら、お邪魔してみようカナ(^'^)
りーにん
2016/09/26 21:51
勝手につけられた点数って云うのは なかなか上げることが出来ないので、食べ物屋さんは大変です。
監督さんが見てられるデータベースで点数低いのでも、出物がたくさんあったりなんかして。
大人の休日にはほど遠い生活をするおっさんでした。
おーちゃん
2016/09/27 07:01
>高速有鉛さん
何故に心底憧れ?
あれっ、高速有鉛さんは最初から今の事業でしたっけ?
んじゃ〜一度『脱個人事業主』でサラリーマンやってみる?^^;

>ヴィーノさん
追記に書きましたが、今週いっぱいにて閉店するとのことです。
もしお時間あれば是非!

>りーにんさん
華面ライダー麺王でんがな。(◎_◎;)
中国茶房 悠香房は今週いっぱいで閉店することになっちゃいましたので、もし機会があれば今週中に是非!

>おーちゃんさん
はい、たいへんです。(他人事ではない)
でもね、点数に関係なく来てくれる人もいるので、特に地場のお客さんには助かりますです。
大人の休日には私もほど遠いのですが、せっかくたまに気取ってみたのに閉店だそうです。
彼も苦労してたんだなぁとしみじみ…。
監督
2016/09/27 13:59
ラーメン難民、お疲れさまでした。執念で美味しいラーメンにたどり着けて良かったです。変わり種ラーメンも真面目に作っているやつはアタリが有りますね❗
ご友人のお店、素晴らしいのに残念です。
AKI
2016/09/28 08:14
>AKIさん
おっしゃる通りで、変わり種でも真面目に作ってるヤツは当たりがあります。いや、ありました!^^)
閉店するということはそれなりに理由があるわけで、同じく飲食店を経営する自分としても身の引き締まる思いです。
残念ですが、ヤツは気概のある男なので何をやっても大丈夫と思ってます。^^)
監督
2016/09/28 14:49
早朝野球シーズンも終わったし
狸さんもヒマそうだし

順番的にそろそろ千葉・船橋か?
らん太郎。
2016/09/30 07:06
>らん太郎。さん
おっ、千葉でっか?
う〜ん、スポだと飲めないしなぁ。^^;
監督
2016/09/30 15:10
もう長いこと「雲一つナイ青空、まさに快晴」って見たことあれへん気がします。基本的に雨ばーっかやし、それでなければ曇天もしくはかすかに晴天かくらいの、、、そんな中、貴重なお出掛けされましたね。
(*≧∀≦*)b
脱サラ、、、「夢を追う」って素敵な言葉なれど、実は簡単ではなく、、、軌道に乗せるまでにはご本人にとってもその家族にとっても「大変な棘の道のり」であることは、、、仕事が人生の全てで、ひたすら苦労してきた父親の背中見ながら脛かじりっぱなしの親不孝娘ではありましたが、、、実際自営業されてる方の、そのご苦労のほんの少しは理解できるつもりです。

ホンマ成功してね、監督♪
うき
2016/10/01 20:00
>うきさん
ありがとうございます。
成功には程遠いと思いますが、なんとか赤字は出さずに頑張ってます。
失敗閉業だけは何としても避けるつもりで日々努力します。
監督
2016/10/03 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
たけめん(横須賀市)〜中国茶房 悠香房(鎌倉市) スポーティに!(ワイン, Z3, XL1200L)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる